ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ) 2018年7月~2019年1月、オーストラリア8000キロの旅。 2019年6月~、北中南米の旅開始。

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月~2019年1月、オーストラリア6ヶ月8000キロの旅。
2019年6月~、北中南米の旅開始。

オーストラリア

やっぱビールうまし!

2018年8月4日(土)  japoonvale ~ wongaling beach ジャプーンベイル~ウォンガリングビーチ (ケアンズの南約100キロ)

P8043216


P8043217


朝方パラパラと雨が降ったがすぐに止んだ。ラリアに来てから毎日晴れで、きっと冬に雨は降らないと思いこんでたからややビビった。

P8043218


昨日の残りのソーセージを1本焼いて朝ご飯。考えたら昨日の昼も夜も今朝も同じメニューやけど予算の関係でこのパターンは続きそう。ラリアは物価高めな上、スーパーの肉売り場で並んでるパックはファミリー用がほとんどなのだ。唯一手が出るのはソーセージくらいな感じ。デカイヤツが4~5本入ったのが安くて5ドル(×86円=430円)くらい。一度に食わずに3回に分ける。つまり同じメニューが続くわけで。

P8043220


P8043221


収穫したサトウキビを運ぶための軽便鉄道が縦横無尽に敷かれている。何十回道路を横切るかわからんくらいである。たいがい踏切はない。

P8043223


鳥に注意?

P8043224


一旦国道出て4キ進み、今度は左折して mission beach ミッションビーチ方面に進む。ここもデイビッドのオススメなのだ。左折して17キロくらいなのだがこれがナカナカのアップダウンで暑いしもうヤメヨウカ?と思うくらい。

P8043225


P8043227


P8043229


その甲斐あってビューティフルな海と浜やん。

P8043230


P8043231


ツナ缶で簡単サンドイッチ。

P8043232


そしてせっかくなのでカフェでビール。よく知ってるVBを選択。6ドル。カフェに来たのは無料WiFiを使うため。海外は日本より無料WiFiが発達してるって聞いてたけど昨日まで居た山の中ではナッシング。こりゃどこかでSIMカード買わんとラリア中央部に進んだとき困るなあ。

まあキレイだけどビーチはビーチやん。すぐに最寄りのスーパー woolworht で買い物。ここで格安SIMを買うかどうか悩んだがもう少し悩むこととした。

P8043233


P8043234


ボトルショップで6本セットを買う。またしても、一番安いビールはどれ?と聞いて14ドルでゲット。やっぱ冷たいのはウミャイ!

mission beach の隣の wongaling beach まで来たら海のそばのレストエリア発見。今夜のねぐら候補にしつつ、ビール飲んで肉を焼く。無料BBQ台が活躍じゃ。

P8043235


洗濯もしてあとは暗くなるのを待ってテントを張るだけ。隣のテーブルに来たカップルはオランダから新婚旅行で回ってると言うけど2人とも70越えてる感じやで。ヨッシーもまだまだ大丈夫やな。

走行 50キロ

以上

サマラ!!

2018年8月5日(日)  wongaling beach ~ bilyana ウォンガリングビーチ~ビリヤナ ケアンズの南150キロ)

P8053236


P8053237


デイビッドが言うところのステルスキャンプ。人の家の裏側で壁よりにテントを張って身を忍ばせるのだ。

P8053238


P8053239


またしてもソーセージ焼いたり。コンセントが常備されてて充電し放題。なんて素敵なラリアの施設。

P8053243


P8053244


ちょっとやらかしたかもしれん。サドルの部品が壊れた。このサドルは使いやすかったから流星号から取り外して地球号に移植した物品なのだが、さすがに15年選手で寿命なのか。拾った木片をあてがってテープで留めたらなんとかいけそう。

そんなことしてたら浜から歩いてきた若いお姉ちゃんが、自転車旅してるの?お母さんの家でシャワー浴びてコーヒーでも飲んでいかない?と素晴らしいお誘い。載らない手はない。

P8053247


シャワーの後、サマラが近所のドライブに連れて行ってくれた。

P8053248


P8053249


P8053250


昨日一人でランチした公園がフリーマーケットに変身してるし。

P8053251


P8053252


P8053253


P8053255


面白い手作りの品があって楽しい。サマラと一緒だしさらに楽しい。

P8053259


蚊取り線香立て。

P8053262


ポーズしろと言うのでサマラに撮ってもらった。

P8053264


P8053268


P8053269


ビーチとかでもボーズさせられる。

P8053271


P8053273


P8053276


サマラの車はトヨタだけどこれはなんて言う車種なのか?

P8053277


チョコくれた。コアラやし。

P8053278


台風でやられたカタマランヨットが放置されてる。もったいないなあ~。

P8053279


昼前までいろいろ楽しませてくれたサマラと母のジャネット。ほんとにありがとう。

P8053280


P8053281


P8053282


国道に向かって戻り始める。サマラがバナナくれたし。ありがたい。

P8053283


国道に戻ってすぐに tully river  タリー川を渡る。我らラフティングガイド仲間では、ケアンズとタリーの名前は絶対知ってるくらい有名なラフティングの盛んな川なのだ。

P8053284


P8053285


今日の目的地まであと5キロ。向かい風は大したこと無いけどなかなかに足が重い。

P8053286


bilyana のレストエリアに17時半到着。暗くなる前でよかった。

P8053287


東屋を占領してぬるいビール(昨日の残り)で乾杯。シーズンなのだそうでキャンパーでいっぱいやわ。

P8053288


強火と消火の二択しかないと聞いてたMSRのウィスパーライトやけど工夫したら中火の弱火くらいにはできる。これで焼いたらええ具合にソーセージが仕上がった。やるなあオレ。

走行 51キロ

以上



ヘイ!ブラザー!!

2018年8月6日(月) Bilyana ~ Cardwell ビルヤナ~カードウェル (ケアンズから180キロ南)

P8063289


P8063290


ラリアで初の蚊帳キャンプ。昨日も実はこうやりたかったが、屋根の下を利用出来なかったので。季節は冬のはずなんだけどなんだか蒸し暑い夜もある。

P8063291


昨日の残りのソーセージとかで朝ご飯。毎回同じもん食ってるし。今後はどげんとせんとイカン。

P8063294


道路工事が多い。年度末なんやろうか?ラリアにも年度末ってあるんか?基本郊外は100キロ制限なので、工事があると車の速度がゆるまってイイ。しかもちゃんと両側の車を止めて、自転車だけで通過させてくれるし。たまたまここだけかも?わからんけど。

P8063295


今日はたったの30キロ先にある Cardwell カードウェルって町までで終了。イニスフェイルのデイビッドから紹介してもらった William ウィリアムの家に居候するため。

P8063297


小さな町だけどここも海岸に面していて静かなたたずまいでエエ感じ。

P8063298


ウイリアムとはフェイスブックのメッセージでやりとりしていたので住所は聞いてある。グーグルマップでピンポイントに家発見。なかなか洒落た感じで好きやな、こういう家は。

ウィリーによるとこの町にもワーホリで日本人がたくさん働きに来ていて、その中で知り合った日本の女の子たちと食事したり散歩したり釣りしたりと楽しい思い出がある模様。

無料wifi生活にも限界を感じていたので、ウィリーにたのんでSIMカードを買いに行く。郵便局で売ってるというのでなんだかわからんままに17ドルで手に入れた。それから図書館に行って無料パソコンを使って登録作業。ここの司書のおばちゃんはウィリーの知り合いで、若い司書見習いの女の子に言って登録作業を手伝ってくれた。

しかしうまくいったはずなのにインターネットにつながらない。電話は別にイランのにつながる。まああとでナントカしよう。

P8063299


P8063301


「おまえビール好きやろう」、とヨッシーのフェイスブックページかどこかから得た印象はハッキリ当たってる。それでバーで乾杯。

P8063302


夜はレストランを予約したとかで、モーテル兼オートキャンプ場兼レストランへ。

P8063304


P8063305


やっぱちゃんとした肉が食いたい。

P8063309


P8063310


キタ~~~~~!モチの論で柔らかくて美味しい。それなりの値段するけど。

客用のベッドで就寝。

走行 30キロ

以上

キャセロリィ??

2018年8月7日(火) Cardwell カードウェル ウィリアムの家

P8083349


すがすがしいのう、ラリアの朝は。酷暑の日本はいかがお過ごしじゃろうか?

P8073312


P8073311


スマホのインターネットが繋がらんままなので、ウィリーともう一回図書館に行って対策する。

といっても結局は司書の美人おねいさん頼りなのだけれど。日本もラリアも携帯会社の値段設定などわかりにくくしているのは同じなようで。ウィリーもおっさんなのでそこんとこは詳しくないし。

インターネットのチャットで問い合わせてくれたけど、返事が無しのつぶて。ヨッシーはそのままそこに居残って自分のPCでブログ更新など。コンセントも使えて快適。

結局携帯会社の回線がダウンしている模様で、ヨッシーの問い合わせなんかに対応できん状態だったようで。

P8073314


P8073315


P8073316


P8073317


あきらめて徒歩でお家に帰る。水飲み場も面白いデザインやけど、ちと飲みにくいんちゃうか?

P8073318


昼からウィリーがぜひ見せたいと、人のいない国立公園のビーチへ散歩する。

P8073319


P8073320


田舎育ちでブッシュで育ったというウィリーは、大変な物知りで動物の足跡を見つけては説明してくれる。これはキツネ、これはイグアナ、何とか言う鳥の足跡って感じで、しかもどっち向きに歩いていったとかもちゃんとわかるのである。

P8073321


P8073322


P8073323


遙かに続く無人地帯。ええねえ、こういうのがラリアっぽくて。

P8073325


2011年にハリケーンが来て、カードウェル近辺は崩壊したそうである。さっきの水飲み場あたりなんか砂に埋もれてしまったのをまた再生したそうで。この木も風で飛んできた砂に表皮を削られてしまい、今は作品のようになっている。

P8073327


P8073328


ちっさなキツネらしい。

P8073329


真ん中あたりの筋がのこってるやつはワラビーなんやて。

P8073330


これはイグアナ。

P8073331


P8073333


P8073334


帰り道でビーチを歩いてる人?がおるなあ、と思ったらウィリーがやや興奮して、「あれはキャセロリーや!超ラッキーじゃん!」、言いよる。どうやらこの地域にしか住んでいない鳥なのだそうで、デイビッドもサマラもキャセロリー見たか見たか?と聞いてくるのがこいつらしい。

300m離れてるけど人間くらいの背丈があるのはわかる。そーっとそーっと近づいていったけど反対側から人間が浜辺に出てきたので残念ながら林の中に消えていった。

P8073338


2015-08-02-9


三つ葉の足跡がキャセロリー。参考画像はこんな感じ。

P8073339


P8073340


夜はまた違うレストランで夕食。

P8073343


P8073345


夕焼けが抜群のラリア色やん。

P8073346


今日はウィリーがステーキ。

P8073348


ヨッシーはチキンのなんちゃらってなにかなあ?と注文したらチキンカツやった。うまし!

走行 0キロ

以上




さらばウィリー! My brother !

2018年8月8日(水)  Cardwell ~ Rolling Storn の手前レストハウス(工事中)

P8083349


午前9時に世話になったウィリーの家を出発。さらに南に向かうのだ。

P8083353


P8083354


15キロも先なんかい!

P8083355


まあ休むけど。

P8083356


ここで初めて地球号が横倒しになる。あばや!

P8083357


P8083359


ウィリーとかから聞かされてた登り坂。Townsville までに1カ所だけあるとのこと。

P8083360


まあ登りと言っても丘程度やから楽勝やけども。

P8083361


P8083362


P8083363


P8083365


眺めがナカナカ良い。川のようであり、海の入り江のようでもある。

P8083367


2時前に Ingham インガムに到着。ここでもウィリーから聞いていたチャイナレストランのバイキングランチを試してみる。

P8083371


P8083372


P8083367


時間帯が時間帯やからしかたないが、料理は8種類だけ。どれも塩辛くしてあるのはお代わり防御のため?

P8083368


P8083369


P8083370


まあ3回くらいお代わりしたけれども。飲み物を聞かれて水でイイと言ったら有料の水を持ってきた。3ドルだからええやろうと思ってたら帰りに支払いが18ドル50セント。ランチビュッフェは12ドルのはずよね?何が起こったのかわからんわ。

P8083374


P8083373


案内所で無料のwifiしてたらドイツ人の自転車旅行夫婦がやってきた。旦那のほうとはカードウェルのキャンプ場で出会ってちょこっと話したけどニヤニヤするだけの変なヤツやったわけで。カミさんはマシかと思ってたけど自分の言いたいことだけ言ってあとはコッチを無視するやっぱりおかしなオバハンやった。

ヨッシーはこの先のレストハウスを宿と決めているので先に進む。アプリの Wiki Camp に記されているより手前に現れたレストハウス。道路工事に併せて絶賛リニューアル中やんか。

P8083375


P8083376


しかしほぼ完成しているし泊まることは出来るかな。

P8083377


トイレも。

P8093378


工事のため道路から遮断されているので、車が入ってくることがないから静かに休めそうである。ただし工事のオッサンが来たらめんどいので建物裏でステルスキャンプ。

走行 70キロ

以上



プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント