ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月からオーストラリア自転車旅開始。

オーストラリア

安定の・・・・

2019年1月14日(月)     Rye   ~ Mornington モーニントン

P1148100


思い切り国道の道ばたやったけれども、所詮は田舎のラリアだけあって夜は交通量ほぼゼロ。よって安眠であった。海沿いの道は交通量は多いけれど快適なサイクリング。内陸の平原地帯もええけども、やっぱ海が見えるのはスバラカシイ。

P1148103


ここまで来たらメルボルンは目と鼻の先なので、急ぐ必要全くなし。スーパーで買いだしして帰ってきたら自転車ぶっこけてた。8000キロ近く走ってきてこういうのは初めて。

P1148104


別荘地だし海が近いからだろうけど、こんなにしてまで海が見たいのかい?見たいんだろうなあ。

P1148105


Wiki Camps にも出ていたキャンプ場。夏のシーズン真っ盛りだから、立錐の余地無いくらいテント張りまくり。日本のみなさ~ん、外国のキャンプ事情もたいして変わらんようだよ~。

P1148107


さて、またしてもアプリでみつけた無料ホットシャワー。シャワーヘッドが壊れているが、お湯が出ればそれで良し。打たせ湯のようでもあるし。

P1148108


その公園日陰でさっそく昼飲み&ランチタイム。

P1148109


夜露で濡れたテント類も干しまくり。

P1148110


日陰つくって寝まくり。ちなみにここいらもアルコール禁止区域のようなので、奥まった場所でこっそり飲酒した。

P1148111


ハムとチーズはスーパーのデリカテッセンで量り売りを初めて買ってみた。ショーケースの中の好みのヤツを指さして、100グラムちょうだい、とか言うのだが、1ドル分くれ、とかもオッケイ。

P1148112


P1148113


古い灯台。特に岬でもないのになぜ?

P1148114


P1148115


わ~、やっぱ船遊びしたいよねえ~。

P1148116


P1148117


道路工事予報?Closed? いやな予感しかしない。海沿いの一本道が通行止めだったら山の中を走るしか無くなるのでそれはやめて欲しい。祈りながら進むしかないが。

P1148118


結局路側帯が工事中なだけやった。なんのこっちゃ。

P1148121


50キロ先のMornington モーニントンにとうちゃこ。激暑やったからスーパーの冷房がありがたい。

P1148122


さあもうこの町で本日は終了。海側の公園で野宿できるか?来てみたがなかなかの人出である。ちょっと様子を見ることにして、またしてもこっそり昼飲み。

P1148123


P1148124


P1148125


夕暮れ迫り、安定のスコッチフィレで晩ご飯。

P1148126


やっぱわさび醤油がサイコー。

P1148127


公園で寝るのはやめにして、さっきのスーパー近くにあったクリケット場で野宿なり。もはや安定の野宿場所。

IMG_20190515_133314_584


走行 54キロ

以上


海峡横断~写真多いで

2019年1月13日(日)     Barwon Heads  ~ Rye ライ

明け方に大をもよおしてあわててチャリでトイレに走る。ギリでセーフ。そのまま起床して撤収&朝ご飯。

P1137979


P1137980


今日は海峡を渡るのだ。大都会メルボルンは巨大な湾の一番奥にある。その Port Phillip Bay ポート・フィリップ湾が外洋と接している最南部は、両側から岬が張り出した形の狭い海峡になっていてフェリーで簡単に渡ることが出来るのだ。

日程に余裕があるのでちょっと遠回りすることに決めたわけで。しかしサイクリストに注意って看板は良いけどなんでデザインが競輪選手風なのか?

P1137982


P1137987


岬と言えば灯台がつきもの。まずは西側の岬にあるPoint Lonsdale Lighthouse へ。

P1137988


突堤も行って見るべし。

P1137989


P1137990


P1137991


先っちょまで行ってわかったことは、完全に釣り人のために整備された施設であること。備え付けの魚捌き所もあるし。

P1137993


P1137994


常設の竿置き場も完備。

P1138001


このあと利用する予定のフェリーが見える。

P1138003


岬にあった刑務所?内にある古い灯台。灯台ハンターでもあるヨッシーはどれも見逃せない。

P1138007


フェリー乗り場近くに展望タワー発見。聞けば無料なので登ってみよう。

P1138008


P1138009


P1138012


エレベーターあるので楽勝。マリーナや対岸のモーニントン半島が見渡せる。

P1138014


どうやってフェリーに乗るのか案内が見あたらんから、車のあとについて料金所まで進む。どうやらこれで正解なようで、普通に乗船手続きできた。ちなみに自転車は無料で、大人一人分の13ドルですむところがありがたい。

P1138015


指示に従って車列の横に並ぶ。並んでたバイクのカップルに話しかけられ、ケアンズからスタートしてからの足跡を話すと飛び上がるほどビックリしてた。ラリア人ってもっとワイルドで開拓精神の塊みたいな人種と思いこんでたから、たかが自転車でずっと走ってきました~、ってだけでこんなに驚かれるとは意外な感じ。そしてこういう体験は今までにも多々あったわけで。

P1138017


船は1時間おきに出航するのですぐに乗船&出港となった。

P1138021


思ったより大きな船。片道40分の船旅。

P1138026


ヨットがエエ感じで走っている。湾内は波風も比較的穏やかだろうから、絶好のセーリングエリアと思われる。出来れば日本に帰る前にヨット体験もしてみたい。

P1138030


タスマニア島の往復に利用したスピリットオブタスマニア号が横切っていく。

P1138036


絶好の航海日和であった。定時に対岸の Sorrent ソレントに着岸。

P1138037


P1138038


船着き場の公園ベンチで自炊ランチタイム。性懲りもなくまたミーゴレン。

P1138039


今回はスーパーのColes コールズブランドのものを試し買いした。安いけど味は落ちるなあ。

P1138040


ソレントはモーニントン半島の先っちょ近くやけど先っちょでは無い。岬&灯台フェチのヨッシーは、わざわざ行き止まりである半島の先端まで往復することにした。どうやら別荘地になっている模様で、大きく立派な家が建ち並んでいる。生け垣をこんなデザインに刈り込んでいる物好きのリッチマンもいるようだ。

P1138042


若干の上り下りを繰り返し、車で行ける終点まで来た。ここからは徒歩かシャトルバスか自転車のみ入れる。まだ片道3キロはあるので、徒歩はだいぶしんどいだろう。こう言うとき自転車はちょっと優越感を楽しめるのだ。

P1138044


岬の左側は外洋で、この先にタスマニア島もあり南極もある。

P1138047


P1138048


登ったり下ったりはあるものの、先端の砦までもう少し。Fort Nepean ネピアン砦は先の大戦の時に整備された軍隊の施設。

P1138051


P1138052


ほぼ地中にある施設はトンネルで繋がっている。

P1138055


銃眼とかあるけど今は見通しが利かない。たぶん風で飛ばされた砂が長年にわたって積み重なった結果やろう。

P1138056


P1138057


当時はランプ。

P1138059


60数年前としては画期的な地中に隠れる大砲。

P1138060


P1138061


今は大砲も外され、原形をとどめてないけど実際に出し入れしているところを見てみたい気はする。

P1138072


P1138076


P1138073


P1138075


P1138077


今度は一番高いところにある見張り台?みたいなところ。ここで敵船を監視し、砲撃の方向や角度を砲手に伝えていたと思われる。

P1138080


連絡用の電話?歴史的建造物の割に保存状態に気を遣わないラリア気質、アルと思います!

P1138081


この方向に午前中行った東側の灯台が。

P1138082


P1138088


あー、やっぱ船遊びええなあ~。

P1138093


P1138094


ネピアン砦をあとにして、来た道を戻る。途中の公園に無料ホットシャワーがあることは調査済みなのだ。

P1138095


不言実行。ソレントまで戻り、スーパーと酒屋で買い物した後、マップアプリとかで当たりをつけておいた公園のフリーBBQで晩ご飯開始。

P1138098


P1138099


P1138096


P1138097


わさび醤油、最高!

P1148100


道路際やけど他に場所がないので無理矢理テント泊。

Screenshot_2019-05-08-22-10-07


走行  62キロ

以上






インド象?

2019年1月12日(土)     Barwon Heads 連泊

P1127966


PCのACアダプターに断線候補になりそうなカバー部の亀裂がだいぶ前からあった。そう言えば日本から持ってきた装備の中にブチルテープがあったことを思い出し、探し出したけど灼熱の荒野での5ヶ月間で溶けて固まってもうてた。あーあ。けっこう高かったのにゴミになってもうた。

P1127969


さてバーロンヘッズも雰囲気明るいし便利やし、ナイスな野宿リケット場(のじゅクリケット!うまい!!)もあるので連泊決定。最寄りの図書館でフリーWifi ブログ更新。

メルボルンでは転がり込める家が2軒有り、予約した大阪行き航空便の日程から逆算して滞在願いを済ませてある。なので急ぐ必要はデンデン無いのだ。

P1127970


P1127971


昨日のビールタイムに使った公園前の河口で水泳する。泳ぎたいというよりはシャワーの代わり。

P1127972


野宿ポイントのクリケット場は、おっさんクリケッター(と言うのか?)に占領されてて泊まれそうもない。同じ施設の奥に、馬術部?の小屋を見つけてこちらに変更。トイレが遠いけど、チャリで走れば5分くらい。

P1127973


壁には往事の写真が展示してある。

P1127974


これは?なぜここに?いろいろ面白おかしく想像してまうで。インド象もびっくり。

P1127975


P1127976


そろそろ非常食用の缶詰を消費せねばナランので、スパム缶を使ってリゾット風に仕上げる。味は安定の和風出汁にしょうゆ。

屋根下でテント泊。

走行  15キロ

以上

ピッカピカ!

2019年1月11日(金)     Torquay ~ Barwon Heads バーロンヘッズ

今日もそんなに距離走らないゆるゆる日程なのでゆっくりと出発準備。

P1117939


トーキーの町で見つけた洗車場。以前アリススプリングスのローリーの家で高圧洗浄させてもらってからかなり経つので、どこかで再度キレイキレイにしたいと思っていたのである。しかし何回使用方法を読んでも、何ドル入れればいいのか分からない。

P1117941


荷物を全部降ろして、ダメ元で1ドル入れてみたら水洗浄はできそう!

P1117942


3分?くらいで1回切れたから、もう1ドル分追加して洗浄完了。ピッカピカになったゼヨ。自転車走行は残すところ10日も無いので、これで帰国前のメンテナンス(掃除)は済んだも同然。

P1117943


P1117944


トーキーからはまた海岸線を東に走る。海は常に右側。

P1117945


P1117946


自転車道も発見したが、そんなに長い距離でもなかった。

P1117949


P1117950


車道に戻ってからは砂浜ぎわを走る道。サーフィンのメッカなようである。

P1117952


P1117953


P1117954


岬から眺めを楽しんでから、安売り食材でサーモン&チキンサンドイッチ。生ものが簡単に手にはいるなんて贅沢な事よ。

P1117956


P1117957


リゾート?海水浴場は人だらけ。江ノ島か須磨か?くらい混んでる。他にも空いてる良い場所あったのになんでここだけ?

P1117958


Barwon Heads バーロンヘッズの町で今日は終了。河口の公園の日陰でくつろぎながらビールタイム。この町もご多分に漏れず街中禁酒なので、林の中の人の来ない場所を選定。

P1117961


夕暮れまでビールタイムしてからマップアプリで見つけた運動公園へ。市街地から1キロ程度出れば完璧な野宿スポットがあるなんてステキング。

P1117959


そして不言実行。またしても肉。580グラムのランプが8ドル!!

P1117960


はみ出しとる!

P1117963


ちゃんと焼けとる!!

P1117961


やっぱクリケット場は使える野宿スポット。

P1117965


屋根下で就寝。ロケーション抜群やったけど、公衆トイレに便座がついてなかったのが玉に瑕。

走行  35キロ

以上

三味線ライブ

2019年1月10日(木)     Torquay連泊

P1097906


P1107907


P1107908


公園だし駐車場も近いので人の出入りはまあまああるけど、夜は静かな野宿スポットやった。昨日残しておいたチキンとかで朝ご飯。ここは無料ホットシャワーもあるし、買い物も便利で図書館でも無料wifiできるので連泊決定。

P1107911


P1107912


さっそく図書館でフリーWifi使ってブログ更新。大都会メルボルンが近づいたのもあると思うけど、ネット速度が普通に速いのが助かる~。

P1107914


お昼は図書館近場のマクドで。1ドルバーガーが大活躍。

P1107915


メインロード沿いにはブランドショップが建ち並んだり。ちょっとパタゴニアに入ってみたけど、日本の店内装飾や商品構成が同じやしやっぱしラリアでも高い。くるっと回って即退店。

P1107916


P1107917


夕刻また温水シャワー前に戻り、ちょっと早めの晩酌開始。カクテルシュリンプ8ドルは何回目かの利用。シーフード類はまあまあの値段する中で、この商品は格安の部類やと思う。さらに購入して数日経ったアボカドもエエ具合に食べ頃なのでわさび醤油でビールのアテに。

P1107918


アボカドの種は公園に埋める。今度来たときにはアボカドの実、取り放題やで!

P1107920


P1107921


P1107922


なんたってメインはまたしてもスコッチフィレ。塩コショウもエエけど、やっぱわさび醤油が最高やで。日本人なら分かるよねえ。

P1107923


P1107924


たまたま公園でお話しした日本人女性から、イベントに日本人ミュージシャンが出ることを聞いて広場にやってきた。

P1107927


餃子がラリア人の好物な事が判明。

P1107929


P1107931


ポリさんも警備しながら飲んだり食ったり。ゆるくてよろしい。

P1107932


P1107933


いわゆるこのトーキーの町では、公共の場所では飲酒禁止という原則なんだけどこの柵で囲まれた中ならオッケイというギリギリの例外ルール。



さてさてお目当ての三味線ライブ。ステージはいろんな演者が入れ替わりで演奏するスタイル。日本人のペアはブルースギターシンガーの男性と、三味線女性のコラボ。ブルース男はメルボルン在住で奥さんはラリア人と言うことが曲合いの話しでわかった。三味線女性はアデレードからの参加と言うことで、ラリアのテレビにも出演したことがあるということ。

三味線のことはあんまりワカランが、聞く限りはかなりちゃんと修行した腕前やと見た。ノリノリの曲もあり、ブルース男のしゃべりに乗せられて観客踊る踊る。

P1117936


思いがけず楽しめて良い気分で野宿。昨日と同じく屋根下でもよかったが、なんとなーく予感がして木陰にテント泊。

走行  7キロ

以上





プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント