ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月からオーストラリア自転車旅開始。

オーストラリア

着物評論家?

2018年9月25日(火)   Alice springs ローリーのお家

P9254562


アリスに滞在中にしたいことが色々ある。靴の買い換え、テントの下に敷くグランドシートの買い換え、テルストラSIMカードの購入、今後の食料の調達、エアーズロックまでのルート情報、そしてもっとも大事なのがビールの飲みだめ。

奥さんのアンディが急遽ダーウィンに出張になったので、朝に送迎の車に便乗させてもらって買い物へ。ローリーには欲しい物と行きたいところを伝えてあるので、バーニングスというホームセンターやらKマートやら回ってくれる。

P9254563


P9254564


ホームセンターで見かけたBBQグリル。でかくて機能がいっぱい付いてる割に安いと思う。肉を突き刺してぐるぐる回すモーターなんかも標準装備やし。

P9254565


ローリーが肘の怪我の包帯を替えるというので病院にもついていく。

P9254566


それからローリーオススメのリサイクルショップ。日本にもたくさんあるよね、と日本旅経験者のローリーが言うところをみるとこの手の店が好きなようで。

ヨッシーは何も買わなかったがローリーはコロコロバッグとか5~6点買ってたし。

P9254567


ヨッシーはKマートで8ドルのスニーカーをゲット。日本から履いてきたのもホームセンターで2000円くらいで買ったヤツ。ダメになったらすぐに買い換えるシステムにしている。

P9254569


これもKマートで8ドルやった。走行中に冷たいペットボトルとかもらう事があるけどその場で飲まないとすぐにぬるくなってた。これで長く冷たいのを楽しめるぜ。もちろん熱いお湯も保温できる。

P9254568


なあ、ピーコ。(ほんとは違う名前だが忘れたので我が家の亡猫名で呼ぶ)

P9254570


午後はビールを飲みながら(ここ大事)ブログ更新。ホストの家にやっかいになって一番ウレシイのはネットが早くて使い放題なこと。

P9254571


実はWarm showers を利用してもう一人泊まりに来ている。マリーも自転車旅で、メルボルンからウルル(エアーズロック)経由でアリスに立ち寄り、ダーウィンまで北上するヨッシーとは逆ルート。これから先の道情報などが聞ける。

今夜はマリーが手料理を振る舞ってくれるらしい。リゾットだって。

P9254572


量は少ないけど味はバッチリやった。

P9254573


P9254574


そりゃあネコも美人さんのほうがええに決まってる。代わりにヨッシーがヒザに乗りたい。ちなみにマリーはアリスで恋に落ちたようで、毎晩パブに出かけては午前様なのだ。

P9254575


P9254576


ローリーが日本人のキミに見て欲しい物があると出してきたのがこれらの着物。なんでも以前の仕事で日本の宗教家?のアテンドをしたことがあって、ウルルで何らかの神事をやったあと不要になった着物をいただいたそうで。

そりゃ確かにヨッシーは日本男子ではあるが、着物に関しては外人並みに知識が薄い。ローリーに、これは良い物なんだろ?と聞かれても答えようがない。う~んイイねえ~。とか言ってごまかしておく。

走行 0キロ

以上

登れば下る

2018年9月24日(月)   Tropic of Capricorn Rest Area  ~ Alice springs ホストのお家

P9244522


P9244523


思ったより快適に寝られたし、今日は30キロ先のアリススプリングスまでやから急ぐ必要も無し。

P9244524


なので朝から野菜切って即席麺と湯がいて朝食。コーヒーに残り物のマーマレードを溶かして飲むと激ウマなのがわかり2杯も飲んでしまった。アリスにはスーパーが3軒も4軒もあるからまた買えば良し。

P9244525


ヨッシーがお皿とか洗った水に群がるトサカ野郎たち。

P9244528


9時にレストエリア出てすぐにあった残り表示は珍しく5キロ刻み?35キロって今まで無かったと思うよ。このあと30,25,20,15と刻んでくれるのだろうか?秒読みみたいでワクワクするかも。

P9244529


P9244530


P9244532


そしてすぐに現れた、スチュアートハイウェイ最高高度地点。頂上っぽくないのはラリアだからしょうがない。嘘か誠かスマホのGPSで確認。

P9244537


よしよし。723mと公称通りである。せっかくやからサバ読んで1000mとか言ってもバチ当たらんと思うけど。

P9244533


P9244535


P9244536


ハコちゃんなども交えてしつこく記念撮影してたらやってきた地元民と思われる兄ちゃんが水を2本差し入れしてくれた。まだ冷たいのはうれしいねえ。

P9244538


P9244539


あーとー。

P9244540


また変な登り方すると思ったらやっぱし。

P9244541


跨線橋やった。だから交差する意味あんのかって話しよ。

P9244542


P9244543


スピード落とせ、と書いてあるとおり、ここからドトウの下り坂が始まる。ラリアに来てから初めて本気でブレーキ握りしめるくらいスピード出るし。

P9244544


結局25も20も15もなくイキナリ10かよ。

P9244545


眼下には川と思われる谷があるがやっぱし乾いていて水無しである。休憩所で会ったおっちゃんいわく、アリスは160日間雨が降っておらず、いまも記録更新中なのだそうで。

P9244546


おお!旗まで立ってるヨウコソ看板はメズラカシイ。

P9244547


P9244548


そりゃあアレコレ写真撮るわな。

P9244549


あとで来た家族と話してたらお兄ちゃんのTシャツがオモロー!

意味ワカランと着ていたみたいでちゃんと説明してあげたら喜んでたわ。ちなみに高校生くらいやと思うが、声変わりしたてみたいな渋いボイスやった。

P9244550


さあ、お楽しみのランチはバーガーキング。こっちではハングリージャックというのか?どっちが正しいのか?そんなんどうでもエエからバーガー食いたい。

あまりに食い意地が張ってて写真無し。

P9244551


P9244552


次はビールや!しかし2時開店なので待つ。ウォームシャワーのホストには2時頃行くよと伝えてあるが、確実に遅刻やけどそんなん知らん。

P9244554


ビール買ってたどり着いたお家はローリー家。すぐに部屋に通してもらいビールにシャワーに洗濯とお決まりのコース。

P9244555


P9244557


なんか芸術家のお家みたいなオサレな感じ。ネコもちゃんと出迎えてくれる。ちなみに日本の家で最後に飼ってたネコと色合いがクリソツ。ヤツは最後までなつかず、爪と牙による流血が絶えなかったがここのはおとなしくてナデナデさせてくれる。よしよし。滞在中はねぶり倒すくらいに可愛がったるからな~。

P9244558


ローリーの趣味の一つ、ビール造り。一つ味見させてもらった。なかなか濃い味わいである。ヨッシーも30年くらい前にニュージーランドで買ってきたホームブリューセットで作ってみたが、うまくいったり行かなかったり。そこんとこをあれこれ教えてもらう。こんなところでビール造り談義をするとは。

P9244559


ワイファイ使ってパソコンできるのがありがたい。

P9244560


奥さんのアンディも仕事から帰ってきて一緒に晩ご飯。お外のテラス席でオサレにいただく。

P9244561


デザートのパイとアイスも付いて歓び一塩である。

食うと眠くなる最近の生活スタイルなので、失礼して先に就寝。

走行  42キロ

以上

アリスに王手!

2018年9月23日(日)   Truck Area bush camp ~ Tropic of Capricorn Rest Area トロピックオブカップリコーン

P9224504


寝たのも早いが起きるのも早い。自転車貧乏旅の鉄則。

P9234509


実は泊まった場所からさらに20キロ行けばこのレストエリアがあったのだが、それだと坂道アンド向かい風アンド120キロ走行になってしまうので日が暮れるしやめたわけで。

P9234510


P9234511


P9234512


まあ言うてもたいした設備があるわけではない。まだ9時前で休憩するにも中途半端なので先へ進む。

P9234513


ほんでこんななんもないとこで休むタイミングになるがな。もうちょっと自転車旅に配慮してエエ具合に休憩施設作れよ!

P9234516


特に見所もない区間だったので4時過ぎに泊地の Toropic of Capricorn に到着。

P9234519


なんかワカラン塔がある。ありがたいことにここは携帯電波が通じた。気になっていたメール送受信やフェースブックへのくだらん書き込みなどができるがな~。

P9244521


飲めない水タンクの隣に場所取り。ここはアリスに近いこともあり、人気の泊地だという話しなので早いもん勝ち。

P9234520


代わり映えしないが今日はツナ缶を使用。

なんだかテレビの受信もここはできるみたいで、隣や向かいのキャンピングカーから音が漏れ聞こえてくる。そんなに見たいか?わしゃ寝たい。いよいよ明日はアリススプリングスに到着である。

走行  83キロ

以上

サドル調整は~?

2018年9月22日(土)   Ti Tree Road House   ~ Truck Area bush camp

P9224473


パブでは音楽ならして大騒ぎやったみたいやけど遠いから眠るのには問題ナッシング。

P9224474


タウンズビルのバイシクルペドラーで買ったブルックスのサドル。なかなかおしりになじめないまますでに2000キロくらい走ってるんですけど。このまま何もしなければ、尻が壊れるかサドルが勝つかしかない。そこで初めて角度調整をしてみることにした。買ったときにお店で取り付けてもらったが、ミックが経験からこれくらいだろうと角度を決めてくれ、ヨッシーもこれでいいんじゃない?と納得していたのだが。

P9224475


見てワカランやろうけど若干前側を下げ気味にしてみた。さていかがなものか?

P9224476


P9224479


独り占めのキャンプキッチンで落ち着いた朝食。これも20ドルの価値に入っている。

P9224480


キャンプストーブ用のガソリンもここで購入しておく。750ccしか入れへん。1ドル35セント也。

P9224481


ロードハウスすぐ隣の雑貨店。高いのは承知やけどそろそろ手持ちの食料のバリエーションが無くなってきた。迷ったあげくバナナを3本買い足した。4ドル50セント。1本1ドル50か。大きさに関係なかったみたいやからもっと太いの選んだら良かった。

P9224482


そうそう、学校へ行こうね~。登校拒否とかあるんやろうか?

P9224484


P9224486


さあ、アリスまであと180キロ。しかしここからはひたすら登りの道になるのだ。

P9224487


おお~、山が立ちはだかっとる。明らかにバークレーハイウェイとは風景が違ってきてる。

P9224488


P9224490


P9224489


この区間はホントに休憩場所がない。見つけた日陰に入り込むしかない。だいたいこんな感じで休みを取っている。

P9224492


P9224493


そして久々に現れたレストエリアにはトイレもない。しかしベンチと屋根はあるから許してあげよう。

ドイツ人観光客のシニア夫婦が水をくれた。代わりに写真撮られた。

P9224494


山に見えてたのはこの辺りやろうか?来てみたらただの丘やった。

P9224495


イエーーイ!ってオレも乾杯してみたいわ!

P9224496


3時過ぎに次のロードハウスに到着。

P9224497


なんかが出迎えとるし。

ここでまた選択の時間。このままここで泊まるか、もうちょっと先に進むか。進んでおくと明日100キロ走らなくて済む。でも80キロははしらなアカンねやけど。そこで、もしここにワイファイがあったら泊まる、無かったら先に進むことにして受付の兄ちゃんに聞いたら、「WiFi無いよ~」と言われたので継続決定。

P9224498


国道出がけにあった看板。なぜに日本語表記があるのか?きっと過去に日本人が山火事起こしたに違いない。

P9224499


夕方になってからの20キロは辛いわい。パッチでがんばって到着。Wiki Camps に載ってはいるが、どんなところかは来てみないとワカラナイ。

P9224500


P9224501


設備はゴミ箱しかないけれど、裏手にテント張って蚊帳でハエから解放される。

P9224502


P9224503


メニューがみすぼらしくなってきてるなあ。

日が暮れてから2台ほどトラックが来たが、割と遠くに止まってエンジン切ってたので体勢に影響なし。あと、サドルを下げたのは正解なのか?割と疲れずに走れた気がする。気がするだけで痛さはあんまり変わらんけども。

走行  83キロ

以上

Under New Management

2018年9月21日(金)   Barrow Creek Hotel ~ Ti Tree Road House ティーツリー

この2日間はやる気のなさを全面に出して過ごしてきたが、今日はそうはイカン。次のちゃんとした泊まれる場所まで90キロを向かい風で走らねばならん。

P9214453


ちょいちょい見かける建物やけど何用なのかわからん。ソーラーパネル載せる架台と思われるが、ことごとくパネルが無くなっているのでちゃんと動いているのか?まあヨッシーには関係ないけど。

P9214454


はいはい、いま30キロちょい走ったからあと63キロね。この看板の残り距離がかなり正確なんである。日本だと設置する場所がうまくいかなくて若干の多少が生ずるのだが、ラリアはどこでも立て放題なので誤差がないからだろう。

P9214455


P9214456


P9214457


先住民の居住区?どういう扱いになっているのかわからんけども。冷やかしに入るのもイカンのでスルーする。

P9214459


P9214460


なんだかの電信の記念碑。碑に座って休んでたらキャンピングカーの家族がやってきて取り囲まれた。写真撮るならどくからね、と動いたら、そのままそのまま!なんかの観光地かと思って寄ったらキミを発見したんや!石碑はもうどうでもエエから娘達と写真撮らせてくれやって。そんなに珍しいか?

P9214464


ひゃあー、やっとあと5キロ。ビールも飲めるしシャワーも浴びれるぞ!(昨日もそうやったけど)

P9214465


P9214466


ティーツリーロードハウスに到着。キャンプの受付したら困ったことに。 Wiki Camps では10ドルとなっていたのに、20ドルと言われる。なんかの間違いじゃない?と再度確認するがやっぱし20ドル。途中の宣伝看板に、「Under New Management」と書かれてたのは嫌な予感の前触れの前兆やったのか?

先日の8ドルビールに続き、宿泊費も高値を更新。もう走れないし泊まるしかない。

P9214468


P9214469


しかも出入り口の電動門扉用の電子キーにデポジット20ドルが必要。あとで返ってくるからええけどこれ必要なんか?

P9214471


ご飯自炊してから、もうビールでも飲まんとやってられん!とバーへ突入。良かったここは普通の値段やった。それでも缶ビールが6ドル50セント、日本円で500円強するけれども。

バーはアボリジニの人が9割で、映画俳優のように見える人ばっかしで面白い。これで20ドルの元を取ったか??

走行  92キロ

以上
プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント