ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。次はまた自転車旅に戻るため、準備中。

台湾一周(環島)2018

台湾一周を終えて

2018年4月3日(火)

気がつけば台湾環島を終えてはや1週間。荷物の整理やら次の熊本行きの準備で息をつく間もありません。(嘘)

初めて自転車を輪行して海外に来たんやけど、行き先として台湾を選んだのは大正解やったと思う。もちろん台湾輪行旅の先達としてレイの勧めもあったわけやけど。

P3051096


噂に聞いてた通勤スクーター軍団には高雄空港に到着した日にイキナリ遭遇し、どう対処しようか考えたりしたけど結局慣れるのが一番と割り切ったら対策が見えてきた。

それは、「向こう任せにする」木の葉作戦。葉っぱが風や水の流れに逆らわず漂う様を言うのだ。

軍団はかなり自由に走る。遅いヤツがいたらそいつの右や左をビャンビャン抜いていくしどこを走るというルールもあって無いがごとしなのだ。しかし滞在中にスクーター同士が接触したり事故を起こしているところには一回も出会わなかったわけで。

毎朝抜きつ抜かれつしている玄人はだしのライダー達に、ウマいこと抜いていただくのが一番安心。これで高雄も淡水も台中も乗り切れたわけで。

P3101316


食べ物に関しては心配していなかったが、関空に帰ってきて久々にうどんを食って思ったのは、つくづく日本は出汁の文化やなあと言うこと。うま味というモノを追求しとる。

台湾の食事も悪くないのだが、ややアッサリしすぎやったり深みが無かったりする。ちょっと後半飽きてきてたかも。個人的な意見やけども。

P3181737


P3181751


東海岸の景色や自然は美しくて興味深いモノだった。特に太魯閣(タロコ)渓谷の凄さは写真では伝わらないからぜひ行って見て欲しい。

P3171710


その上流の文山温泉もワイルドで気持ちよく、ヨッシーのベスト3に入いる発見であった。

中国語の勉強は事前にしていなかったが、ちゃんと話せればもっと旅に広がりがあったと思う。ただ付け焼き刃で必要なフレーズを記憶して使おうとするけれど、まず発音が違うのだろうほぼ通じなかったし、ボケボケの脳みそは覚えが悪くて困ったモンですわ。

今はスマホのアプリがあるし、こっちがモタモタしてたらサッと翻訳して見せてくれたりするから大事な場面では役立った。

次はどこに海外自転車旅しにいくかまだ考えてないけれど、見たこと無い景色を見てみたいという衝動があるいはヨッシーを突き動かす日も遠くないかも。

最後にすべてのお世話になった人にお礼を言いたい。台湾の人は親切で、ニコニコしていてまるで微笑みの国のようであった。

また会おう!

以上

追伸

データ

期間  2018年3月5日~3月26日 22日間

総走行距離 1279km(サイコンのメーター読み)

宿泊  野宿 4泊  キャンプ場 3泊  民宿 2泊 ホステル12泊

旅費  7万5千円(宿泊、食事、観光)

飛行機代  2万5千円(往復タイガーエア)

高雄空港→関西空港 家に帰るまでが遠足

2018年3月26日(月)

5時頃野外で目を覚ましたらすでに玄関は開いていた。ロビーのファミマで最後の買い物。取り合わせを考えて、財布に残ってた115元をきっちり使い切る。

タイガーエアのチェックインでは自転車の預け入れが第一関門だが25キロ枠で24.5キロとギリギリセーフ。

出国も自動改札みたいなとこにパスポートを開いて乗せ、両人差し指をガラス面に置いたらそれで完了。

P3262077


タイガーエアのマスコットはくまモンに似てるけどパクってる?

うとうと寝てたら2時間半のフライトは終わり、あっけなく関西空港についた。

次は入国がちゃんと出来るかどうか。審査のフロアはバスケットコート3面ほどもあるスペースやけど外人の到着客であふれかえっとる。幸い日本人専用窓口はガラガラで、係官にパスポート渡したら何も聞かれずスタンプ押されて終わり。一部の知人などから、「捕まらんように」とかご心配いただいてたのにスムーズでスマンスマン。

預け荷物受け取りもさすがに日本の空港だけあって、自転車はコンベヤーに乗せず係のお兄ちゃんが手で運んできてくれた。高雄到着時はコンベヤーで流れてきたからなあ。

さらに捕まるかもしれん関門の税関検査も、「どちらからお帰りですか?」「この荷物は自転車ですか?」の2つの質問だけでスムーズに出国。せっかく心配してくれてた一部の人には申し訳ないが無問題やったスマンスマン。

P3262078


一応熱帯に属する高雄から3月下旬の大阪に戻ったらやっぱり肌寒いなあ。人に聞いたら今日は暖かいで、と言われたけど。

午後2時過ぎのJRはガラガラで、輪行バッグも余裕で置けて無問題。

そんなこんなでヨッシーの初外国自転車旅は終了。めでたしめでたし。

以上

capture_19






台南→高雄  実質台湾最終日

2018年3月25日(日)

帰りの飛行機は26日なのだが朝9時のフライトなので、今日25日が実質台湾最終日なのだ。ゴールへのルートは台南から高雄国際空港まで。高雄市内で泊まっても、次の日が早いので落ち着かないだろうし朝にバタバタするのは避けたい。なので今日のうちに空港まで行ってしまい夜明かししようという寸法よ。

P3252043


ほぼ1号線で良い。東海岸で会った日本人チャリダーも言ってたけど西側は走るだけですよね~って。確かに平地が多くて人口密度も濃いし、観光したくなるような場所もばらけている感じがする。

P3252044


高雄の表示が出てきていよいよ最終コースの感慨が沸く。思えばことあるごとに、「もう環島し終わったも同じや!」とか言うてたけどホンマにホンマになった。

P3252047


P3252046


最後のランチはなににするか考えながら走っていたが、特に目新しいお店があるわけでもなく、やはり安定の弁当店にした。ちょっと張り込んで95元の鶏肉のなんかの弁当。ピリ辛のソースがかかってるのは日本でも食べれるアノ味やん。思い出せへんけどアノ味やん。かなり美味しかった。

P3252048


P3252049


最後の観光地、虎と龍のお寺に寄りましょう。

P3252050


P3252051


なんだかみなさん集まってスマホとにらめっこしている。アッチでもコッチでもやってる。ポケモンゴーか?ワカランけど。

P3252052


P3252053


P3252054


いよいよ虎と龍や。どっちから入るんやったか?ちゃんと書いてあったわ。

P3252055


P3252056


内部には仏教思想?を表してるのかの展示が。

P3252057


なんやこれは?子供じゃなくて年寄りに乳をやる教えがなにかはワカラナイ。

P3252059


P3252060


大変やけど塔に上がってみる。狭い階段で6階建てやからまあまあ大変。

P3252061


P3252062


手すりもビックリするぐらい低くて大変。

P3252063


観光終了。

P3252064


P3252065


お腹を壊さないように自重していた生フルーツジュースをいよいよ飲もうと思ったが、いままで散々見かけていたタイプのお店がない。でも暑いしのども渇いているのでパッションフルーツ味のアイスティーを。50元。自然の甘さで美味しかった。

夕方までに空港に行けばいいと思っていたのでボーッとしてたらいい時間になった。

P3252067


P3252068


P3252069


夕方に高雄国際空港に到着。環島は完全にコンプリートした。結局21日間毎日走るという荒行みたいな旅になってしまった。

P3252072


P3252073


到着しても安心ではない。また自転車をばらしてパッキングせねばならん。ビールなんかを飲みながらゆるゆる作業して約1時間で完了。冷房の効いたロビーでソファに横たわり爆睡してしまった。

22時頃にポンポンと肩をたたかれたら警備員?警察官?どっちかわからんお兄ちゃんがなんか言ってる。ネットで空港に泊まれるか検索して見つけた情報では、「明日の朝の便に乗る」と言ってパスポートを見せればオッケーだというのが複数あった。ただしそれはもう7~8年前の書き込みだった。

パスポート見せろとか言うてるので、おお!泊まれるかな?と思ってさっさと見せたがまだなにか台湾語で言うてる。英語で対応してたらインフォメーションの女の子を呼びつけて通訳させよる。偉そうやな。

女の子はキレイな日本語で、24時以降は空港が閉まるので外に出て欲しいと済まなそうに教えてくれた。近くにマクドナルドもあるのでそちらを利用する人もいます、と遠慮気味に教えてもくれた。

めがねの女の子に免じて外に出てやることにする。もともとこういうことも想定内なので無問題。

P3262075


自転車ばらした場所が良さそうなので野宿決定。ちなみに朝は何時から開くの、と聞いたら4時からやて。たった4時間閉めるだけかい!

そうして台湾最終日もまた野宿で締める。

61キロ走行

capture_18


以上

嘉義→台南 居酒屋でプチ打ち上げ

2018年3月24日(土)

レイとは日本自転車ぐるぐる旅をしているときに出会った旅仲間。そのとき彼は学生やったけど、今では立派な先生なのである。お互いのブログを読んだりして野宿ポイントや土地の名物や観光名所を共有したりしてる。

自転車日本一周ブログ「また会おう」
https://ameblo.jp/around-japan-in-80-days/

そのレイが嘉義ならば噴水鶏肉飯をゼヒ!とオススメしてくれたので、朝ご飯代わりにいただくことにして、ゆっくり目に旅社を出る。

P3242008


ロビーに置かせてもらってた流星号を動かそうとしたら、お!なんやこの感触。パンクやないか!しかも今度は後輪。出鼻くじかれまくりやん。

P3242009


旅社の前で修理。後ろタイヤは前より手間が増えるからめんどくさい。原因は細くて短い針金が刺さっていたこと。普通ならはじき飛ばすくらいのがバッツリ真っ直ぐ刺さっとった。

P3242010


鶏肉飯の店に着いたら隣の店舗のほうに行列が。開店前から並んでいる模様。なんかのスイーツか?

P3242011


P3242012


開店したての鶏肉飯店はさすがにガラガラ。仕込みに忙しいおばちゃんに一個ちょうだいと手真似でお願いする。もともと鶏肉大好きなヨッシーに文句はない。タレの味が良いから流行っておるのかな?小振りの茶碗で35元(140円)ならば3杯くらい食べられそうやな。

P3242014


品書き看板で確認したけど35元ってメニューがないんやけどな。何を食わされたんやろう。

P3242013


噴水鶏肉飯といってもトリニクが噴水みたいに吹き上がってるわけではなく、すぐそばのロータリーの真ん中に噴水があるからそういう呼び方になっただけ。

P3242016


今日の目的地は台南なので、ここ数日では短い距離ですむ。思えばもっとのんびりする予定で3週間の台湾旅日程を決めたけど、飛行機で高雄に着いた日から一日も休まず走ってるやん。やはり一ヶ月くらいの予定にすれば良かった。嘉義のすぐ南に北回帰線がある。亜熱帯から熱帯に逆戻りなのだ。

P3242017


P3242019


北回帰線公園は西海岸側の勝ち。

P3242020


交差点で事故に遭遇。台湾で初めて目にする光景なのだ。車もスクーターも自由自在奔放に運転なさる割に台湾で事故を見るのは初めて。しかもどこにどこがぶつかったのかワカランくらいの軽微さやん。

P3242026


P3242022


P3242023


台湾旅も実質あと2日で終わる。ちょっと余り気味になった台湾ドルを消費するためもあってやや高そうなお店でランチする。

P3242025


ちょっとだけ英単語を知ってるウェイトレスと相談しながらカレーのセットを注文。辛みはほぼ無いが安心の味やった。飲み物デザート付きセットで200元(800円)。

P3242027


P3242028


今日も暑いので廟のお世話になる。ここの冷水器は新型やな、たぶん。

P3242029


台湾最後の宿も予約してある。日本人経営者の「はむ家」さん。わかりにくい場所と聞いてたが勘を働かせたら一発でたどり着いた。裏の筋からさらに奥に入る。

P3242030


P3242031


ドミトリーベッドで一泊500元。シャワーを使ってすぐに洗濯する。洗剤も使わせてもらって無料なのがありがたい。

同室の日本人とかにお誘いいただいて、台湾で初めて居酒屋へ。

P3242033


P3242034


もう一ヶ月はむ家さんに長逗留している山さんオススメのお店。山さんは越冬のために三重から来ているそうで、海外も日本もあちこち旅しているそうだ。他の参加者は、鉄道で台湾一周中の牧野さん(60代無職)、鎌倉在住の大ちゃん(20代神社勤務)、台湾人のシュンくん(20代日本語ペラペラ)。

P3242035


日本語のメニューがあるが、名前から想像したモノが出てきたことがないと山さんから注意説明があった。かえってオモロイがな。

P3242036


P3242037


P3242038


P3242039


ちなみにこれはアメリカ式トンカツというメニュー。どこがアメリカなのか?そもそもトンカツはアメリカでポピュラーなのか?疑問の一皿。しかし味は美味しかった。

台湾ビーチュウを飲みながらそれぞれの面白い話しをお聞きする。シュンくんの元カノは日本人だったとか、大ちゃんのオヤジは神主やってるとか。だいぶと酔ったところでヨッシーから台湾アルアルの疑問をみんなにぶつけてみた。

①台湾のトイレではペーパーは流さずに備え付けのゴミ箱に捨てる方式なんやけど、今まで99.9%ゴミ箱は体の左手側に設置してあるのだ。つまり台湾ピープルは左手でケツを拭くのか?

同席した人で同じ疑問を持ってた人がオランかったのもあるし、台湾人のシュンくんも首をかしげていたので疑問のまま話しは終わる。ただ、牧野さんは日本いても左手だから気にならなかったと答えてくれたおかげで、じゃあ日本人は右派と左派の割合はどうなっておるのか?というニュー疑問が湧いた。

②「の」。台湾でチェーン展開してる「茶の魔手」というティーショップがあるけど、看板に日本語の「の」が使われている。それ以外にも自転車から見かけた看板に「の」が多々見受けられるがなぜか?

これはシュンくんが教えてくれたが、「の」はもう台湾語と同じように普通に使われるようになっているそうで、中国語の「的」の代わりになってるけどホントは「的」のほうがいろんな意味に使われるからイコールではないそうで。

③ビンロウ屋はミニスカートのおねいさんのイメージやったけど、実際にはお兄さんやおばさんのやってる店のほうが多い。しかも通りに10m置きに並んでるところもあるのはなぜか?それぞれやっていけるのか?

これはメンバーの中でビンロウやってる人がおらんのでハッキリせんかった。ただ、こういうハーブ屋が合法なのは、貧しい人たちに仕事を与えるために必要やったんじゃないか?と山さんは推測する。原料の善し悪しとか刻み方とかで人気店は流行っているとか。差別化をどこで図るかの手法にミニスカートは有効なのではないか?とか。

④休憩の謎。昨日泊まった宿もそうやけど、看板に休憩と宿泊の両方を表示しているところが少なくない。それにあちこちで見かける宣伝大看板は、なんじゃろか?と見たらモーテルのものやったりする。実際に前を通ったら大通りに堂々と店構えがあって、日本みたいなコソコソ感がないのである。それで、台湾の人は休憩が好きなのではないか?とシュンくんに聞いてみたら、台湾語でもキュウケイしようか?というとエッチしに行こうよという意味になるらしい。

ちなみにお店に来ていたバドガール?的な女の子にキュウケイする?と言ったらもう2度とこっちのテーブルを見てくれないし来てもくれなかった。

P3242040


5人で13本もビール飲んでおつまみも8品くらい取ったのに一人1000円って安う!

宿のリビングでもうちょっとみんなで飲んでから寝る。

71キロ走行

capture_17


以上

台中→嘉義  連れ込み宿かっ!

2018年3月23日(金)

P3231977


おはよう。野宿の朝は早いで。明るくなったら撤収して走り出す。

P3231981


すぐのところにあったファミマで朝ご飯してたら目の前が空軍基地やった事に気づく。

P3231982


淡水の通勤ラッシュの後は台中のラッシュ。おねいさんが段差を利用して足をついておられる。

P3231983


この角度に萌えるなあ~。同じ道を戻るのは絶対いややけど、台中市内を通り抜けるのもかなりのストレスやった。信号多いしもちろんスクーターも多い。

通勤シグナルグランプリを動画で見よ!



P3231984


人身部品!そんなん売ってるなら鉄郎は999に乗らんでも台湾にこれば良かったに~。

P3231988


お昼は通りかかった自助餐のお店。

P3231986


P3231985


あれこれ取って100元やった。安くてお腹いっぱい。助かるわ~。

食べてたらお店のおじさん?が帰ってきてあれこれ話しかけてくれる。ジャパニーズだとかリーベンレン(中国語)だとか伝えてもわからんかったのに、たまたまつぶやいた「日本」って言葉で、おおお~ニホンジン!と抜群の反応。地図を見せて高雄からこやって回ってあと少しなんや、みたいに話したら納得してくれた。

P3231989


P3231990


食事の後お店の写真を撮ってたらおばさんと2人して俺たちを撮れ!と出てきてくれたひょうきんおじさんサイコーや。

P3231991


P3231992


P3231993


P3231994


今日は暑いから風の通る廟がいい休憩スポット。水もくませてもらえてお菓子も食べろと勧めてもらえた。

P3231995


P3231996


お!がちょう?発見。おまえら食べられるとも知らんで暢気なもんやで。

今日の宿は嘉義の駅前当たりの繁華街。野宿開けなのでシャワーがしたい。ブッコムで予約したけど安いホステルは満室になってたので仕方なく取ったホテル。行ってみたら怪しげな連れ込み風。やり手婆みたいな末成由美風が出迎えてくれた。 英語ではYongxing Inn 、看板は永興大旅社。700元。

一応個室やしシャワーもトイレもついているがかなりくたびれている。シャワーを浴びて町に出る。

P3231997


P3231998


嘉義ってだいぶんと繁華街やなあ。観光客も多いみたい。

P3231999


うろついた結果にフードコートみたいなお店に入った。レジでお兄さんに何か言われたとき、なんて?とつい日本語で返事したら隣にいた若い女の子のお客さんが日本語で注文を助けてくれた。

P3232000


P3232001


ラーメンとカツ丼を注文したのだが、え?2つも食べるのですか?と女の子に突っ込まれてしまった。確かに他のお客さんは一人に一つずつ食べているけれど。2つで240元。

P3232004


ビール飲んでテレビ見て寝る。

118キロ走行

capture_16


以上
プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント