2019年10月26日(土)  Matias Romero ~ Donaji ドナヒ アルベルトの家

PA262228


毎日泊まるホテルが変わるので気をつけているのは蚊とダニ。蚊に対しては出来る限り蚊帳を吊ることと、フマキラーのワンプッシュで24時間利く蚊取りを使用する。そしてダニには一度やられたので、怪しいベッドにはテントのフライシートをかけて予防している。おかげで快眠。

PA262229


なかなか雨が上がらず、走るかもう一泊するか迷ったが、おそらく走っているうちに止むという根拠のない予想で出発準備。

PA262232


PA262233


PA262234


やや遅めの出発になったので、昨日のタコス屋でタコス食ってからにする。

一皿が4つ。確かに美味かった。

PA262235


PA262236


ほれみれ、雨は止んだ。この道はずっとほぼ真っ直ぐで、カリブ海が見えるまでずっと北上している。大きな山はないので勝手に、ほぼ下り坂じゃね?と思ってたら大間違い。そこそこの登りと下りが繰り返される、しょっぱい道やった。無駄に疲れる。

PA262237


いたずら書きと思うけど、歩行者注意の看板には拳銃持ったヤツが!

PA262238


PA262239


実は旅情報の参考にさせてもらってる自転車旅ブログでは、プログレソという町は危険で拳銃で撃たれるぞ!とか言われていた場所なのである。シャレにナランっつうの。

PA262240


PA262241


その先のドナヒという村で泊まることにするが、ここにホテルはない。教会の敷地で野宿できないか探し回るが行き当たらない。ごろごろ石の転がる地道を自転車押して歩いてたら、後ろから来た主婦?が声をかけてくれた。おぼつかないスペイン語で野宿するために教会を探してる、と伝えたら、じゃあうちにテント張れば~、と秒で、なんのためらいもなく、即座にお誘いいただいた。このおばちゃんは英語出来ないけど、弟がしゃべれると言い、呼ばれて出てきたのがアルベルト。

PA262242


歓迎してくれて、テント張る場所とかシャワーやトイレ、果ては腹減ってるか?と夕食までゴチしてくれた。

PA262244


PA262245


家で飼ってるインコ?オウム?も見せてくれた。

PA262246


アルベルトに誘われて、夜の町を徘徊する。こんなこと、ジモティがおらんかったら出来ん。

PA262248


PA262249


ざんざん歩き回ってから、知り合いのお店で夜食をいただく。

PA262250


PA262251


野菜たっぷり。

走行  47キロ

Screenshot_20200121-222856_GPX Viewer


以上