2019年1月15日(火)     Mornington  ~ Melborne メルボルン 小島さん家

P1158128


P1158129


出っ張りの下やし夜露も怖くない。今夜はメルボルン在住の日本人ご夫婦のお家にやっかいになるので、これでラリアの全テント生活は終了ということ。アライテント製のオニドームは過酷な環境に耐え、なんとか無事に旅を締めくくった。いろいろ使い勝手では不満もあった機種だけど、よく頑張ったと褒めてあげよう。

P1158132


実はケラングのビルさんのとこにいる時にはグレオシャロード近辺やメルボルンは気温が37度にも上がる日が続いていた。しかしイザ来てみればヨッシーのために?かは知らんが、気温はグッと下がって25度くらいになっていたので大変しのぎやすい日々が続いていたわけで。

今日はいよいよそれも終わり、メルボルンに近づくにつれ蒸し暑さと共に本格的な高気温期に突入したようである。早いところメルボルンに着いてしまいたい。

P1158133


ゲートの中は別荘地なのか?出入りする度にこのゲロゲロ坂を登らねばならないとは。自転車しかないヨッシーだったら引きこもりになりそう。

P1158134


ご飯中の人はスマンよ。これが最近のトイレ事情。便座無しが基本なのである。ラリアの皆さんはどうやって座っているのか?腰を浮かしているのか?それともマイ便座を持ち歩いているのか?

P1158135


P1158136


P1158137


ビーチのピクニックテーブルで最後の自炊。MSRガソリンバーナーも良く働いてくれた。

P1158139


P1158140


2時過ぎに摩天楼が見えてきた。メルボルンである。

P1158141


P1158143


迎えるものもなく、旅のゴールを記録する。

小島夫妻とはアデレードのキャラバンパークで偶然出会った。今回のラリア旅計画を準備中の折、検索して見つけた自転車旅ブログ、「自転車ときどき世界一周」から使用機材やルート設定、物価や気候気温などの情報を参考にさせてもらってた。そしてそのブログに登場したのが小島夫妻だったわけで。

だからキャラバンパークで声をかけられたとき、こんな偶然があるとは、やっぱヨッシー持ってるわ~と確信した次第である。

教えられた住所を頼りに赴けば、そこは町一番の繁華街まっただ中。タワーマンションの50階での居候と相成った。

P1158144


P1158145


P1158146


高い!エアコン利いてて快適!一番驚いたのはエレベーターの速さと快適さ。1階から1分もかからず50階まで上がれるとはアナオソロし。

P1158147


P1158148


P1158150


さっそく街中をご夫婦と徘徊する。テニス全豪オープン真っ最中で、お祭り騒ぎ状態である。なんかワカラン屋台で飲み物ゲットしてそこに設置されてる大画面でテニス見る。

イチゴはええけどキュウリが刺さってるのはどうよ?

P1158151




さらに街中で偶然にも数日前にトーキーでライブしてた日本人ブルースシンガーと再会。演奏終わりにちょっと話した。

P1158153


P1158154


P1158155


晩ご飯はなんとなくアジア系がいいなと言うことでタイレストランへ。

そんなに高くない割に味がしっかりしてて良かった。ちなみに全部小島さんのゴチなので一銭も払ってないのだけれど。

P1158158


タワマンに帰ってきてから住民専用のラウンジに連れてってもらった。このときは他に誰もおらず貸し切り状態。

P1158156


窓からメルボルンが一望できる。キッチンやダイニング、専用のワインセラーもあってパーティにも対応している。夜景で一番明るいところは全豪オープンの会場。人も多いし一日中車は渋滞しているらしい。それ聞いただけであのへんには行かないことに決定。

IMG_20190517_130511_461


走行  60キロ

以上