2019年1月6日(日)    Port Campbell   ~ Lavers Hill レイバーズヒル

2日間の休養兼正月休み終了~。

P1067698


P1067699


P1067701


P1067702


グレートオーシャンと言うがごとく、海辺の道なのである。海辺と言えばタスマニアでも海沿いに回ったのであるが、未舗装が多かったのに加え、上り下りもガッツリあって予想外に大変な場合もあるから油断は出来ん。

P1067703


P1067704


P1067705


P1067706


P1067707


まあ見どころとしては断崖絶壁しかないのである。そしてそういう観光スポットが次々に現れるけれど、そんなに景色に変化があるわけでもなく「ああ、またこんな感じね」とか思うのであるけれど、見ないですっ飛ばすわけにもいかん。

P1067708


P1067709


P1067710


P1067712


まあ断崖に波が打ち寄せるダイナミックな様を見るのは好きなので問題はナッシング。

P1067715


ポートキャンベルのインフォメーションで知った帆船の難破はこの場所で起こったことのようで。やっと繋がった感じ。

P1067713


P1067714


近くにそのときの犠牲者のお墓もあった。

P1067716


二人の生還者。おお!また繋がった!!ビルさんのとこで見せてもらった古い映画で、この崖をよじ登って助かった船員と乗客の女性ってこのことやったんや。

P1067717


P1067718


ここは階段があって砂浜に降りれる。

P1067719


浜の最奥はなんだか鍾乳洞チック。

P1067720


P1067721


ここで難破船事故が起きたのであるなあ。

P1067722


P1067723


P1067724


たぶんやけどこの指先の辺りで難破事故が起きたと思われる。嵐で荒れ狂う海況の中、浅瀬に打ち上げられたら木っ端微塵やろう。想像するだにおっとろしい。

P1067725


P1067726


P1067729


P1067730


波の浸食で削られまくり、屏風のようになっている部分。写真は横からなのでわからんが。

P1067732


P1067733


P1067731


グレオシャでもっとも観光客が訪れる場所、Twelve Apostles と呼ばれる断崖絶壁。日本語で十二使徒とはキリストの弟子たちのこと。ここは駐車場もでかいけど、ちゃんとしたレストハウスにトイレや売店もあって観光地化の最前線的な感じ。人と車があふれていて騒々しいのは好かんけど、自転車は間を縫ってスイ~と入り込めるので良しとする。

P1067734


P1067735


P1067736


昼時ではあるけれど売店では高額なサンドイッチ類しか無いのでレストハウス横のベンチで自炊。何につけてもインスタントミーゴレンは貧乏旅行者の強い味方。日本人にも受ける味だと思うので、日本でも売っていて欲しい。

P1067737


P1067738


P1067739


P1067740


P1067742


独立した岩場が12個?あるから十二使徒の名がついたと思われる。

P1067744


P1067745


P1067747


整備された遊歩道は人であふれかえり。

P1067745


P1067747


安全のため?か、ボランティアスタッフが岩場の先端の展望台には常駐していて若者とかバカ者とかがはしゃぎすぎないように見張ってる。

P1067748


グレオシャ最大の見せ場であるTwelve Apostles 観光がサクッと済んだ。そして実はこの次には峠越えの洗礼がまっているのである。十二使徒だから洗礼か!

そしてマップアプリにも表示される Old Ocean Road 。経験上は旧道のほうが勾配が緩やかで自転車には走りやすいことが多いので、おおいに期待していたわけで。

しかしながら未舗装な上に砂が浮いてて走りにくい。これじゃあ楽できんので、100m走ったけどもとの舗装道路に戻った。誰やらの結婚式をやっているみたいなので、ぜひ飛び入り参加したかったが今回は見送ることとする。

P1067749


ビルさんを始め複数のラリア在住者が言うには、グレオシャロードは車が多いから危ないし人も多くて楽しくないからやめとけ!と言うことだったが今のところそんなことは感じていない。

確かに車は多いし道も狭いけれど、それはここだけの状況ではない。そもそも時速15~30キロ程度しか出ない自転車は、端から車に追い越される前提だからご心配なく、と言いたい。思えばアドバイスくれる人はチャリダーじゃ無いし、感覚にズレがあるのは当然である。ご心配いただくのは大変ありがたいことだけど、実際はそういうことなんである。

P1067750


P1067751


自転車押し上がること1時間半、峠らしき場所に出る。今日の目的地はもう少し先。そうそう。登ってるとき対向の乗用車が急にスピード落としてヨッシーに、「これってホントにグレートオーシャンロードなのか?」と聞いてきた。そやでー、と教えてあげたけど、明らかに「ホントかよー?」みたいな顔して走り去ったが、そりゃそうかもね。名前からしたら海岸沿いの道っぽいのにクネクネ峠道が続けば、道間違えたか?と不安になるやろう。特にメルボルン方面から来たらそうなるんじゃないかと思う。

P1067752


夕方頃、Lavers Hill レイバーズヒルに到着。もともと気温が低めな上に、ちょっとした高原町の様相でさらに空気が冷たい。

P1067753


交差点にあるホテル兼バー。この隣に町の集会所?的な建物があってその裏に屋根付きBBQテーブルと公衆トイレも発見。野宿スポットを見つけたのでまずはホテルのバーでビールタイム。

P1067754


P1067755


P1067756


山の上なのでビールも高い。いっそ地ビールを飲んでやろう。一杯800円もするけど。スチームトレインってやつが美味しかった。3杯も飲んで散財。

P1067757


P1077758


なんとか屋根下にテント張って就寝。

走行  56キロ

以上