2018年10月27日(土)    Cooper pedy 連泊@ Radeka Backpaker ラデカ バックパッカー

PA275545


デジャブではない。デブじゃ、でもない。玉子はワンパック12個入り(1ダース)なので精力的に食べないとイカン。さすがに玉子まで持って荒野に繰り出すのはまだやってないわけで。

PA275548


さあ、今日は宿を移動する。クーパーに来た目的の一つは、地下の宿に泊まるためでもある。ちゃんとしたホテルやモーテルは高いが、バックパッカーでドミトリーなら30ドル(2500円くらい)で泊まれる。ラデカは途中出会ったイギリス自転車旅野郎もオススメしていた宿。

キャンプ場からラデカまでは数百メートルしかないのであわてる必要はない。

PA275549


まだ11時なので掃除が出来てない、13時に来てくれとマネージャーのおっさんに言われた。これは至極当然。

PA275550


荷物置き場に自転車置いても良いよ、とはありがたい。

PA275551


PA275552


今まで徒歩やら自転車やらでやってきた旅人の寄せ書き?みたいなんもあった。日本人もまあまあおる。

PA275553


リアカーさちえは新聞に載っただけあって別格扱い。だいぶ前みたいやけど。

PA275554


建物外のベンチで休んでたら、まだ早いけど自分のベッド取りに行ってええよと許可が出た。

PA275555


おー、いよいよや。ひんやりしててちょっとほこりっぽい。

PA275556


地下は飲んだらあかん。これは今のルールなのか、それとも鉱山のルールをここに表示しているだけなのか?まあ地下では飲まんけども。

PA275557


PA275558


なんか暗い。暗すぎる。当たり前やけど。

PA275559


4人部屋は35ドル。この部屋ではない。

PA275561


こっちの21人部屋が30ドルのほう。当たり前やけどまだ客はいないので選び放題。

PA275562


PA275563


PA275564


やりたかったのはテントやグランドシート類の洗濯。風の強い日のキャンプが続いたので赤土をかぶりまくってたわけで。干し場が室内なのも良い。外だとまたホコリっぽくなるから。

PA275565


PA275566


PA275567


酒屋もスーパーも徒歩圏内になったので買い物にでかけてわかったが、ラデカの隣が地下教会やった。

PA275568


ここで懺悔するのか?

PA275569


アーメン。

PA275570


郵便局の隣が酒屋。

PA275571


昼飯自炊はインスタントのミーゴレン。やっぱしヨッシーは、というか日本人は辛い物が好きよねえ。ついつい普通味のを避けてアジアン系のほうに手が出る。

未舗装路を4日かけて走ったときもミーゴレンを食べてたけども、水の補給が難しいのに辛い物を食ってる自分に気がついてからは普通味のにしてみたたわけで。

しかしやっぱし味気ないので再びミーゴレンへカムバック!これでいいのだ。

PA275572


朝から曇ってるなあ~と思ってたらとうとう降ってきた。せっかく地下に泊まるのだから、できるだけ蒸し暑いカンカン照りの日にしたかったのに。そのためにキャラバンパークに2泊して調整したのに。まさかの雨。しかもかなり肌寒い。

PA275573


時間はあるので自転車整備など。マーラで気がついた後ろブレーキの不調をなんとかしたい。ブレーキパッド交換でもパッドのバネ調整でも直らない。若干後ろリムが振れているので思い切ってスポークを調整してみるがそれでも直らない。難しいのう。ただし走れないわけではないのでおいおいやっつけようと思う。ポートオーガスタまで行けば自転車屋もあるみたいやし。

PA275574


PA275575


さすがはバックパッカー。鍋もフライパンも皿もなんでもそろっている。ポークステーキで夜ご飯。

地下空間は電波がないので、結局地上のテレビルームで寝るまでの時間を過ごすわけで。なんじゃ結局夜寝るだけじゃん!あんまり意味無かったかも。

走行  1.3キロ

以上