2018年9月11日(火)   Barkly Hommsted road house ~ Frewena rest area

P9114149


出発の朝、まずボトルを水で満たす。このロードハウスまでは260キロ無給水地帯だったので15リッターを持ち運んだ。次は180キロ無給水なので15はいらんかもしれんが保険のつもりで満タン給水。

この180キロは60キロを3日に分けて走る予定でいる。無理したら90キロを2日で走破できるがそんなオモンナイことはしないのがヨッシーの旅の信条。

ときどき勘違いしてるやつが、そんな楽したらだめでしょう~、とか、休み過ぎじゃない?とか言う輩がおるけど、あんたの基準で旅してないからね!と言いたい。それはあんたがラリアを自転車旅するときにそうしなさい。

P9114152


次の目標地点はThree ways という三叉路。ここまでいけばロードハウスがあってキャンプ場もある。

タウンズビルからこっち、西へ西へと一直線のハイウェイを走ってきたのだが、最終の突き当たりがこの場所になる。今まで会ったラリア人が冗談で、まーーーーーーすぐ行って突き当たりを右に行けばダーウィン、左はアリススプリングスよ!と道案内してくれるその場所こそが Three ways である。まーーーっすぐってのがすぐそこじゃなくて、1500キロ先のことだったりするのがオチなんだが。

P9114153


キャンプキッチンで作った氷のボトルが大活躍。

P9114154


飲めば減る。しかし冷たいものは身体を癒す。ジョナサンは、冷たいものを飲むと余計に疲れるよ、とか、じいさんみたいなことを言うけど知らんもんね。

P9114155


P9114156


たった60キロの移動だからいつもよりゆっくりと出発したが昼過ぎに泊地予定のレストエリアにとうちゃこ。そこで待ちわびていたのはジョナサンやった。ずいぶん遅かったジャン!と攻められつつも再会を喜ぶ。またソーラーパネル貸してやったり。

ジョナサンはここに来るまでのランチ場所にフラッシュライトの忘れ物をしたそうで、片道10キロのところなそうな。歩いては無理だから、自転車かしてやった。

P9114160


それでも往復20キロはすでに疲れてる彼にはきついやろうけど。

P9114162


P9114163


ジョナサンが旅立ってすぐにキャンピングトレーラーの夫婦が来て、凍ったのと冷たいペットボトルとをくれた。

P9114164


さらに車で立ち去る際に、助手席の奥さんから冷凍マンゴーの差し入れも!!めっちゃうれしい!

P9114165


ジョナサンにもあげるけど、まずはフライングしていただく。凍っているのよりちょっと溶けたのが美味しいな。

1時間ほどでジョナサンは帰ってきた。それから夕方5時まで日陰の蚊帳の中で横になってアレコレ喋って楽しかったなあ。マンガやアニメの話しになったらジョナサン夢中になって、ナルトやワンピースが好きで、ドラゴンボールは全部読んでる。最近のお気に入りはナントカ オブ タイタンってやつや。日本名が出てこないのでストーリーを聞いたらすぐわかった。

「ジョナサン、それは進撃の巨人やろ」

「そうそうそうそう!」

あと、好きな映画はカラテキッドだそうで、日本人の空手師範ミスターミヤギがお気に入りらしい。ヨッシーは友達のラリア人ステフから、ミスターミヤギに似てる、と言われてるのでジョナサンにも、

「Wax on , Wax off 」と手の動き入りでやってあげたらチョー喜んでたし。

P9114168


日差しのゆるんだ5時になったらジョナサンは再出発していった。これからさらに15キロ歩いて、ノルマの50キロを消化するためである。

P9114169


ヨッシーは屋根のあるレストエリアで泊まるのだ。初めてパスタを作ってみた。残り物の米も一緒に炊いて、パスタソースっぽいのをかけたのだがこれがイマイチの味。よくある薬っぽい味がするやつやった。しかもパッケージの写真にはミートボールが写ってるのに、肉もなんにもなくてソースだけやったという。ガッカリポンや。



夕日がきれいなのと人がいないのでドローンを飛ばしてみる。

走行 55キロ

以上