2018年9月10日(月)   Barkly Hommsted road house バークリーホームステッド ロードハウス 連泊

P9104130


気持ちの良い朝。隣でキャンプしてたカップルの女の子と話したら、自転車旅って凄すぎると感動してござる。北欧風の顔立ちはかわいらしく、さとう珠緒の雰囲気がある。彼氏はなんだか不機嫌そう。

P9104131


P9104132


どうしても卵料理が食いたくなって高いけど食堂へ。孤立地帯で欲しいものを手に入れるには、金の力に頼るのが一番。

P9104133


スクランブルエッグのせトースト。14ドル50セント。1100円くらいか?

P9104134


P9104135


10時頃にジョナサンとうちゃこ。

P9104136


P9104138


道ばたでできなかった話しなどをあれこれする。3つの方法(徒歩、自転車、ヨット)で旅するのはチャリティのためなのかと聞くと、そうじゃなくて自分のチャレンジのためだという。メルボルンからのヨットはすでに準備してあるのかと思えば、それはまだこれからで、スポンサーもさがさんといかんとか言うてるし。まあでも23歳の若者ならこんなものか。

とにかく迷うより一歩を前に進めていることをエライと思うよ君は。

ジョナサンはここでは止まらず先を急ぐという。じゃあまた明日追いつくからねえ~と言い交わして彼を見送った。

P9104140


昼飯はミーゴレンの即席麺。これが辛い目でなかなかイケル。

P9104141


P9104142


午後はメンテナンス。一本だけ穴あきのままのチューブがあったのでパッチを当てる。もうこれで最後になってほしい。

さらに今回持ち込んだ整備の新兵器、チェーンクリーナーを試すときが来た。これは初めてなので動画で撮ってみた。

動画予定

ほんとうは専用洗剤を使用するのだが持ってないためお湯でやってみたがそこそこ汚れが落ちたので良しとしよう。

P9104143


またしてもプールに入るが昨日より遅い時間やったので余計に寒い。5分で終了。

P9104144


のちにハッピーアワー。さっきテントサイトでちょっと喋ったバイク旅の人もあとから合流する。メルボルンからほぼラリア一周の予定で、すでにここで3分の2くらいは終わっているとのこと。

目医者だという。歯医者と目医者は医者にあらず、とかいう日本のことわざ?があるけどそのことは言わずに置いた。どう言うかわからんし。

ヨッシーもまた明日からビールが飲めないし(買えない)、ハッピーアワーの間に3本飲んでさらに目医者のジェフが一本おごってくれた。まあまあ堪能したな。

P9104145


君に幸あれ。

P9104146


また似たようなモン作って食べる。

走行 0キロ

以上