2018年6月9日(土)

P6092818


P6092819


必要があって鉄板をもらいに板金職人の工場へ。言わずとしれた、今年の1月2月に手伝ってたところ。

ついでに気になってたラーメン店、必死のパッチ製麺所に行ってみた。名前がおちゃらけているが調べたらなかなかヤルらしい。

基本のアゴだしとんこつ味。なかなか濃い系なのでヨッシー好み。

2018年6月10日(日)

P6102820


P6102821


いよいよ部品類がそろったのでホイールの組み立てを。後輪はこないだ終わってるので今度は前輪。やりかたは同じなので作業をズンズン進めるだけ。

P6102822


P6102823


P6102824


あっという間に形になった。ホイールの組み立ては自転車乗りにとっていつかチャレンジしたいけどハードルはかなり高い、と言われている。ヨッシーは後輪に続きたかだか2回目の前輪ホイール組みなのであるが、作業自体はそんなに驚くほど難易ではないと見切った。たった2回で見切った。

ではなにが難しいのか?というと、スポークの長さ選びなんである。今は便利になっちゃって、ネットで探せば危篤な人が作った計算式のwebサイトがあるのだ。リムの直径やらハブのサイズなど指定されたデータを打ち込めば使うスポークの長さが出てくる。

ヨッシーも2サイトくらいを参考にさせてもらったが、困ったことに計算結果がまるで違っていた。どっちを信ずるか迷ったが、結果は外れで全く短いものを買ってしまい再度注文することになったり。初めてだからしゃあないな。

つまりはスポーク長さえちゃんと出せれば、後の組み立てはどうってことないのである。(個人の感想)

P6102825


P6102826


P6102827


すべてのスポークが刺さったら、あとは根本のニップルを回して締め込んでいく。

振れ取り台がまた大活躍。後輪は5時間かかったが、前輪は3時間で完成。

2018年6月13日(水)

P6132835


P6132836


P6132837


新調したドイツ製フロントバックを取り付け、前後のホイールもセットしてとりあえず走れる形になったわい。
P6132838


前後のサイドバックも取り付けたらこんな感じ。なかなかかっこよかろう!

2018年6月14日(木)

P6142839


組み立て終わった流星号を試走に出す。向かうは伊丹市の運転免許センターじゃ。この免許更新があるから今年はどこも行かずに家でいたわけで。

P6142840


そしてこないだの必死のパッチ製麺所が近いので再訪。今回はつけ麺にした。ウニ入りにしたけど麺の上にトッピングしてるのをどうしたらええのかわからず、海苔ごとぱくっと食べてしまった。

てっきり付け出汁にもウニが溶けてるものと思いこんでたがサニアラズ。結局ウニテイストは最初の一瞬で終わり、あとは普通のつけ麺を食ったのと同じになった。トホホ。

P6142841


5年ごとじゃなく10年ごとにならんのか?メンドクサー。なにが嫌やって大型免許保持者には深視力検査ってのがあるのだ。視力検査の機械を覗いてCを見るのは一緒なのだが、検査官は続けてガチャンと音させて深視力の画面に切り替える。のぞき穴は一緒なのに見ている画面が切り替わるのはどういう仕組みなのかといつも思う。

三本の棒が平行に立っていて、真ん中の棒だけ前後に動く。左右のヤツとそろったときにボタンを押すのだがヨッシーはこれが全く得意でない。というか得意なやつおるんか?検査の意味がワカラン。これが意味ある検査なら普通免許でも原付でも実施せえよ。なんで大型だけ?意味ないんやったら辞めてまえよ。といつも思っているけど口には出さない。

今回の検査官はようしゃべるヤツやったから、棒が動き出すときには、「はい動きまーす」とか言うし、タイミングがずれたら、「ちょっと早いですよ~」とか言いよるから勘を働かせやすかった。

3回連続で上手く止めたら合格。ヨッシーは6回くらいやる中で合格。「さすがですね~。ぴったり止まりましたね~」とかわけわからんおべんちゃらみたいなこと言うてるけど3回は失敗しとるっつうの。

5年後の更新時には深視力が無くなってますように。

以上