2018年5月30日(水)

そもそも自転車は単なる道具なのでそんなに思い入れがあるわけではない。日本製がどうとかアメリカ製はどうとか、そういう知識はほぼ皆無なのである。

しかし旅の相棒としては今のところ自転車がナンバーワンだと思っている。遅すぎず早すぎない、騒音も出さない、バイクや車に比べて安価だし、タイヤやブレーキ関連の消耗部品だってたいした価格ではない。

ヨッシーも若い頃はバイクに乗って北海道や九州を走り回ったクチなのだが、いまは改造して騒音出しまくってるライダーが散見されて閉口している。自転車なら聞こえる虫の声、川のせせらぎ、揺れる木々のザワワ。そういうものをバリバリドコドコとかき消すアホウどもが多すぎるんである。カッコエエと思ってるのか?道行く人が眉をひそめてるのがわからんのやろうか?

脱線しかけたけどここで元に戻る。

流星号に替わる自転車をどうしようか模索していたけれど、やはりこれからも流星号を継続して使って行くことに腹をくくった。そこで経年劣化等で不安な部品を刷新するのが最近の課題。

もっとも手がかかるのが前後ホイールの交換なのだが、方法は2通りある。すでに車輪の形になっている完組みホイールというものを買う方法は、簡単なのだが流星号に合うものがなかなか見つからない。もちろんアマゾン、楽天、ヤフオクを何ヶ月にもわたって検索した結果なのだ。

2つめは手組みと言われる、リム、スポーク、ハブをバラバラに買って自分で車輪の形に仕上げる高等技術のいる方法。自転車メンテナンスの最高峰とも言われる。

先日家の近くの自転車リサイクル部品店を冷やかしに行った際、偶然出会ったライノライトというリムが、新品価格の10分の1にあたる980円で手に入ったのがきっかけで手組みを決意した。ライノライトは長期に旅をする自転車野郎たちがそろって推挙する信頼高い逸品なのである。

P5302744


P5302745


中古品なので自分の希望通りではないのであり、タイヤチューブのバルブ(空気の入れ口のこと)を出す穴がフレンチタイプと言って小さめなのだ。ヨッシーは米式というママチャリなんかに使われている太いタイプが好みなのでドリルでそーっと穴を広げる。

ちなみにこんな乱暴なことをやっても大丈夫かどうかなんてヨッシーは知らない。勘と経験で良しとする気風なのだよヨッシーは。

P5302746


今回も教えてくれるのはwebサイトで見つけた知らない人のブログ。なんでも教えてくれるから重宝やわ~。そのリンク。

http://pinehead.at.webry.info/200807/article_4.html

P5302747


P5302749


よし、やってみよう。一つおきにハブの穴にスポークを通していく。

P5302750


通したスポークをいよいよリムに取り付けてゆく。穴3つ飛ばして4つめごとに。

P5302751


こんどはホイールを裏返しにして同じ事をする。

P5302752


やっほう!簡単やん!

P5302753


ここからが難しい。webを何回も確認しながら進めていく。今まで刺したのとクロスさせねばならん。

P5302754


やり始めて意味が理解できたらあとは簡単。いちおう流星号のホイールも参考にしながら作業した。

まだまだ出来上がりではない。ここからが正念場。ホイールにゆがみが出ないようにしながらスポークの根本のニップルというネジを締め込んでいく。

P5302755


振れ取り台というものも持っていたので今回手組みにチャレンジできたということもある。

P5302756


すべての作業開始から3時間でなんとか形になった。参考にしたブログの人は7時間かかったと言うから覚悟していたけど半分以下でできたら上出来やわ。これでもうヨッシーは自転車屋も開けるかも?仕事したくないからヤランけど。

次は前輪の組み立てやけど、ハブやスポークはまだ注文してないのでまだこれからのこと。万一後輪が組み立てられなかったら手組みをあきらめる可能性もあったので、リスク回避で一つずつ進めているのである。

以上