2018年5月25日(金)

P5252716


とうとう手を出してしまったオルトリーブ。存在は知っていた自転車用サイドバッグでドイツ製の高級品なのだ。

いままで使ってたサイドバッグは、流星号(ジャイアント グレートジャーニー)に最初から付属していたのを使用していた。購入してから15年間、大きな破損は無かったもののほつれを縫い直して活躍してくれたのだ。

日本自転車ぐるぐる旅のモットーとしては、雨の日は走らない、と決めていたので防水でなくても問題は感じなかった。

しかしこれからは海外も視野に入れることになる。次の町まで100キロ荒野とかが当たり前になったら、雨降ってきたから今日はやめ~、とかできないのである。それでとうとうオルトリーブに手を出したわけで。後部の左右がセットで2万5千円もするし、一緒に新調した防水フロントバッグも1万4千円もする。合わせて4万円近い買い物は、アマゾンでクリックを8回くらいはためらったわ。

以上