2018年4月16日(水)

トッキーとか他にも食べ物好きの仲間が、世界一旨いという噂のチャンポン屋に行け!と言う指令を発するので原チャリの威力を借りて一日ツーリングに出かけた。片道距離は約100キロ。11時半頃にお店に着くように、8時半にハーバーを出発。

P4162168


大矢野島から2号橋~5号橋を渡り、ひたすら走る。

20180416_092654


この道も牛深まで行くときに自転車旅で通った場所。たまに覚えのある景色に出会う。

20180416_103742


本渡に渡り、出発から2時間ちょっとで鬼池港まで来た。ここからは島原半島の口之津港までフェリーがあって、以外と長崎とかが近いのだ。今日は乗らずに天草下島の北のはずれ、苓北の富岡まで行く。

20180416_112447


11時半に富岡のチャンポン屋、明月に到着。旅アルアルで、遠路来たら休みという。しかしヨッシーにはもう慣れっこなのさっ!

P4162172


20180416_113144


がっくりだけどすぐ近くの食堂もチャンポンやってるし、チャンポン第何番札所とか書いてあるので入店。大盛りチャンポンは600円也。至って普通の味。

P4162183


丘の上の富岡城址へ。なんか有名な人たちがいてはる。

P4162186


P4162187


P4162189


無料なのでビジターセンターへ。シアターでは3Dが見れた。魚が飛び出して泳いでたりして。

P4162191


明月のある富岡港が見える。

P4162195


P4162199


さらに半島の北のはずれにある灯台へ。ちっさい灯台やけど、この沖合をヨット流星号で走ったので、海の方からもここの景色を見たということ。

P4162200


P4162201


そこいらじゅうでツツジが咲きまくっている。

P4162205


帰りは下島の西側を走ろう。思いでの崎津も訪れたいし。

P4162206


原チャリなので自転車旅の時には来られなかった場所にも積極的に行ってみた。

P4162207


西側の海は東シナ海なのだ。

P4162208


P4162209


寄り道して山の上まで行ってみる。幹線道から30分近くかかった。道も悪いしやや後悔した。

P4162210


P4162212


P4162214


P4162215


山から下りる途中に枝道に入って崎津を目指したが、何回も迷ったかな?と思いながらやっと到着。

P4162217


天主堂を訪れるのは3回目。はじめは自転車旅、2回目はヨット旅、3回目は原チャリ。

P4162218


P4162219


前にはなかった無料の資料館ができてた。みなと屋という旅館の跡を改装したんだとか。隠れキリシタンの歴史とか。世界遺産登録を目指して整備されたんじゃろう。

P4162220


たしかこのあたりの船に横抱きさせてもらったと思う。

P4162225


日暮れ直前に戻ってきて腹が減ったのでまたもたキッチンポットへ。唐揚げ定食880円。安定の味。

capture_04


以上