2018年3月23日(金)

P3231977


おはよう。野宿の朝は早いで。明るくなったら撤収して走り出す。

P3231981


すぐのところにあったファミマで朝ご飯してたら目の前が空軍基地やった事に気づく。

P3231982


淡水の通勤ラッシュの後は台中のラッシュ。おねいさんが段差を利用して足をついておられる。

P3231983


この角度に萌えるなあ~。同じ道を戻るのは絶対いややけど、台中市内を通り抜けるのもかなりのストレスやった。信号多いしもちろんスクーターも多い。

通勤シグナルグランプリを動画で見よ!



P3231984


人身部品!そんなん売ってるなら鉄郎は999に乗らんでも台湾にこれば良かったに~。

P3231988


お昼は通りかかった自助餐のお店。

P3231986


P3231985


あれこれ取って100元やった。安くてお腹いっぱい。助かるわ~。

食べてたらお店のおじさん?が帰ってきてあれこれ話しかけてくれる。ジャパニーズだとかリーベンレン(中国語)だとか伝えてもわからんかったのに、たまたまつぶやいた「日本」って言葉で、おおお~ニホンジン!と抜群の反応。地図を見せて高雄からこやって回ってあと少しなんや、みたいに話したら納得してくれた。

P3231989


P3231990


食事の後お店の写真を撮ってたらおばさんと2人して俺たちを撮れ!と出てきてくれたひょうきんおじさんサイコーや。

P3231991


P3231992


P3231993


P3231994


今日は暑いから風の通る廟がいい休憩スポット。水もくませてもらえてお菓子も食べろと勧めてもらえた。

P3231995


P3231996


お!がちょう?発見。おまえら食べられるとも知らんで暢気なもんやで。

今日の宿は嘉義の駅前当たりの繁華街。野宿開けなのでシャワーがしたい。ブッコムで予約したけど安いホステルは満室になってたので仕方なく取ったホテル。行ってみたら怪しげな連れ込み風。やり手婆みたいな末成由美風が出迎えてくれた。 英語ではYongxing Inn 、看板は永興大旅社。700元。

一応個室やしシャワーもトイレもついているがかなりくたびれている。シャワーを浴びて町に出る。

P3231997


P3231998


嘉義ってだいぶんと繁華街やなあ。観光客も多いみたい。

P3231999


うろついた結果にフードコートみたいなお店に入った。レジでお兄さんに何か言われたとき、なんて?とつい日本語で返事したら隣にいた若い女の子のお客さんが日本語で注文を助けてくれた。

P3232000


P3232001


ラーメンとカツ丼を注文したのだが、え?2つも食べるのですか?と女の子に突っ込まれてしまった。確かに他のお客さんは一人に一つずつ食べているけれど。2つで240元。

P3232004


ビール飲んでテレビ見て寝る。

118キロ走行

capture_16


以上