2017年10月11日(水)

明明後日から天気が崩れる。台風も来てるから雨が長引けばまたしてもどこかで長期待機となる可能性大なのだ。

白川郷の後はもう家を目指して帰るだけモードに決定。早起きして道の駅を出発。国道156号線でとにかく岐阜方面を目指す。

PA110077


天生峠を越えたばっかしやけど、こんどは白川郷から次の分水嶺に向けてまた坂道を上がる。

PA110079


PA110080


一つめの鳩谷ダムめがけて急坂を押し歩く。

PA110082


PA110083


細くて長いダム管理用の橋。もちろん関係者以外使えないが、看板の読むと必要があれば鍵貸すよ、的な読み方もできるで。借りへんけど。渡らんけど。

PA110084


PA110085


シッタカ橋。これは同級生の松岡たかしくんの橋やろうか?さらにこの谷の名前もシッタカ谷やった。知ったかぶりのたかし君。元気やろうか?

PA110086


PA110087


道の駅飛騨白山を下見。温泉施設の隣やし、軒下も広い。

PA110088


PA110089


足湯もコンコンと湯が落ちているので24時間利用可なのかも。

PA110091


PA110092


2つめの御母衣(みぼろ)ダムが見えてきた。キョーレツな激坂で踏ん張る靴が脱げそうなくらいや。

PA110093


PA110094


PA110095


PA110098


PA110099


登り甲斐があったわ~。

PA110100


またダム湖沿いの道。ほぼ平行移動なので楽。後ろから喋る声が近づくので振り向くと、昨日天生峠をガシガシ登ってた外人カップルチャリダーやった。

一旦追い越されたがお兄さんが戻ってきてちょこっと会話。どこまで行くのか聞いたら、「グホーまで」と言う。グホー?どこやねんそれ?

岐阜か?ちがうグホー。グーグルマップで確認したら、GUJOのところを指さしとる。あー、郡上ね。そうそう、グホー。

どこの国の人か聞かんかったけどJOをホーと発音するのは何語?スペイン語?

PA110105


荘川にもODSSのブランチオフィスがあるのか。

PA110106


ここから本格的に峠越え。グホーが耳から離れず、たまにグホーとつぶやきながら進む。

しかし急坂はいっこうに現れず、ぐるぐるペダル回してたらシランうちにひるがの高原着。

PA110109


PA110110


スキー場レストランは夏も営業中。カレーうどんくらいしか食べるもんないけど。

PA110111


PA110112


分水嶺公園。

PA110113


PA110114


PA110115


まさにこの場所から太平洋と日本海に水が別れて流れゆく。しかし「永久に別れて・・・」、という記述は大げさすぎる気がする。海はつながっとるからいつかは出会うわけで。ちゃんとヨットでつながってることは確認済みやで。

PA110119


PA110120


お楽しみの下り坂タイム。バンバン走って道の駅古今伝授の里やまとに到着。坂道越えながらの74キロ走行はなかなかキツイで。

PA110121


PA110122


ネットで見たとおり、無料の足湯が立派な建屋の中にある。これは冬でも雪でも楽しめる工夫やろうか。そのすぐ横には立派な軒先とベンチも完備。

PA110125


PA110126


PA110127


PA110128


温泉入ってレストランでビール、飯、風呂、寝る!

以上