ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月からオーストラリア自転車旅開始。

2018年12月

ハンパ無い

2018年11月25日(日)    Meningie ~  Salt Creek

PB256418


PB256419


フランとジャニスのところで雨宿りさせてもらったあとに、やっとキレイな晴れ間のある朝になった感じ。

PB256420


このように、地べたでキャンプしていると平らな場所が無い。板を置いて小石とかを挟んで水平を出しておけばいつでも安心してコップや皿が置けるのである。この安心感はハンパ無い。

PB256421


Coopers Sparkling Ale の美味しさ安定感もハンパ無い。

PB256424


PB256425


海のそばに湖が点在している国立公園地帯なので、ちょいちょいキャンプサイトがあったるする。しかし事前予約が必要な有料サイトなのである。

PB256426


PB256427


なになに?車やボートで来た人たちは8人まで15ドル。サイクリストは一人でも9ドル。差別や!車文化ハンパ無い!これだからこういう場所に泊まりたくないのだわ。

PB256428


休憩場所でもないみたいやけど風よけになるから早めのランチにする。

PB256429


ミーゴレン作りながら半乾きのテントも干す。

PB256430


PB256431


PB256432


いちおう湖だけどきっと汽水湖だと思う。試しに味見しに行ってみた。

PB256433


しょっぱさハンパ無い!

PB256434


PB256435


さて、メニンギーから先は無補給地帯に近い。ここのロードハウスを頼りに来たわけで。ビールの一杯も飲みたいし。

PB256436


えーー、営業終了中。再開未定。途方に暮れてたら片付けに来てた元オーナー?っぽいおじさんが、泊まるなら裏にテント張ればいいぞ、水道から水汲んでも良いしと言ってくれた。ただしトイレは釘で打ち付けてあって使用不可。

PB256439


風を避けれる良い場所をゲットン。

PB256440


スパムご飯。

PB256442


あとで確認したら、メニンギーからキングストンまでの145キロはトイレもガソリンも無いよ、ということらしい。

走行  60キロ

以上

柔道一直線!

2018年11月24日(土)    Frank Pott  ~ Meningie メニンギー

水道はなかったがトイレとゴミ箱はあったし気持ちの良いキャンプ地やった。

PB246393


えっと、この道を走ったわけではないけど写真だけ撮ってみた。

PB246394


ジャニスに教えられてやってきたウェリントンの渡し船。こっちを通った方が近道なんだそうで。

PB246395


24時間利用可能とは太っ腹。安治川の渡しも24時間やったっけ?

PB246396


おっちゃんが一人で運行している模様。

PB246397


PB246398


ちなみに船は川の両側にワイヤーで留められており、船のウインチを巻き上げることで進む仕組み。

PB246399


PB246399


PB246400


ミニンギー経由でキングストンへ。

PB246401


お!距離表示看板がずっと右側車線側にあったのに、左側になってる!やっと貧乏性の南オーストラリア州も両側設置に踏み切ったか?

PB246402


いや、左右が入れ替わっただけでやっぱし兼用看板やった。貧乏性は続くよ。

PB246403


ウェルカムしてくれてる。

PB246404


PB246405


曇ってて今一ワカラン。ピンクに見えないこともない微妙さよ。

PB246408


PB246409


こんどは違う湖。ペリカンがいるやん!しかも大量に。

PB246410


メニンギーはちょっとした町。スーパーも酒屋もある。街中で泊まらず買い物だけしてさらに5キロほど走ったレストエリアと表示のあった場所へ進む。

PB246411


えーっと、ただの空き地でした。誰もこなさそうだし独り占めしますか。

PB246412


PB246413


なんか動いてると思ったら山嵐やん!近づいても特に逃げようともしない。鉄壁の守りに自信ありって感じやな。こちらも手出しはしないので、これからもつかず離れずの関係で行こうぜ。ところで山嵐と聞くと柔道一直線を思い出す。たしか名古屋章が演じてた柔道家がヤマアラシと呼ばれてたのではないのか?わからんけど。

PB246415


大きさがわかりにくいがロングネックという大瓶。大3本と小瓶6本が同じ容量やけど大で買う方がちょっとだけ安い。

PB246416


今日は豚が安かった。これで5ドル(430円)。ガーリックソルトで美味しくいただく。

走行  82キロ

以上

ラリア初水泳の記録は?

2018年11月23日(金)    Port Eriot  ~ Frank Pott

運命の朝が来た。5時半に起きて6時前に家を出る。フランは肩を痛めているから今日は泳がない。ジャニスと一緒に車で浜まで出発。

PB236351


一緒に泳ぐ仲間がたくさんいると聞かされてたとおり、早朝から水着姿のおばちゃん?おばあちゃん?が多数いてらっさる。

PB236352


ここまで来たら泳ぐしかない。

PB236353


PB236354


最高齢の85歳のおばあちゃんを紹介される。パワフルやわ~。

PB236355


さあ!!

今日は波が少し高い。背の立つ範囲で肩まで浸かったが激冷たやんか!少しなれれば大丈夫かとその場でじっとして待つが、肺が苦しくて呼吸がままならない。これでは沖合50mのポンツーンにたどり着く前にお陀仏や。入水2分でヨッシーの海水浴は終了。先に上がらせてもらう。

ジャニスはホイホイ泳いでいってしまった。強いわ~~。戦争負けるはずやわ。

海岸のシャワーは水だけ。それでも暖かく感じるほど海は冷たかった。フランが持たせてくれたペットボトルのお湯で暖まり着替え完了。

PB236356


恐るべし、おばあちゃんたち。ヨッシーの熱湯コマーシャル寒中スイミング記録は2分。

PB236357


手作りのパンをいただいてから帰宅。二人は今日も庭仕事。ヨッシーは出発準備。

PB236360


ジャニスは道担当。教えてもらったバイパス道路に来てみたら地道やった。雨上がりなので特に避けたい。結局来た道戻って国道で行く。

PB236361


PB236362


PB236363


すぐにGoolwaの町に入る。スーパーが開いてたのでちょっと買い物。

PB236364


途中のレストエリアで早めの昼ご飯。

PB236365


PB236366


もらったパンを生かしたサンドイッチ風。

PB236367


まずはMilang ミランを目指す。

PB236368


PB236369


PB236371


PB236372


綺麗な公園で休憩。スプリンクラーを探したが見つからない。巧妙に隠されている。

PB236374


150歳の町。

PB236375


PB236376


なんで Brothers in arms なんや?この地に関係あるのか?

PB236377


PB236378


さて3時過ぎに今日の泊地、Frank Pott にとうちゃこ。レストエリアだけどトイレもあって使用料は寄付する仕組み。でっかい貯金箱に投げ込む。

PB236379


PB236380


やっと風が落ち着き、平静を取り戻し始めた午後、ってかんじ。

PB236381


ワインもあるし。

PB236382


PB236383


ハムステーキもあるし。

PB236384


暗くなってからそばの木で何かが鳴いている。あれ!!これってもしかして!!コ ア ラ?

PB236386


PB236387


いや違うな。顔が長いぞ。

PB236389




お休み。

走行  70キロ

以上


一宿一飯の

2018年11月22日(木)    Port Eriot ホストのお家連泊

ホストのフランとジャニスは64歳。そんなの感じさせないくらい精力的。キャンプトレーラー引っ張って四駆で荒野を旅するし、2人してバイクを乗り回す。1エーカーあるという敷地ではガーデニングもやりたい放題。今日は庭の大きくなりすぎた木を切り倒すんだとか。

PB226332


PB226333


しかし1エーカーってどれくらいかわからん。第一「エーカー」なんて単位はシャーロックホームズで出てきたくらいで普段使わんもん。

PB226334


PB226335


PB226336


おまけに石造りの建物は100歳で、もとは駅長さんの家だったそうで歴史的な建造物なのだ。

PB226337


PB226338


PB226339


今日も風が強いし雨が降ったり止んだりの予報なので、2人にたのんでもう一泊させてもらう。そして伐採作業の手伝いをかってでる。

PB226340


PB226341


彼女らの友達も手伝いにやってきた。普段も仕事として木を切ったりしているそうで、プロがいれば心強い。


PB226342


PB226343


ヨッシーは葉っぱのついた枝をチッパーと言う粉々にする機械で粉砕する係。慣れてくると長い木や短いのを入れる順番や葉のほうから入れたり逆にしたりと工夫がされてきてはかどるはかどる。

午前中にほぼ作業は終わった。

PB226344


二人の持っているキャンプトレーラーはコンパクトでデザインも良く、道々でもよく出会って気になってた存在。ちょっと中を覗かせてもらう。

PB226345


PB226346


本体の天井は低いがここはベッドルーム。尻のほうのゲートを降ろしたらそれがリビングの床になり、跳ね上げたドアから三方にテントを広げればリビングになる。重量は850キロ。軽いし床が高いのでダートやでこぼこ道でもへっちゃらなのだ。それであるのに冷蔵庫もシャワーもキッチンも備えている。

PB226347


お昼は一人で近所のレストランへ。チーズバーガー20ドル。

PB226348


チェーン洗いを実行。これで4回目?くらいかな。だんだんコツがわかってきた。ピッカピカ~~!

PB226349


PB226350


夜ご飯もゴチになる。フランは料理担当。ボリュームたっぷり、メッサうみゃい!

二人は毎朝海で泳ぐのを日課にしている。明日一緒に泳ぐかい?と聞かれ、気温も低いし気乗りはしないが考えたらラリアに来てからまだ海で泳いでいない。この際いいっとく~~?

走行  0キロ

以上





台風ドライブ??

2018年11月21日(水)    Cape Jervis  ~ Port Eriot ホストのお家

いつものように6時頃起きて空を見ると今にも降り出しそうな気配。急いで身に回りの物をキャンプキッチンの中に移動させ、テント類も撤収して安全地帯に逃げ込むと同時に雨と風の二重奏が始まる。

うへ~。寒いし雨やし困ったなあ。28ドルのキャラバンパークに連泊したくないし。10時過ぎまで待った結果、ちょこっと小雨になったタイミングで岬をあとにする。

PB216316


まだ強風だけど、幸い追い風方向。

PB216317




カッパを本格的に着なければならんくらいの雨と風。

PB216319


PB216320


降ったり止んだりの中、30分自転車を押して激坂を登り切り、三叉路まで戻ってくることができた。ガソリンスタンドの売店でパイとソーセージロールで腹ごしらえしておく。

今日は遅い出発となったが、予報を見るとこれから3日間くらい悪天候が続く見通しなので、安全地帯まで逃げ延びることにした。ナントカ一日でたどりつけそうなWarm Showersのホストに連絡がついた。

PB216322


まずはビクターハーバーまで走らねばならんが、尾根道っぽいルートを通るアップダウンの道が続く。左右には植林された森林地帯。

PB216324


たまに晴れ間が来たときに写真撮るから伝わらないけど、横殴りの風と雨で真っ直ぐ走れない状態だとお伝えしておく。

途中見つけた消防団の倉庫がトイレ付き屋根付きで、もうここでやめとこうかな?と思った直後にまた晴れ間が見えるのでまたススム。でもすぐに嵐は再開、みたいな繰り返し。

PB216325




これもパタゴニアを走る練習かな?とか思いながらなんとかビクターハーバーの見えるところまで来た。ここまでに2回くらいトラックに轢かれそうになってるけどまだ生きてる。

PB216326


PB216327


下ってやっとビクターハーバーのスーパーマーケットに逃げ込むが店内は冷房で寒い!ローストチキンのコーナーは暖かいのでその前で品物選んでるふりしてあったまる。

ここまで来たらあと十数キロ。小やみになったところを見てまた出発。

PB216328


おお!虹や!ふったり止んだりなのでそりゃ虹も出るけども。ハッキリしたやつはなかなか無い。

PB216330


二重になっとるし。

あの向こうにホストの家がある!きっとあったかな場所でくつろげるに違いない。天国へのゲートに見えてきた~~!

日暮れ前になんとかホストの家にとうちゃこ。風と雨の強い日に山越えてきたヨッシーにびっくりしたりあきれたりしている。

PB216331


大きなお家には大きなガレージが。車が6台くらい入る大きさなので、ヨッシーの地球号くらいはへーき。濡れている物もそこらに広げて乾かす。

シャワーして手作り料理をいただく。ホストは2人住まいのフランとジャニス。長年看護婦をしていてリタイヤし、つい最近まで6ヶ月間ヨーロッパを自転車旅していたパワフルなおばちゃんたち。64歳。

ちゃっかり途中の酒屋で買ったビールで一人乾杯してますけど何か?

走行  72キロ

以上
プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント