ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月からオーストラリア自転車旅開始。

2018年10月

バイリンおばちゃん

2018年10月15日(月)   Curtain Springs  ~ Closed Road house 閉鎖のロードハウス

PA155195


エミューの檻があると聞いて暗い中でブラッド&ネスと探したがわからんかった。今朝になって見つけたポン。

PA155198


来たときにも立ち寄ったマウントコナーの見晴台レストエリア。ここではやっておきたいことがある。

PA155199


PA155200


小高い丘から歩いてソルトレイクの湖畔まで行ってみること。たまたま出くわした家族に、10分も歩けば行けるよ、と言うとじゃあついていく!と言われてちょっと責任感出るがな。

PA155201


PA155202


PA155203


湖畔までの道で例のヤツに出会う。全然動かんし穏やかなヤツやなあ。

PA155204


PA155205


PA155207


レイクと言うが水はない。塩っぽい地面が真っ平らである。

ドローン映像予定

ここでドローンを飛ばしてみたかったのよ。ドローン映像については今後編集ができ次第ここに登場すると思うよ。

PA155209


PA155210


PA155211


PA155212


再出発して走ってたら左から馬が走ってきた。野生馬かな?馬が自由に走る姿はかっこええな。競馬場で見るのもええけどホンマもんはこれやろうな。

PA155215


さあ、キングスキャニオンから下りてきた道の合流まで来た。ここから先は未体験ゾーンである。

PA155216


レストエリアで会ったドイツ人カップルからスイカを2切れもらった。どこで買ったの?と聞いたらアリススプリングスのスーパーやて。そうか車なら1時間チョイの時間やしそういうことか。

そのあと会ったおばちゃんはドライフルーツをくれた。あとから来たドイツ人といきなりドイツ語で話し出すからビックリしてたら他にもスペイン語とかフランス語とかインドネシア語とか話せるマルチリンガルおばちゃんやった。

PA155218


PA155219


100なので記念に。

PA155220


真っ直ぐじゃのう。

PA155221


今日の予定地、閉鎖になってるロードハウスやけど看板はまだ残っている。

PA155222


PA155223


日のあるうちにたどり着けたのは追い風さんのおかげどす。

PA155222


PA155223


おお、建物はまだ残っている。たぶん残ってると踏んで来たのであるが。

PA155224


お向かいはまだ人が住んでいる模様。

PA155225


中庭みたいなとこにテント張ろうか?

PA155227


いや、やっぱしモーテルの廊下に泊まる。

PA155226


明日はビールの飲めるところに行ける予定。

走行  107キロ

以上

奇跡の再会

2018年10月14日(日)   Yurala risort campground ~ Curtain Springs カーテンスプリングス

PA145178


PA145179


やっぱし無いと不便なのよねえ。リゾートは高いからどこかまで我慢しようと思ってたけどガソリンスタンドで15ドルのを見つけて購入。もう二度とディンゴにやられないぞ!

PA145180


ユラーラからは同じ道を戻ることになる。スチュアートハイウェイまで230キロ。

PA145181


なんとなんと、追い風が順調でぐいぐい進むがな。来るときも追い風、帰るときも追い風とはうれしい往復ビンタやなあ。

PA145182


PA145183


しかしすさまじい風ではるか彼方では赤い砂塵が舞っているのがわかる。

PA145184


いたづら好きやなあ。誰がやったんや。

PA145186


思い切ってカーテンスプリングスまでやってきて正解やった。追い風効果を充分生かせた。

PA145187


PA145188


一回来たところは勝手がわかってて安心。無料キャンプに3ドルシャワーは来たときと同じ。

PA145190


なんせ許可証が無くてもビールが飲めるのがウレシイ。そういえばユラーラに着いた日に観光案内所でビールはどこで買えるか聞いたら、「お泊まりはどちらで?」と聞かれ、もちろん野宿するつもりやったからまだ決めてないと言ったら、リゾートではルームキーか宿泊証明がないとアルコールは一切飲めません、って馬鹿丁寧に説明したおにいちゃん、「泊まりでないなら100キロ先のカーテンスプリングスに行かないと飲めないよ」、とか余計な台詞付け加えよったけども、100キロじゃなくて84キロやっつうの。

PA145191


冷凍してあったペッパーステーキ焼いて。コショウがきつすぎて旨くなかった。

もう一回ビール飲みに戻ったら、「ヨッシー!ヨッシー!」と呼ぶ声がする。

なんとブラッドとバネッサがレストランにいてるがな。今日の飛行機でシドニーに帰る予定が、欠航になって泊まる宿もなく、ここまで車飛ばしてやってきたんだとか。まさかの再会!

PA145192


PA145193


たまたま同席したインド人の若者達も一緒になっておしゃべり。ビールがススム進む。飲んでるのはヨッシーだけやけど。

ブラッド夫妻はベジタリアンになったのだそうで、インド人はわからんけど水飲んでた。

食後もいろいろ喋って、ブラッドが念押しにシドニー来るなら連絡しろよと。さらにバネッサが、「クリスマスは一緒に過ごしましょう」。なんというだめ押し。

予定変更してシドニーもいっちゃうか~~?しかしベジタリアンのクリスマスってどんなんやろうか?ビールは飲ませてもらえるんやろうか?

ヨッシーはテントに、二人はキャビンへと。明日は朝イチの便になったそうで5時起きなんだそうだ。

ありがとうブラッド&バネッサ。

走行  90キロ

以上

ヒッチでカタジュタへ!

2018年10月13日(土)   Stealth camp ~  Yrala risort campground ユラーラリゾートキャンプ場

PA135153


PA135154


こっそりキャンプといいながら何人かには見られているのでコッソリでは無いわな。

PA135157


さあ、モーニングコーヒーのあとは、

PA135158


カフェの横に自転車をデポしてカタジュタまでヒッチハイクなのだ。ウルルは自転車で往復しても50キロくらいで済むが、カタジュタまでは往復で110キロ。観光もするとなるとユラーラからの日帰りは難しい。アリスのローリーはレンジャーに見つからんようにどこかでキャンプしろ、とか言ってたけど別にそこまで自転車で行くことにこだわってないし。

PA135159


看板も作成して。

PA135160


スーパーの駐車場から裏道を通ればすぐに国道に出れる。車道を通るとなんだかぐるぐる遠回りさせられて、リゾートとかはこう言うところも好かん。

30分待ってワゴンが止まり、カタジュタへ行く夫婦が乗せてくれた。簡単~!

まあニュージーランドもそうやったけども、ヒッチハイクなんて海外では簡単なのだ。

PA135162


PA135163


乗せてくれたブラッドとバネッサ夫婦は休暇でシドニーから来てて、ブラッドは54歳なのでヨッシーと同世代。やっぱ壮年世代は気が合うわ~。

PA135164


一緒に歩こうぜ!と言ってブラッドがどんどん歩き出す。

PA135165


カタジュタも岩山なのだが9つ?の山があってその間を抜けたり回ったりの遊歩道がある。ヨッシーは4時間コース歩く気満々なんだが、ブラッドとネス(バネッサの略)はどうしようか迷ってる風。

帰りはまたヒッチハイクするから途中で戻るならかまわんよ、と言っておけばお互い気を遣わない。

45900


風の谷コースは気温上昇が危険なため、11時までにゲートを通過しないといけないらしい。そんなん知らんと気楽にヒッチハイクしとったとは。しかしヨッシーは運がいい。ちゃんと11時前に通過したがな。

IMG_20181013_114851


ほんとに谷には風が吹いていて気持ちが良い。ブラッドはもう4時間一周コースを歩く気満々で、大股に早歩きするからバネッサがついて来れない。そんなのお構いなしに歩くブラッドの様子から、亭主関白な関係が伺えるがそんなの見た目だけではわからんけど。

45900


IMG_20181013_114851


そんなにきつい登りはないけれど、それなりにアップダウンはある。

IMG_20181013_114912


頭の上に座敷童がいる!

PA135166


こんどはいない!!

結局3時間半くらいで歩き終わり、駐車場まで戻ってきた。コース設定時間より早く歩けたのが満足そうなブラッド。それより暑いし、Kマートで8ドルやった靴ではなかなか歩くのがきつかった。

帰りもユラーラまで乗せてもらい車中で色々喋った。ラフティングの仕事をしてたこととか、なぜ自転車旅を選んだのかとか興味深く聞いてくれた。トヨタの販売会社を経営しているというブラッドだから、色々通じることとかあったのかもしれない。スーパーで降ろしてもらい連絡先を交換して別れた。シドニー来るやろ。来たら泊まれよ。目の前がビーチやからな、と強めのお誘いがウレシイ。

PA135167


朝から観光したから帰ってきてもまだ2時過ぎなのがまたうれしい。そして今日は堂々とキャンプ場に泊まるのだ。なんせピエールからもらった証明があるからね。もしかして初めてかもしれないキャンプマットの洗濯までしてしまう。

PA135168


プールで泳いで~。

PA135170


ホテルでビール買って~。

PA135171


PA135172


PA135173


またしても割引チキンまるごと一匹。半分は朝用に残すけど。

PA135174


PA135175


キャンプ場管理のおっちゃんがトカゲを見せてくれた。飼ってるんじゃなくて自然のヤツらしい。なんちゃらデビルとか名前を聞いたらビビルけど、毒はないしおとなしいんやて。ちょこっと触らせてもらったけど見た目より柔らかい感じやった。

洗ったマットがサラサラで気持ちいい。もっと早く洗っとけばよかった。

走行  15キロ

以上

追伸

ウルルに登れたのか登れなかったのか、ここでは書かないこととする。「登った」と書けばラリアの友人が心を痛めるかもしれないし、「登らんかった」と言えば日本の友人がせっかくあそこまで行ってながら~、とか言うに決まってるのである。実際どっちだったかは、ヨッシーのみぞ知るのである。


フランス人に日本のウイスキーをゴチになる

2018年10月12日(金)   Stealth camp ~ Stealth camp こっそりキャンプ

PA125135


PA125136


クリケットというスポーツの存在は知っていたが、積極的に見たりプレーしたりとかは考えたこと無かった。それがラリアとかインドとかでは国民的な人気を誇るスポーツだと言うことであり、それでこんなリゾートの一角にもちゃんと試合場があるんだろうな。

PA125137


一応誰か来て注意されたら、「試合が始まるの待ってるんやわ」、とか言い訳しようと思ってたが、ルールさえわからんのでは言い逃れしようがない。

PA125140


そして朝の日課になったモーニングコーヒー。今日はカフェモカにしたがぬるくてイカン。やっぱ普通のコーヒー、ロングブラックがええかな?

さてウルルに登ってみようと思っているわけだが登山条件が厳しいので運が左右する。今日も風が強くて登れそうにない。

神聖なウルルに登らないでください。

って言う割に観光客バンバン呼んで金儲けしてるやん。ほんまに守りたいんやったらリゾート解体して立ち入り禁止にしたらええのにそれはしない。詳細はわからんが言ってるんとやってるんが相反してる気がする。よってヨッシーは登ることにイササカも躊躇はない。

PA125141


PA125143


図書館でパソコン作業。

PA125144


朝イチにスーパーに行くと値引き商品が多いことが判明。これでお高いリゾート滞在をしのげるぜ。

PA125145


今日は研修があるから午後から休館よ、と追い出された。日陰でランチしてこの後のことを考える。この鳥はなんという名かしらねども、愛嬌があってこんなに近くまで寄ってくる。

PA125146


そして来ましたキャンプ場の5ドルシャワー作戦。

PA125147


洗濯のシャワー。

例によってキャンプキッチンで夜までだらだらとして過ごす。雨がまた降りそうなので移動のタイミングがなくてじっとしていたら、先日ウルルで写真を撮ってくれたフランス人カップルがヨッシーを見つけてうれしそうに寄ってくる。

彼氏は日本もちょこっと旅行したことがあって、そのときの話しで盛り上がったり。

PA125149


日本のウイスキー飲むか?と言って出してきたのは響やった。

PA125150


ピエールと私。懐かしい日本の味が染みるぜ。

PA125148


酒を買うのに宿泊証明がいるんやけど無くて困ってるんやわ、というと一枚あげるよとピエールからもらった。やったぜ!これでビールが買える。

PA125151


再びクリケット場に移動してビールを楽しむ。冷蔵庫があるので冷え冷えのやつが飲めるのはありがたい。

夜中に誰か来てライトでテントを照らしていたが、すぐにどっかへ行ってしまった。見回りやろうか?しかしなんにも言わないなんておおらかな国やのう。

走行  10キロ

以上





ついにウルル!!

2018年10月11日(木)   Yulara bush camp   ~ Stels camp こっそりキャンプ

ないないないない無い!サンダルが無い!テントの前で脱いであったのにキレイサッパリ消えている。すわ!宇宙人の仕業か??

するとすぐ近くに一匹のディンゴがいてこっちを見ている。若い感じで、テントの中のヨッシーに向かって飛びかかる仕草をするけれど、アンタまだ6~7m離れてるやんって。本気ではなく遊んでいるのかも。

もしかしてと辺りを捜索したら、

PA115058


あった。片方だけ。しかも噛みちぎられてるし。こりゃご臨終やな。無料キャンプが高くついたかもしれん。8ドル(700円くらい)で買った値引きサンダルやけど。もう片方は見つからない。

テント撤収しユラーラまで戻る。まずはリゾート気分でモーニングコーヒーを満喫やで。

PA115061


PA115062


美味しそうなサンドイッチとか並んでるけどまあまあな値段やな。

PA115063


5ドルのコーヒーだけにしとこう。

PA115064


PA115065


今日はウルルに行くのであるが、その前に図書館に来た。モチの論でブログ更新とかのために。なんか休憩設備が充実してるなあ。コーヒーとかも飲めるのかな?

PA115066


PA115067


ちっさい図書室。パソコン使っていい?と聞いたらコンセント横のテーブルを勧めてくれた。

ここまでは良かったのやけどなんとWifiは有料やった!なんでも金、金、金のリゾートよのう。しゃーないから1時間で5ドルのやつを選択。

これがまた遅いんや。あっちゅう間に1時間が経つ。これで5ドルはボッタクリやろ。松本商店もビックリやで。

PA115068


そんなことしてたらお昼を回りかけてる。急いでウルルまで自転車を飛ばす。まだユラーラから18キロくらいあるから近いようで遠い。

国立公園の入場ゲート。無料じゃないんだよなあこれが。一人25ドルで3日間使えるパスをくれる。料金所の女の子に、「自転車一人」と言ったらウケてくれた。日本に6ヶ月いたことがあると言うので働いたのか?と聞くと冬のニセコでスキースクールの手伝いをしてたという。どこの会社か聞くと、NACやって。なんやしっとるがな。ロスは知り合いやでと言うとビックリしとった。

PA115076


なんか特別サービス期間なのか、普通は3日間25ドルが5日間で同じ値段にできるとか。まあ長い方がいいので5日間をゲットン。

PA115069


PA115070


PA115071


PA115072


とりあえず記念ショットをば。近くに寄りすぎたらこういう絵は撮れんし。

PA115077


PA115073


PA115074


文化センター?の貸し自転車屋。そういやカーテンスプリングスで会った家族連れは自転車借りて一周したって言ってたのはここのことか。自転車運ぶ用のトレーラーがイカツいなあ。何台積めるんやろう。

PA115075


トイレだけ借りていざウルルへ。

PA115078


PA115079


おお~。近づいて来たがな~。しかしウルルへの道路はなんでこんなにくねくね曲がっとるのか?今までさんざん真っ直ぐな道ばっかしやったやん。どこ見ても平地やから真っ直ぐな道路を造ろうと思えば出来るけどなあ。もったい付けるために曲げとるのか。そのモッタイのために遠回りさせられる自転車の身になれよ。

PA115081


PA115082


PA115083


入るなよ、登るなよ。

PA115084


PA115085


そしてついに来た~~~~!ウルル登山口。

PA115086


日本語でも書いてある。来年以降は登山禁止なのだが、それまでの期間でもできるだけ登らないで欲しいとアボリジニのヒトビトは言っているのだそうで。

PA115087


しかしこう登れない条件が多いとはなあ。そして今日は雨天が予想されるので登山禁止。ゲートは閉まっている。

PA115088


PA115089


PA115091


なのでまあウルルの周りの遊歩道を自転車で回る。自転車も走れるのだ。っていうかセグウェイも走ってるし。

PA115091


PA115092


PA115093


PA115094


PA115095


PA115096



PA115097


PA115098


PA115099


まあ所詮は岩やからな。あれやこれや有り難がっても岩やからな。でも一番心惹かれたのはこのベンチ。

PA115100


PA115101


PA115103


PA115104


写真撮ってたら通りがかりのフランス人がシャッター押してくれた。なんかお父さんも海外自転車旅が好きだとか。

PA115105


PA115106


なんや~、てっぺん切れとるがな。

PA115110


PA115111


PA115112


PA115113


PA115114


雲行きが怪しくなってきた。予報は当たりやったみたいで登山禁止は正解やな。ポツリと降り出したし遠くでは雷が鳴っている。大急ぎで文化センターまで戻って雨宿り。

まさかラリアでこんな豪雨に遭うとは思わなかったくらい降ったし。屋根から雨水がじゃんじゃん漏れてくるし。だいたい降雨日数が少ないからか、ラリアの屋根はちゃんとしてないのが多い。だから雨漏りしまくりになる。

PA115117


PA115118


PA115119


1時間ほど雨宿りしてからユラーラへ帰る。豪雨のおまけ、虹とウルル。

PA115125


PA115127


PA115128


PA115129


じゃが帰り道は暗くなり、なんとかユラーラへ帰り着く。

PA115130


今夜の寝床は秘密のこっそりスポット。そうそう。あんな町外れまでわざわざ行ってサンダル取られるよりも、街中の良い場所を見つける天才やったわオレは。

図書館裏のクリケット場にいいところを見つけていたのだよ。

PA115132


24時間オープンのトイレもあるし。なんか休憩用の屋根のところには冷蔵庫もあってバッチリ!

テント張って寝ようとしてたら誰か来た。でもヨッシーを見てもなんにも言わずにトイレのほうに行ってタバコ吸ってるし。あとで3人ほど若者が来て、「あそこにいる!」と言いながら彼のほうに去っていった。ヨッシー完全無視。



それから稲光が始まってとんでもない雨が降り、1時間ほどで止んだけども。この屋根はなかなかちゃんと雨をしのいでくれたぞよ。

追伸

雨は止んだはずやのに、テントで寝る用意してたら再び水の音が始まる。空を見ても雨ではない。よく観察したら、グランドに水撒くスプリンクラーの音でした!!もう水は必要ないし!!

走行  67キロ

以上






プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント