ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月からオーストラリア自転車旅開始。

2018年09月

住めば我が家

2018年9月8日(土)   Bush Camp ~ Wunara Store (廃墟)

P9084069


P9084070


P9084071


さあ、今日は80キロ、明日も80キロ走れば次の補給地点である Baikly Hommsted Road House バークリーホームステッド ロードハウスにたどり着ける。暗いうちから起きて準備し、日の出と同時に出発。それでも7時なんだけど。冬だから日の出が遅いんだろう。

P9084072


P9084073


まもなく現れた立派な橋。その向こうにはまたしても警察署がある。

P9084074


sorry no fuel 燃料無し。まあガソリン分けてくれと言ってくる長期旅行者もいるだろうけれども、なんだか門前払い的で冷たい印象。門もがっちり閉まっていて一般人には何も使わせんぞ!という意志の堅さを感じる。中には水も燃料も自家発電もあってビールも冷やしているだろうに。

P9084075


P9084076


P9084077


次のレストエリアには屋根とベンチがあった。ありがたい。道の左右には木が少ないし、日陰を求めて車道から外れると棘でパンクしそうで怖い。だいたい10キロとか1時間おきに休憩するようにしているが、炎天下で自転車を股に挟んだ格好のままぬるい水を飲むのが関の山なので、こういう日陰とベンチはのどから手が出るくらいありがたい。

P9084078


だれかカギ忘れてるよ。

P9084079


P9084081


P9084082


300キロはキリがいいので記念に撮る。今後200と100も撮るつもりでいる。

P9084083


P9084084


追い風で道はだいたい平坦なのである。あたりまえやけど信号もないから止まる要素がなんも無い。

P9084085


P9084086


自転車旅行者の特典として拾い物ができることは大きい。テントポールの入れ物だけど、袋は何かと役に立つのでいただこう。ポールはいらんので次の人のために放置。

P9084087


だいたい休憩施設が近づくと看板が現れ、あと20キロだよ、とか5キロだよとか教えてくれるのだがここはたどり着くまで何もかなった。情報サイトの Wiki Camps には載っているのだが、営業をやめた古い商店の跡地。

P9084090


まさか建物があるとは思わなかったので意外な拾い物をした気分。中で泊まれるならこの先の屋根もなんもない場所より快適である。

P9084091


宿泊決定。今日のノルマ80キロには満たない70キロ地点ではあるが、そんなの明日取り戻せばいいのである。

走行 71キロ

以上 

減らない水

2018年9月7日(金)   Camooweal ~ Bush Camp 野宿 

P9074032


P9074034


だいたい夕方くらいの時間帯に日差しを遮るのが難しい。木の下とかにテント張ってても、真横からの日射は容赦がないのだ。しかしキャンプキッチンの壁がきっちり役目を果たしてくれた。キッチンとしての役割は100点満点の0点だけれども。

P9074038


P9074039


12時以降は暑くなるのでとにかく日の出と同時に走り出すのが基本。

P9074040


牛は結構見るけど馬はなかなか見ない。

P9074041


さあ、旅の通過儀式の時間である。景色はほぼ変わらないのだが、これからは次の州になる。ノーザンテリトリーが始まるのだ。ケアンズを出てから1ヶ月ちょっと、走行2200キロ走ってやっとクイーンズランド州から隣の州に入る。

P9074045


お決まりで看板前で記念撮影。

P9074046


看板以外何もないんだけれども。

P9074047


ハコちゃんもノーザンテリトリー準州に第一歩である。

P9074048


次の人が住んでるところまで242キロ。その次は428キロ。無補給地帯に突入である。

日本は5m置きに自販機もあるし100m置きにコンビニもあるけどここではなんにもない。水も食料も自分で運ばなければならない、正に荒野と言う名に値する。

P9074049


この先のレストエリアまでのキロ数が掲示されている。休憩施設って言っても広場があってゴミ箱があるくらいが基本で、屋根やテーブルベンチがあれば御の字。簡易式トイレとかあれば極楽!みたいなレベル。

P9074050


SH410とは、この先でスチュアートハイウェイに合流するけど410キロ先なのよ~、という意味。数がどんどん減っていって欲しい。

P9074053


まずは Avon Downs rest area 警察派出所のあるレストエリアが最初で最後のトイレのある地点。ここで泊まるキャラバン旅行者も多いと聞く。

P9074054


さあ!氷のボトルが大活躍や!火照った身体を冷やしたりできるのはありがたいなあ。追い風体勢になってから何日も経つけれど、今日も元気だ追い風絶好調!!

P9074055


P9074056


ここまで約70キロ、早朝出発もあって12時頃に到着できたがここで終わるわけにはいかない。260キロの無補給区間を3日で走る計画なので、初日は100キロは行っておきたいわけで。

休憩してたら旅行者のおっちゃんが、「水あるか?」と聞いてくれて早速いただく。水ぜんぜんへらへんやん。

P9074058


おっちゃんが行った後現れた若手の家族キャンパー。水ある?と聞かれてまたもらう。飲んでも飲んでも減らん。

さらにパンクでえらい目にあった話しをしたら、秘密兵器をくれた。噂に聞いてたアイテムで、チューブの中に流し込むジェルである。これを入れて置けば、穴が開いても自動的にふさがってパンクしないらしい。お兄ちゃんはこれを自分のマウンテンバイクに入れてから一回もパンクしてないそうである。ボトルの約半分入ってるが、これでタイヤ1本分ということ。次にパンクしたら試してみよう。

P9074059


暑い時間帯を避けて3時半頃に再度スタート。

P9074061


P9074062


ちょうど夕暮れが近づく頃に100キロ走れたので偶然見つけた空き地(なにかの建設資材置き場?)で野宿。

P9084065


P9084066


日が暮れると一気に涼しくなる。ハエがいなくなるまでテントに蚊帳をかぶせて南東の風に当たって涼む。ひんやりして気持ちいい。

走行  102キロ

以上

引っ越しなのだ

2018年9月6日(木)   Camooweal カムウィール 連泊

P9064019


アーサーー!

プールもあるし(昨日は入れなかったけど)キャンプキッチンもまあまあいいし、文句ないキャラバンパークなんだけど、昨夜起こったテレストラ騒動で携帯電波が無くなってしまいなんとかWifiにつなげなければ今の状況もわからなくなった。このまま次の無補給地帯に突入するのは避けたいわけで。

しかしこの Post office Caraban park には残念ながら無線LANが無いのである。パブの兄ちゃんに聞いたら向かいのPUMAのキャラバンパークにはあるよ、と教えてくれて夜中に歩いていって確かめたのだがやっぱしパスワードが設定されていて繋げない。

しかたないので引っ越しすることにした。

P9064022


P9064023


まあテント場は普通の感じ。

P9064024


P9064026


しかしキッチンがまったくダメダメで、冷蔵庫は置いてあるけど壊れてるし流しと水道しかない。オフィスでたまたま話したおっさんは現在このキャラバンで仕事手伝ってる人だったので、ペットボトルで氷を作りたいんやと言うと厨房の冷凍庫で預かってくれた。

誰にでもこんにちは、って言って話してみるモンやわ。

P9064027


ランドリーは使わないけど機器の充電に使えることを発見。早速キャラバンのオフィス兼レストラン兼ショップのテーブルに陣取ってWiFi開始。しかし遅い!目から火が出るくらい遅い!!

探索の結果、新しいSIMはちゃんとアクティベートされて繋がっているが、なんとこの地域は圏外である事が判明した。ちゃんと調べればわかっていたことなのだが、ウールワースブランドはテレストラの設備を使っている、というネット情報を信じた結果なのだ。次に圏内になるのは400キロ以上先になる。うーん、やっぱテレストラにやられっぱなしやん。

電話もネットも繋がらないけどテレストラはここでちゃんと使えてた。しかも今入れてるウールワースSIMでも、電話は繋がらないけど「緊急時のみ発信可能」とか表示されてるし。つまりテレストラが自社のシェアを守るため?わざと繋がらなくしている模様。くっそ~、原辰徳~。

めっちゃくちゃ時間かかってブログサイトに写真をアップロード。あっという間にハッピーアワーの時間になる。

P9064028


怒りおさまらんわ~。

P9064029


P9064030


明日から約260キロ先まで何もない区間に突入するので、手持ちの食材を使いたくないためPUMAのレストランで外食。本日スペシャルのチーズパスタは量は多いがこれで1700円もする。とほほ、やで。

P9064031


走行 2キロ

以上

大嫌いテレストラ

2018年9月5日(水)  Inca creek rest area  ~ Camooweal カムウィール

P9053990


P9053991


P9053994


マウントアイザの次の町、カムウィールまであと70キロ。今日はキャラバンパークでキャンプできるしビールも飲める!

P9053995


P9053996


昨日泊まったレストの次の場所がここ。なんもない野っぱらやん!これを施設として紹介してもええのやろうか?

P9053997


P9053998


次の休憩所には風車があった。そんなんいらんから!屋根とかベンチとか頼むよ~~~!

P9053999


いまは飾り物として活躍しているようで、水は発電器とポンプで汲み上げてる模様。

P9054000


P9054001


ちょっとの日陰も活用。

動画準備中

ここでやっとこさドローンが飛ばせた。ラリアっぽい風景を紹介できたかな?

P9054004


P9054005


13時半にカムウィール到着。人口310人。

P9054007


商店もある!我慢できずに500のコーラを買う。320円也。

P9054008


P9054015


P9054016


キャンプ場にチェックイン。15ドル也。

P9054010


P9054011


P9054013


まずはとにかく一杯いかにゃあ。ハッピーアワーは逃せんなあ。たいして安くはならんけどね。6ドル50が5ドルになるくらいやから。思うに日本のハッピーアワーは天国やで。半額とかたまに200円とかで飲めるっしょ。

手洗い洗濯して自炊ランチしてたらあっという間に時間が経ってもうハッピーアワーやん!せっかくプールもあったのに入り損ねた。

P9054017


P9054018


さて通信問題に決着をつける。元国営のにっくきテレストラSIMから、ウールワースブランドSIMに乗り換えを決意。

28日使えるプランの期限までまだあと2日あるしデータもまだ1ギガ残っているが、いま電波がつながる場所で手続きやっとかんと次はいつできるかわからんから。

SIMのナンバーをWEBサイトで打ち込んで登録する。アクチベイトって言うんやで。日本でも電話番号持ち越しできるようにラリアでもできるみたいなのでその手続きもやる。

すぐさまテレストラからショートメッセージ。「他社への乗り換え手続きした?したならこれから登録するから待っててね」と言うや否や、テレストラの電波止まる。

おいおい、なんつう冷酷非道なんや。客やなくなったら一瞬でサービス終了かいな。

以降何の音沙汰もない。ウールワースからも無回答。どうないしょうー。

ビール飲んで寝る。

走行 73キロ

以上

これでも休憩施設か?

2018年9月4日(火)  WW2 rest area ~ Inca creek rest area  インカクリーク レストエリア

P9043965


P9043966


8時前にレストエリアを出発。毎日晴れが続く上に乾燥しとる。テントに朝露がついたことがない。始めは警戒してテントにフライシートを掛けたり荷物を全部仕舞ったりしてたがもう今はフライ無しで荷物も靴も靴下も外に出しっぱなし状態である。

P9043970


西部劇でカウボーイが毛布一枚で寝てるのを見て、あんなん朝方なったら湿って寝てられへんで!とか思ってたけど今は納得やわ。

P9043975


本日の蟻塚。

P9043973


P9043974


なんかたまにこういう石碑があるけど道路工事の完成記念?的なのばっかし。そうでもないと立てる物も無いからか?

P9043975


P9043976


お!ちょっと固まって立ち始めたぞ!

P9043977


お昼頃に次のレストハウスに到着。屋根とゴミ箱しかない。

P9043978


止まってたキャラバンのおっちゃんがコーラをくれた。周囲160キロには水道も商店も自販機も無いからありがたみがハンパない。体に染み渡るわ、冷たいコーラ。

P9043972


P9043981


走り出して気が付けばここらは蟻塚銀座のよう。まるで仏ケ浦(青森県の部参照)みたいやん。

P9043982


そして本日のベストドレッサー賞はこのお二人に決定。

P9043983


P9043984


ちょっと早いがお昼過ぎに今夜の泊地候補、Inca creek rest area に着いた。ここもゴミ箱以外なんもない。

P9043985


P9043986


くそ暑い中、なんとか日陰に入るもハエがうざいので蚊帳を工夫して設置。快適空間演出中。

P9043987


ベーコンなら2日目でもなんとか行けるかなーと持ってきたが大正解。

日が暮れるまでは暑いし日差しがきついが暮れると嘘みたいに涼しくなりハエもどっかにいってしまう。

テント張って寝てたら夜中に車が一台やって来た。それ以外は特に何も起こらず。

走行 68キロ

以上
プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント