ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月からオーストラリア自転車旅開始。

2018年08月

風邪の徒労の使者

2018年8月13日(月)~14日(火)  ポールの家 タウンズビル

熱はそんなに無いはず。咳と鼻水が少し。寝てれば治るレベル。

朝にトースト食ってから二度寝できるかな~、と思ってたら爆睡やった。

子供の時みたいになんだか怖い夢見たりして。

P8133517


息子のマークが元気が出るようにって、お寿司を買ってきてくれた。気持ちがウレシイ。たぶん昨夜の寿司ゲームで食べたくなった感が濃い。

夕方また寝てそのまま夜も寝て朝になる。

P8143518


今日は出発できるかと思っていたが、咳が収まらず肺がまだ痛い。サラの引き留めにあって1泊延長。

とにかく体を治すことに集中してどこにも出かけない。

P8143519


夜は家の食材を駆使してポールと合作の野菜ラーメン。味はともかく腹はいっぱいになった。

以上

山芋木から

2018年8月12日(日)  ポールの家 タウンズビル

昨夜くらいから調子がおかしい。のどがやられているしこれは夏風邪っぽい。ラリアは冬やけどヨッシーの体感はまだ夏のまま。

今日出発するね~、とポールとサラに言ってたけど連泊決定。家にいてるときに病気になってまだ良かった、とポールは前向きな解釈。外人どんのそういうとこって素敵。

P8123510


昼過ぎまでまた寝て、昨日の戦利品をカメラに納める。まずはあこがれだったBROOKSの革サドル。早くなじめよ~。なお価格は13000円くらい。日本とほぼ同じかな?

P8123511


それからバックミラー。砂漠地帯ではロードトレインという四重連結した大型トラックが走っていて巻き込まれたら最期さ~~。トラックが来たら速攻で道の外に逃げてやり過ごすのが一番のやりかたよ、とジェニーが教えてくれた。

P8123512


それからベル。人の歩いてないとこに行くのにこれを付けたのは、走っていて寂しくなったらこれを鳴らすのさ。音があるって大事だよね。

P8123513


最後は予備タイヤ。長距離チャリダーから絶大な信頼を得ているマラソンプラスというタイヤ。

6千円くらいするけどまずパンクしにくいし長持ちする。手に持つとずっしり来る重量が頼もしさと比例している。

P8123514


サラが咳止めの薬くれた。

P8123515


P8123516


夜の食事の前に、息子のマイケルと彼女のブリジッドとポール&サラで回転寿司ゲーム。ななんじゃこりゃ?ぜったい日本人は発想しないボードゲームの気がする。

どこが回転や?と思ってたら、手札から一枚取って場に晒し、残りを隣のプレーヤーに渡すのだそうやって手札が順繰りに回るので回転寿司。恐るべし。

3回目くらいでコツをつかんで最後はヨッシーが優勝。

まだ熱っぽいので飯食って速攻で寝る。

走行 0キロ

以上

Bicycle pedlar in Townsville

2018年8月11日(土)  ポールの家 タウンズビル

P8113457


ポールの家の2階にあるダイニング?というのかベランダというのか玄関前?というのかワカランのやけれども、こういう快適な空間作るのうまいよな~。もちろん午前中はここでブログ更新タイム。

P8113458


おみゃ~はええのう~。

P8113462


午後からは一度は来たかった自転車店、bicycle pedlar バイシクル ペドラー へ。ここは旅する人が欲しい自転車、グッズや情報がいっぱいなのだ。

もともとはヨッシーがたまたま読み始めた自転車世界一周ブログの主が訪れていたことから知ったわけで。しかしケアンズからここに来るまでに出会ったチャリダーはほぼ100%その名を知っていた。地球号のメーカーでもあるSURLY サーリー取扱店でもある。

P8113463


P8113464


もちろんポールも常連で、週末などは店主達といっしょにツーリングにも行ったりしている。

P8113465


P8113467


ここでの使命は4点。まずは壊れたサドルの購入である。その名を知っていた物の、未だ未体験だったサドルの名品ブルックスをとうとう手に入れた。皮で作られた座面は使うほどに尻になじみ、驚くほど快適な乗り心地になると聞いてはいるが半信半疑なのだ。最初は堅いので我慢せんとイカンがなんとかなるじゃろう。ミックが慎重に取り付けてくれている。

P8113467


15年間ヨッシーの尻を支え続けてくれた流星号のサドルよ、ありがとう。そしてサラバじゃ。別れを告げながら写真を撮ってたらミックが笑ってた。

P8113471


ジェニーに写真撮ってもらった。この背後の絵はポールが描いたんだって。小学校の先生をしているポール。家では料理もするしなんでもできるわ~。

P8113472


ミックとジェニー。これから目指すアリススプリングまでの注意事項などを教えてくれた。楽しい時間をありがとう。

P8113473


続いてショッピングセンターのテレストラショップへ向かう。元国有企業の携帯会社。無くなった15ドルのことについて聞いてみなければ収まりがつかん。

混んでて1時間待ちだとか。ほら、みなさん待ってるのよ、ってスタッフのおまえが言うな。

しゃあないから待つ。

P8113474


P8113475


P8113476


昼飯にフードコートでチキンハンバーガー。一番安いバージョンを単品で買って6ドル。でかいからまあええやろ。

1時間して戻り、事情を言ったら、「私はあなたがSIMカードを買った郵便局員じゃないし、あなたの15ドルはもう使われてしまったのよ」

「じゃあ15ドルは無駄金だったのか?」

「ええそうよ」

会話は以上。

まあ予想はしていたがこんなもんやろうなあ。クレーム付けに来たと言うよりは相手がどんな出方するのかを確認するための、ちょっと軽いお遊び的な気分もあったので特にトサカに来てはいない。

P8113478


そんなことよりいよいよキャッスルヒルに登頂なのだ。車道もあるから自転車でも上れるらしい。

P8113479


ん?なんかイベントやってるし。3時まで通行止め?まあもう3時半やしいけるやろ。

P8113480


係の兄ちゃんが通行止めだ、の一点張り。もう3時半だからええやろ?と何回か粘ったが、通行止め!としか返事しない。まあ想定内やから歩いて上がることにする。

P8113481


ぞろぞろみんな歩いてる。どうやら時間内に何回登頂できるかを楽しむ企画みたい。

P8113482


暑いから水のエイドステーションもあってこれはヨッシーには好都合。

P8113483


P8113484


40分くらいかけて登頂。

P8113484


P8113485


てっぺんの駐車場(と思われる)にはテントがびっしり張られ、参加者がごろごろ寝ころんで休憩を取っている。さながら野戦病院みたいやな。野戦病院て英語でなんていうのかな?MASHかな?とか考えながら。

P8113486


P8113487


P8113488


P8113489


P8113490


真の頂上で記念写真。

P8113494


家に帰って夕食。ポールの手作り料理。奥さんのサラは今日まで2ヶ月間イギリスとかにクワイヤ(合唱団?)のツアーで出かけてて返ってきたところやった。

P8113495


そして夜はアイリッシュパブで集まりがあると聞いて一緒に出かける。

P8113496


ギネス飲んだりポテト食ったり。

P8113497


P8113498


バンドの演奏も始まった。どうやら雰囲気を察するに誰かの50歳の誕生日なようで。

P8113500


ほれほれやっぱりね。

P8113502


P8113504


サラは72時間飛行機の乗って今日返ってきたとは思えん元気で踊りまくっている。ポールは始め見てたけど一緒になって踊り出した。



ビールお代わりしようと思ったらさっき喋った女性が、ギネスは無料だけど他のはお金払うのよ、って教えてくれた。ギネス無料か~~~い!!もっと早く知りたかった。知ってたら5杯は呑めたやろうに2杯にとどまった奥ゆかしい大和魂ヨッシー。

走行&歩行 20キロ

以上





15ドルをどぶに捨てる?

2018年8月10日(金)  ローリングストン ~ タウンズビル ポールのお家

屋根の下は夜露がしのげて大好きだ。基本日本でもテントは軒下に張るようにしている。乾かす手間も入らないし、第一テントが長持ちする。年間に150日も200日も使うから大事にせんとイカン。

どーしても繋がらないスマホの回線。なんどやってもブラウザに「リチャージしろ、リチャージせんかい!」、と表示されるので、思い切って30ドル分のリチャージをカードでやってみたらアホみたいにあっさり繋がった。しかしわしが最初にカードウェルの郵便局で払ったリチャージ15ドルはどこに行ったんじゃ?まあ携帯会社のやることはどこの国でもこんなもんよね。想定内ではある。

P8103438


P8103439


クリスマスクリークにはちゃんとツリーが付けてある。こういう感じええなあ~。

P8103440


ケアンズより南の大きな町、タウンズビルに近づくと車も増えるし道路も広くなる。路肩も若干広くなって走りやすい。

日本も同じだけれど、橋とかトンネルとか自転車走行で車に気をつけたいところに限って道が狭くなるのだ。しかもラリアは大型トラックが100キロでぶっ飛ばしてくるから泣きそうになる。泣かないけど。

P8103442


おお!あれがエアーズロックか!!違うなあ。タウンズビルの目印とも言われているキャッスルヒルという岩山らしい。

P8103443


P8103444


久々にちゃんとしたものが食いたい。お初に入店のハングリージャック。どんなんかな~?

P8103445


お得なセット。バーガー2つ、ナゲットとポテトにドリンクもついて12ドル。約1000円ちょっとやけどこのボリュームなら満足や。

P8103446


P8103447


空軍の前を通って。

P8103448


空手道場の前を通って。

P8103450


今日お世話になるポールのお宅に到着。初対面なのだが Warm shower という自転車旅する人に特化したWEBのコミュニティサイトで知り合った。お互いに宿泊とシャワーとを提供し合おうね!というスバラカシイ仕組みなんである。

P8103451


P8103452


P8103453


日本では珍しい2人乗りのタンデムバイクを所有。しかも3台もある。一度に5年分くらいの数を見たわ。ガレージは他にも自転車多数。

P8103455


おちゃめなワンコ、キドーも愛想がよい。

P8103456


夜ご飯はカボチャのスープ。

走行 56キロ

以上



まあ飲み屋のねえちゃんてこんな感じ

2018年8月9日(木)  レストハウス(インガムから南に8キロ)~ ローリングストーン レストエリア

もっと早くに起とうと思ってたのに目覚めたらもう7時過ぎ。なぜかオージー達の仕事始めはべらぼうに早いので、その前に消えてしまおうと思ってたらすでに工事始まってるやん!

幸いまだ遠くでガチャガチャやってるから20分で撤収して離脱。

P8093382


よってまだ乾いてなかったテントをトラックの休憩エリアで干す。

P8093383


ここからはチョイ寄り道なのだ。ここもウィリーがオススメの滝で、泳いだりキャンプしたり出来るらしい。どこそこから何キロ行ったら何があるとかその場所の名前とかメッサ詳しいわマイブラザー。

P8093385


途中から未舗装路。想定内やけどどこまで続くのか?

P8093386


なんだかあっけなく入り口に到着。またここから舗装もされてるし。

P8093387


P8093388


P8093389


川を渡った先にキレイな休憩エリア。ここにも無料BBQ台があっていったいどうなってんねんこの国は?サービスよすぎやろ。

P8093390


この先のパーキングからは徒歩の模様。

P8093392


生ワラビー。

P8093393


P8093395


ここがキャンプ可能なエリア。有料。1人1泊6ドル55セントは高くない。しかし事前予約がどーたらとか書いてあってめんどくさそう。

P8093396


果たしてそれについての文句も落書きされている。

P8093397


P8093399


駐車場から歩き。

P8093400


P8093401


P8093402


イメージしてたより高いところから落ちてる。もっとしょぼいと思ってた。

P8093403


P8093405


P8093406


とりあえず展望所まで登ってみる。ここまでで駐車場から約20分。見下ろすと大きな瀞がいくつかあるが、ウィリーが泳げると言ってたのはあそこのことか?岩場をだいぶ歩かなあかんからそれはパスやな。

P8093407


なので近場の水たまりで行水。めっさ冷たいやん!!20秒が限界やわ。しかし体がさっぱりして気持ちいい。

ピクニックエリアで飯食って同じ道を戻る。

P8093413


休憩時にイスにもなる我がキッチンボックス。

P8093414


4時半にローリングストンに到着。有名バンドと同じ名前なのか。

P8093415


無料キャンプできるレストエリアを下見。

P8093416


P8093417


線路脇に地球号を残置して踏切を渡り、グーグルマップに載っているホテルのパブに直行。

P8093419


P8093420


2日ぶりのビールがウミャイ!1杯6ドルとかやけど、日本円で500円くらいやから居酒屋で飲むのと同じくらい。店のねえちゃんに無線LANある?って聞いたら、「NO!」と秒で返ってきた。まあこういう感じの対応って日本でもあるよねえ。

P8093422


P8093424


P8093426


川の畔の良い場所に居を構えて、ドローンを飛ばして遊んでみる。



画像は途中で切ったが木より高いところはけっこう風があったみたいで機体が流されて一瞬行方不明になってもうた。音を頼りに走って探し、危ないところで手元に回収。やっぱし有視界飛行が安全への近道やわ。

P8093427


くたくたのヤワヤワのスパゲティ缶詰。でんでん美味しくない。

P8093435


走行 63キロ

以上


プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント