ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。次はまた自転車旅に戻るため、準備中。

2018年03月

台東→池上 FUJIくん開山弁当池上公園

2018年3月13日(火)

誰もおらんわけやから静かな夜やった。今日も晴れ。予報では晴天がしばらく続くようなので運が良い。あまり走らないヨッシーではあるが、26日の帰国便に間に合わせるために行けるときはいっとかなアカン。

足の筋肉痛を押して坂道上がっていると、一旦抜かしていった自転車旅の若者がセブンで待ってた。

P3131437


P3131438


FUJIくん。普段は台北のセブンイレブンで働いているんだけど、そのお店が改装中でお休みなので環島チャレンジ中だとか。日本語が出来るので話しが早い。昨日会ったケビンくんと台東のユースホステルで一緒だったそうで、彼からヨッシーのことは聞いて知ってた。日本語はドラマで覚えたそうで、なんのドラマ?と聞いたら「長い休暇」。なんだっけソレ?「ロングバケーションのことですよ」、だって。

FB_IMG_15209172155741199


ここでケビンくんも追いついてきて3人で記念撮影。情報交換などを経てそれぞれ出発。

P3131439


瑞穂と書いてルイスイ。ここには自転車旅仲間のレイも訪れた温泉宿があるのだが79キロは遠すぎる。どこか手前の街で泊まることになるだろう。

P3131440


P3131441


さあ、これもレイのお勧め、開山弁当店。何年か前の弁当王に輝いたこともあるそうで。

P3131442


いろいろ種類があったが基本の開山弁当をいただく。75元。なぜか中身の写真は撮り忘れた。茹で野菜や煮卵とかがいくつかあって、メインは豚肉の醤油煮が乗っている基本のキ的内容。でも一つ一つが他と違ううまさがあったと思う。

P3131444


P3131445


さすが人気店だけあってお客が絶えない。

レイのブログ https://ameblo.jp/around-japan-in-80-days/entry-11791953662.html

P3131450


4時前に池上郷に入った。米どころとして知られている。池上米というのだそうで、日本での秋田米とか新潟米とかいうニュアンスかな?FUJIくんのフェイスブックでここに金城武の木ってのがあるみたいで、ヨッシーも行ってみた。

P3131451


P3131452


P3131453


一帯は車通行止めになっていて、観光客も徒歩や電動車で移動している。映画のロケ地みたいである。例によって観ていない者にとってはなんの意味もないのですぐに移動。

P3131455


木なんかより広々とした田んぼの景色が素晴らしい。

P3131457


P3131458


池上郷の中心ぽいところに来たところ公園を発見。ヨサゲな感じやん。

P3131459


P3131462


でっかいあずまやで野宿泊。

63キロ

capture_06


以上

建仁→台東 刀削麺からの木村佳乃

2018年3月12日(月)

P3121398


図書館の前は国道なので、夜もけっこうな割合で大型車の騒音があった。うとうとしたら朝5時になっていたような眠り。最寄りのファミマで朝ごはんしながら明るくなるのを待って6時半に出発。

P3121399


海岸沿いだから登りは少ないだろうという予想は打ち砕かれ、30分に一回くらいの割合で登ったり降りたり。どうせ山を削って道を造ってるんやからもっと海際に造ればいいやん!と思うのは素人の浅はかさなんだろうな。日本とは違うなあ。

P3121400


見たこと無い工法で地面を掘っている。クレーンで吊ってる器具を地面に刺さった筒の上から落とし込み、中の土砂をくわえ込んで外に排出する。よく見れば地面に刺さってる筒の根本はクレーンの足下とつながっていて、定期的に筒を左右にブルブル回しながらさらに地面へ食い込ませたりする。



本で見た原始的な井戸の掘り方に似ている気がする。違いがあってオモロイなあ。

P3121402


廟(びょう)というのか、お参り処はチャリダーのオアシス。

P3121403


P3121404


P3121405


交互通行区間では歩行者や自転車のことはほぼ考えずに交通整理している。まあだからといって危ないことは無かったんだけど。

P3121408


P3121407


暑い。26~27度くらいやろうか。昼夜の寒暖差が大きいように感じる。廟はトイレがあったり、給水器があったりするのでとても助かる。

P3121412


東海岸はほぼ山と海が隣り合わせなので、道路と線路が近接している。こうやって線路が右に行ったり左に来たりする度に越えていかねばならん。それにしてもこんなに高くのぼらなアカンのか?わからんけど。

P3121413


早朝に出たから今日の目的地、台東には昼過ぎに到着。ガイド本に載ってた刀削麺(とうしょうめん)の名店に行ってみる。

P3121420


P3121419


北平半畝園。なんと読むのかはワカランけど、北平と言えばヨッシーの学生時代に大変お世話になった先輩マネージャーと同じ名前。なんだかご縁を感じる。

P3121414


P3121415


日本人か?と陽気なご主人が迎え入れてくれ、テーブルに置いてあるメニューが印刷された伝票に欲しい数を書き入れる方式。お勧めっぽい刀削牛肉麺100元と水餃子40元をいただく。

P3121416


P3121417


刀削麺初体験。もちもちしていて美味しい。

P3121418


水餃子といっても汁には浸かってない。そしてこれが台湾に来てから食べた中で一番旨かった!!ニラが良く利いていて10個をペロリ。帰りしなに大将に、翻訳アプリで台湾一美味かったと伝えると、うれしかったのか手元のバナナをくれた。

P3121422


今日の宿は予約してある。ブッキングドットコム(以下ブッコム)は使ったことはなかったけど、海外旅行では宿探しの強力な武器だなあ。表示される地図を頼りに来てみれば、建物は立派だし看板は合ってるけど人の気配が無い。電話しても出ない。

そこで、実はブッコムに載っている地図は間違っていて、違う名前の民宿の場所に印がついてるけれど何かわかるかもと思い行ってみた。

民宿の奥さんが出てきてくれて事情を説明したら(奥さん英語が出来はった!)ヨッシーのブッコム画面を見て電話をかけてくれて、目出たく正しい宿の人が迎えに来てくれることになり万歳。待ってる間にお水も持ってきてくれて超親切!

P3121424


P3121423


女性が車で来てくれて、ゆっくり走る車についていった場所は台東駅の近くの物件。なにやら新しい建物じゃん。

P3121425


建設会社がやってるのか?

P3121426


P3121427


P3121428


内装もピカピカでスバラカしい。今年オープンしたところだという。説明してくれる女性はなんとなく木村佳乃に似ておる。

P3121429


P3121430


P3121431


P3121432


ドアやロッカーは全部カードキーで管理されハイテクや。しかも今夜の予約はヨッシーだけ!建物貸し切りやん!しかもたったの600元(2400円)で!

残念ながら佳乃は集金したら帰って行った。シャワー浴びてビール飲んで寝る。

78キロ走行

capture_05


以上


ケンティン→東源村→建仁  自転車軍団とケビンくんと

2018年3月11日(日)

爽やかなアーーサーーー!天気はいいしよく寝れたし。

P3111351


起きたら早速マリナちゃん。朝ご飯もやってるみたいなので来てみた。あれ?昨日は夕暮れやったからかな?20代に見えてたマリナちゃんが一晩で40代になってない??摩訶不思議。まあ可愛いからいいんだけど。

P3111353


スバラカシイ出来映えのサンドイッチ。メチャウマやんか愛情こもってるし。

P3111355


マリナちゃんとこのお犬様。欲しそうにしてるが心を鬼にしてあげにゃい!

朝食後すぐさま出発。今日を境にこれから走るのは東海岸。山あり谷ありの無く子も黙る東海岸なのだ。お店やコンビニは無い可能性が高いので、ケンティンのセブンイレブンでガッツリ買い物しておく。ちなみに台湾の水道水は飲むと絶対お腹を壊すので、買ってすますかホステルや民宿の飲める水を詰め込んでいる。

P3111356


いきなり道路脇になんにも無くなったし坂道は続いてるし。

P3111357


日曜日だからかロードレーサーの中年軍団に次々抜かれてゆく。みんな頑張れとかニイハオとか声かけてくれるから楽しい。開けた場所で軍団が自転車降りて遊歩道を海に向かって入っていく。ヨッシーもそれにならって自転車押してついて行った。

P3111359


どっひゃーーん!絶景の崖の上じゃん。

P3111360


一人で写真撮ってたらロード軍団のおばさん(いや多分ヨッシーより若いけど)が日本語でシャッター押しましょうか?と聞いてくれた。

P3111362


聞けば大阪に住んでたとかで、はんだいにりゅうがくしてました。え!阪大!!そうです、大学院に3年行ってました。

頭良すぎるやろ!ロード軍団は台北から走りに来てて、バスと自転車運搬もできるトレーラー付きサポートカーが一緒や。どうやら目的地はヨッシーと同じくらいの場所で、ゴールしたら車に乗ってホテルに帰るらしい。

おばさんはバスや電車にも輪行して乗れることや、週末は輪行しなくてもそのまま電車に持ち込めるとか情報をいただいた。謝謝。

P3111367


登りはあるけど勾配がゆるめなので乗ったままグイグイ漕げば上がっていけるくらい。押し歩きしなくて済むのはありがたい。

P3111368


P3111370


ちょろっとした集落はあるし売店くらいはあるから陸の孤島ではなかった。来て見んとわからんなあ~。

P3111374


アクエリアスみたいな味やった。20元(80円)。

P3111376


海のそばを走っていられるのもここまで。海岸線が険しすぎて道がないところは山越えルートしかないわけで。

P3111380


ロード軍団と抜きつ抜かれつで上がっていくと、黄色い自転車の若者に出会った。台北在住のケビンくん。彼も一周チャレンジ中なのだ。フェイスブックで友達になって情報交換する。

FB_IMG_15208039044690324


P3111382


P3111388


だいぶ上がったけどまだ頂上ではない。まず海から離れて尾根筋まででるわけで。

P3111383


尾根には原住民の村があって、若干の民芸品やとかが並んでた。人気もあるし山中という感じではないな。道はここから尾根づたいに上がってゆく。

P3111386


P3111387


目指すは壽峠なんやけど日も暮れかけてきた。あと3キロが遠い遠い。

P3111389


日暮れ前の5時50分に峠攻略。一気に町までダウンヒル。

P3111390


調べてあったセブンイレブンに駆け込む。はー、文明の明かりがありがたいわ~。ケビンくんも追いついて来たが、彼はまだ先の村まで行くという。暗くなったら走らないヨッシーは周辺で泊まれそうなところを検索し、小さな図書館裏口前の軒下を拝借。

P3111391


P3121393


暑いのでテント無し蚊帳だけ吊って地べたで寝る。

92キロ走行

capture_04


以上

四重渓温泉→車城→ケンティン 愛しのマリナちゃん!

2018年3月10日(土)

P3091289


そうそう、これもしかして台湾七不思議かも。四重渓でも見たしちょいちょい道路の片側を塞いでイベントテントみたいなのが立ってるところと遭遇する。なんかの工事かな?と思ってたんやけどここで実体が判明。これお葬式やん。

なかから読経も聞こえるしお花も届いてるし黒っぽい服の参列者もチラホラいてる。

日本なら片側通行にする場合ガードマンを立てて車のやりとりをすると思うけど誰も交通整理してないし。さらに驚きは、

P3091290


テントを縛る鉄杭を直接アスファルトにぶち込んでる!!それも数10本も!ええんかい?ええんやろなあ。オモローやわ。

P3101294


朝食付きと聞いてたとおり、おばあちゃんが部屋まで持ってきてくれた。

P3101298


宿をでる前に車体点検。なぜか前ブレーキシューがリムに当たってる。よくよく見てみれば、空港で組み立てるときにミスしてずーーーとブレーキ擦れながら走っていた模様。なんやーー。それでしんどかったんや。なんかスピード出ないなあ、疲れるなあ、久々の自転車旅やからかなあ?と思ってたのが解決!ちゃんと部品を付け直した。

さあ!風はまだ強いがしゅっぱあつ。目指すは台湾最南端。

P3101300


その前に次の恒春の町に自転車屋があるのを検索で見つけたのでいってみる。ここは昔お城があったみたいで、町の入り口に城壁が残っている。

P3101301


あったあ!ジャイアントショップ。お店のおばちゃんに身振り手振りで説明すると、スマホの翻訳を使って聞いてくれた。

P3101302


おかげで変速用のインナーワイヤーを2本ゲット。150元(600円)。早速交換してみたら、実は切れそうになってると思ったワイヤーはこのインナーワイヤーじゃなくて外側のチューブ状のアウターワイヤーの方やった。筒になってる端っこがほつれてギザギザが飛び出てるのを勘違いしてたわけで。お店でワイヤーカッターを借りてギザギザ部分をカットすれば修理完了。これで24段変速にふっかあああつ!ブレーキ問題も解決したから速い速い!

P3101310


このすぐ近くの観光名所、出火に行ってみる。なんでも地面から自然に天然ガスが吹き出てて、ずっと燃えてるそうなのだ。

P3101313


えーーっと、これだけ?

たったのコレだけ??

ショボっ!なんかの案内図にはこういうのがあちこちにあるみたいやったのに。実際に火が燃えてるけど昼間やからわかりにくい。世界3大しょぼい観光地やわ。

P3101318


昼になったので今回初チャレンジの自助餐へ。セルフビュッフェスタイルの弁当店のことらしく、一回は来てみたかった。

P3101316


他の客のを見よう見まねで皿に取り、最後におねいさんのチェックを受ける。これで120元(480円)やった。チャーシューがうまかった。



P3101320


さあ天気も良くなって海が青いでえー。ケンティンはどうやら関西の白浜関東の江ノ島みたいなところのようで、夏は海水浴やダイビング客なんかでにぎわうのだろう。

P3101322


P3101325


P3101326


実は今夜泊まるキャンプ場は事前に検索してあるのだ。大圓山キャンプ場。

P3101327


人影がないので勝手に入ってうろうろする。

P3101328


テントサイトはたくさんあって、手製の屋根の付いてるところもある。年中風が強いんやろう、サイトは壁的なものでおおわれている。素人の手作り感満載キャンプ場やわ。親近感わくわ~。

P3111350


誰にも会わないので敷地内の小さなカフェに行ってみた。キャンプの受付はここかな?出てきたおねいさんがべっぴんさん。

Screenshot_2018-03-10-19-54-08


さらに拡大ドン!

Screenshot_2018-03-10-19-54-08-1


渡辺満里奈を可愛くした感じ。しかも英語しゃべれるし。ここは受付じゃなくてあっちの家におじさんがいるから、と教えてくれた。

家の暗いとこからのっそり現れたおじさんに聞いたら一泊150元。調査では100元やったけどそれは何年も前のデータやから値上がりもしかたない。

P3101329


海際のええとこをゲット。

P3101330


P3101331


P3101333


設営完了。ちなみに各サイトにはおじさん手製の電源コンセントが引き回してあるので携帯の充電もひげ剃りもカラオケもできるかも。あと電気毛布も使えるかも。知らんけど。

また漏電のことなど一切考えてないところが潔い。

P3101338


テントはったらここから数キロ先の最南端、ガランピ岬まで走る。陸カニに注意!

P3101343


駐車場で自転車止めたけどそこから結構歩いて遊歩道入り口。まだここから歩く。

P3101344


くねくね曲がって歩く。まだ歩く。

P3101345


P3101346


20180310_170712


よっしゃ来たーー。ガランピ岬。目の前がバシー海峡。見えないけどこの向こうはフィリピンなのだ。まだ風が強くて海が白い。追い波追い風でヨットならビャンビャン走るやろうなあ。戻れないかもしれんけど。

P3101347


キャンプに帰ったらまずミニカフェでビールを飲む。

20180310_180645


お目当てはビールじゃなくてマリナちゃん。買うとき一回、瓶を返すとき一回目と目を合わす(つもり)。

夜はまだ肌寒い。

45キロ走行
capture_03


以上

海の家→車城→四重渓温泉  キヨコさん!

2018年3月9日(金)

P3091249


結局一晩中ザーザー雨が降ってたので屋根の下で助かった。これからも積極的に屋根下を利用したい。

P3091251


出発してすぐのファミマで朝食タイム。高雄の夜市で腹下り気味になったので、しばらくは用心してコンビニ食が続く。

P3091252


ファミマで売られている煮タマゴ。気になるので食ってみよう。

P3091255


あと小エビのビーフンも。タマゴは色よりは薄味やった。

P3091253


広くてコンセントも使える。

P3091256


ここから南はせっかくの海沿いなんだけど曇り空でイマイチ。しかも風が強まって向かい風になったり追い風になったりでラジバンダリ。

P3091257


日本でも田舎に行くとデカいものを屋根に乗せてるよね~。

P3091258


そういえば高雄のあひる家で会った奥さんは島に渡るフェリーでイルカの大群が協力して漁をするところに遭遇したそうで。

P3091260


P3091261


沖合を見ればさらに風が強いのがわかる。

P3091265


P3091267


なんだか前側変速機の調子がおかしい。原因を探っていったらシフトレバー側でケーブルが断線しかかってる?予備のケーブルはないのでだましだまし行くしかない。とりあえず真ん中のギアで固定して走ろう。これから東海岸側は大きな町が少なく、山越えルートもあるので思いやられる。

24段変速が8段変速になってまった。とほほ。

P3091268


四重渓温泉に寄り道したいので、車城と言う町から山側に入る。昼時なので適当に食堂っぽい店に入って身振りでご飯食べたいと伝えたが、女将さんの反応が鈍い。あれ?と思ったときおばあさんがお店に入ってきた。

この人日本人みたいなの、とおばあさんに言ってくれたみたいで、おばあさんは日本語で話してくれた。

ここはチマキ屋さんだけどチマキが食べたいの?と教えてもらって女将さんの反応に合点がいった。いや、ご飯が食べたいんですというとじゃあ家は隣だからご飯あげますよ。どうぞいらっしゃいと神のようなお言葉。

一般のおうちにおじゃまできるなんて滅多にないチャンスなのでついて行く。

P3091269


ひんやりした屋内をずーっと入って台所でいろいろ出してくれはった。ありあわせのものだけどね~、とおっしゃるが、こう言うのが食べたかったのだよ。家庭の味だよ~。

P3091271


86歳のキヨコさんは15年前にご主人を亡くしていまは一人暮らし。おじいさんが日本の千葉の人で、自分は15歳で結婚して5人の子供を育てたんだそうで。一番年下の息子は60歳というからヨッシーより年上やな。

P3091272


年寄りのおうちに長居したらあかんからいいところで切り上げる。中庭で一緒に記念写真。おみやげにみかんを持たせてくれて、またこっちに来るなら寄りなさいとお優しい。キヨコさん、ご飯美味しかったです。ありまとう!

P3091278


3キロほど入ったところの四重渓温泉。共同浴場があると聞いてやってきた。お金を払うところがないので勝手に入らしてもらう。

P3091279


地元の人がみんなバケツをもって来るので洗濯もするのかと思ったら後で理由はわかった。

脱衣所と浴場に仕切のないタイプ。沖縄や別府方式?コンクリートの湯船は浅くて座ってもヘソ上くらいしかない。みなさんそこに座るようにして入ってらっさるが肩が寒くないんかい?お湯はぬるっとしたいわゆる美人の湯という感じ。温度は低め。

体を洗うところには蛇口など無いので、奥にあるお湯と水が溜めてある浴槽からバケツに温度調節して汲み取って浸かっている。ナルヘソそれでバケツか。

P3091280

P3091281

自転車旅2日目だからか、なんだか疲れているし風も強いから民宿に泊まる。飛び込みでおばあちゃんと交渉して800元。いちおう温泉地やからやや高めやけどよかろう。

P3091281


P3091282


P3091284


テレビは地デジ?っぽい。日本の番組チャンネルがあって99,9とかやってるし、もうすぐ陸王も始まるみたい。

37キロ走行

capture_02


以上
プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント