ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月からオーストラリア自転車旅開始。

2018年03月

天祥→タロコ→蘇花公路  難所はどうなんしょ?

2018年3月18日(日)

P3181723


もともと雨の予報ではなかったからテント泊にしたけど、やっぱし清々しい朝はうれしい。いよいよ台湾自転車旅一番の難所と名高い蘇花公路(そふぁこうろ)を越えていかねばならん。事前のリサーチでは日本の北陸にある親知らず子不知と呼ばれる区間同様トンネルが続き、大型車がバンバン行き交う狭い道であると書いてある。人によってはこの区間は輪行して汽車で次の街までワープする人も多いとか。ヨッシーも体力気力、また帰りの飛行機に間に合わせるためとか、いくつかの理由が重なればソレも致し方ないと1%くらいは考えてたけど。

まずは天祥のテントサイトからタロコの入り口まで一気にダウンヒル。



P3181726


セブンイレブンで食料や水などを調達していよいよ蘇花公路が始まる。

動画予定

P3181727


P3181728


まだまだ公路の入り口くらいなので登りもそんなにきつくない。

P3181729


P3181730


一休みしながらテントや寝袋を乾かす。朝イチは晴れていても日光がゆるくてなかなか湿り気がとれないから、さっさと旅立っておてんとうさんが本領発揮する頃合いに干すのが時間短縮。

P3181733


これからいよいよトンネル連続区間に入るので、今回頼りにしているシグナルライトを車体後部に設置。実はこのライトは南部の峠道を走っているときに拾ったのだ。充電式でかなり明るい。

P3181734


P3181736


P3181737


P3181738


P3181739


確かに道は2車線だしトラックなんかもバンバン通るけどこのレベルなら日本の道だっていくらでもあるわいな。坂も時々押し歩きをせねばならんがおおむね走って上がれるくらい。

P3181740


P3181741


蘇花公路の終点は蘇奥という町と聞いている。ただその南側にある南奥までを第一ステージ、そこからを第二ステージと勝手に決めていた。まず第一ステージ最初のトンネルに取りかかる。ここからは自転車等で蘇花公路に挑戦したい人のために動画でお見せしよう。



















トンネル走ってる動画なんて景色も見えんし一般の人には無意味やけど必要な人はおるはずや。



徒歩で環島やってる女子に遭遇。加油~~。

P3181742


トンネルを越えて坂道降りたら、陸の孤島かと思ってたらファミマもあるし。

P3181743


P3181744


P3181745


P3181746


再び登りが続く。海岸線と山が近接している地域なので、道路はいったん高みに登り海際の集落のまで降りてくるを繰り返す。

P3181746


P3181747


トンネル区間ははっきり言って大したこと無いと思った。それは余りにも自転車歩行者のことを考えずに造られている日本の道路を基準に考えているからかもしれない。登り勾配もゆるく造られている(そのためのトンネルやし)し照明も明るかった。

P3181748


P3181749


しかしトンネル後のこの区間はかなり登りが続く。山の向こうに続いている道で坂は終わるかな?と期待しては裏切られる繰り返し。これ天国までノボってんじゃね?

P3181751


まあおかげで絶景なんやけど。

P3181752


道路工事の人足たちも昼休み。ってオイ!!もっと安全なとこで寝たら?三角コーンの威力信じ過ぎやろ。頭轢かれるっつうの。

P3181753


また山道下ってセブンで休憩。日曜日やからかな?熱心な台湾の人々は家の前とかでお札を燃やしてお祈りする。しかしヨッシーの大事な流星号が灰だらけになっとるがな。

P3181754


P3181755


P3181756


P3181757


さあ、南奥までの最後の坂道。思ったより速いペースで来ている。

P3181758


南奥から先は高速道路が完成している。遠くない未来は蘇花公路が全面高速開通し、海際の旧道は交通量が減ってより自転車で走りやすくなることであろうて。

もう夕方なのでこの町で泊まろう。検索したらキャンプ場があるみたいなので探しに走る。

P3181761


管理者と思われるおっちゃんに聞いたら一泊800元すると言う。はははははっぴゃくげん!!!民宿に余裕で泊まれるやん!唖然としているヨッシーを見て、200m戻ったとこに広場があるからそこなら無料やよと日本語で教えてくれた。

P3181759


P3181760


ここならさっき下見したところやわ。公園なのかな、日曜日やし家族連れがいっぱい来てはるし。

P3181762


P3181763


小川では子供らも遊んでる。

P3181765


P3181766


汽車の鉄橋が近いけど夜中はそないに通らんやろ。わからんけど。

P3181767


夕暮れになってみんなが帰るまでビールを飲んで待つ。近くのグループの男性が話しかけてくれた。今日はなんでもその人の誕生日で、ケーキをお裾分けにもらった。ハッピーバースデとお祝いを言っていただく。

これが甘さ控えめでイケる味やないの。手作りならお店できるレベルやわ。

P3181768


P3181769


P3181770


歩道橋なのか水道橋なのかの下で野宿。小川で行水してウイスキー飲んで寝る。

89キロ走行

capture_11


その他蘇花公路動画

















以上

花蓮→太魯閣→天祥 超天然温泉!

2018年3月17日(土)

今日は台湾東側でのハイライト、太魯閣(たろこ)国家公園へ上がるのだ。地図で読むと標高で500mほど登ることになる。やるしかない。ヤルッツエブラッキン。

P3171617


P3171618


P3171619


どのタイミングで果物に手を出すか考えていたのだが、それは今日のようである。なんだか引き寄せられるようにお店で止まった。

P3171620


買ったのは釈迦頭(しゃかとう)と現地で言われている果物。これは旅仲間のレイが、ぜひ食べてくださいと5回も6回もお勧めしてくれた物件なのだ。ヨッシーは台湾に着いてすぐ、夜市でご飯食べてお腹がゆるくなったので以後は自重しながらここまで来たわけで。

P3171621


オーストラリアで仕事してるサムくんに似てるお兄さんが1個65元で売ってくれた。日本でも台湾でも果物ってけっこう高いのよね~。

P3171624


P3171625


タロコ渓谷に上がる道はそのまま3000m級の峠を越えて西海岸へ通じている横断ルートなのだが、今回は天祥というところまで往復するだけ。そして戻ってきたときはこの看板にある蘇花公路を通って宜蘭(イーラン)へ向かうことになる。

P3171630


観光写真に良く出てくるタロコの入り口にある門。

P3171634


P3171635


P3171636


P3171637


すぐに岩盤を削って造ったと思われる道が始まる。東海岸のこれまでの道もそうやったけど、勾配がゆるめなので軽いギアにすれば走って上がれる。

P3171639


そしたらまたすぐに観光名所の長春祠。岩盤を削り短期間で横断道路は完成されたそうで、そのときの殉職者が奉られている。

P3171642


たまたまタイミングがかぶった韓国人グループのおばちゃん達がハイテンション。おばちゃんは世界共通やなあ。そこにあったコーンとほうきを拝借して奇声を発しながらパフォーマンスしてるのはたぶんカーリングのまね?コーンをほうきで押してるし。明るくてエエケド。



おばちゃんらと長春祠まで歩いたが、なんだかの理由で通行止め。残念。

P3171644


安全帽借用処?ウズウズするなあ。借用っておかしないか?貸出しやったらわかるけど、借用やとしたらヨッシーのヘルメットを渡さなあかんことになるがな。

P3171645


とか考えながら坂道をゆるゆる登ってたら、

P3171646


やっぱり貸出しやん!止まった車がヘルメット借りだして渓谷のほうに走ってくし。

P3171648


P3171649


P3171650


トンネルを抜けると吊り橋があったが鍵がかかってるので渡ることはできない。どうやらトレッキングルートは有料みたいである。

P3171651


P3171652


P3171653


P3171654


そしてここから旧道ルートが手堀トンネルのある観光ルートやった。はるか下に川が見え、両側絶壁の絶景やがな。









P3171656


P3171657


P3171658


少し先に茶店有り。ここで実食がよかろうて。

P3171659


釈迦頭。日本でも百貨店とかでは売ってるらしい。きっとお高いから台湾でしか食べんやろうな。

P3171661


P3171663


熟していたのか簡単に手で割れる。中には房が連なっている。食べると一つに一つ種が入っていてまあまあめんどくさい。一番美味しかったのは房と外皮との間のシャリシャリしたところ。梨の食感と味に似ているかも。

P3171664


P3171669


P3171670


まだまだ渓谷美は続く。はっきり言って期待以上のすごさやん。いや~来て良かったわ。坂道は言うほどのことはなく、漕いで走ってたら徐々に登っていく。

P3171686


さあ天祥に入ったよ~。感想としては大して登った気はしない。セブンイレブンがあるのは知っていたのでそこで昼食。

P3171688


まずは今夜の宿として考えていたキリスト教会へ。噂では200元くらいで泊まれるとか。

P3171690


想像してたより小さい教会やなあ。でも静かでよろしい。

P3171689


あれ?400元になっとる。まあええけど。まだ3時過ぎやからか、誰もおらんので先に文山温泉に行くことにしよう、そうしよう。

ホッキャアドウの山坊主によれば、天祥から先に川のそばに自然に湧いてる温泉があるらしい。それはヨッシーも事前調査で知っていたのだが、オススメされたらますます行きたくなった。

P3171692


P3171696


3キロ上流という案内だがけっこうな登りやった。

P3171698


P3171699


入り口と思われる場所に着くと、調べたとおり現在は崖崩れの恐れがあって通行止めになっている。でもまあせっかく来たから行けるとこまで行くべさ。

P3171700


P3171703


ずーっと階段をおりて、吊り橋で対岸に渡る。

P3171704


あ~、やっぱしゲートが閉まってる。

P3171705


でも左側ががら空きやん。元ランニングバックの性としては、デイライトが見えたらそっちにカットバックするのである。

P3171706


P3171707


階段はあるけど手すりはない。しかも降りるにつれ階段の角が削れて濡れてるやん!つまり滑ったら真っ逆さまなわけで。自己責任、というワードがぴったりな環境やわ。

P3171708


P3171709


P3171710


川のそばにも温泉が湧いているようで、手作りの湯船があるが段差が大きいのでそこはパス。

P3171712


崖にぼっこり空間があって、台湾の皆さんはすでに入浴中やった。怪しまれながら仲間に入れてもらう。壁からビャンビャン湯がほとばしっている。やや高めの温度やけど入れないほどではない。やや深いところでも横たわってなんとか全身浸かる感じ。めっさ気持ちいい。4時半回っているので長居ができなかったが、もっと入っていたかった。現地の人は夜に星を見ながら楽しむとか聞いた。そういうのええやん。

P3171715


帰りに見上げる階段。おっそろし~。

文山から天祥まであっという間のダウンヒル。



教会に泊まるか逡巡してから天祥から少し下ったテントサイトに泊まることにした。



P3171716


P3171717


来るとき下見してたけど、ここは無料と書いてあった。しかし公園エントリー料として300元お支払いくださいとかワケワカラン事書いてあったけど。多分週末で役場は休みやから誰も集金こんやろう。

P3171719


P3171720


P3171721


天祥のセブンで買ってきた弁当で夕食。ショックなのは天祥のセブンにはアルコール類が置いてなかったこと。なんでなん!手持ちの台湾焼酎で晩酌して寝る。

P3171722


52キロ走行

capture_10


以上

南平→花蓮 がちょうと扁食

2018年3月16日(金)

例によって野宿の朝は早い。東海岸側はやっぱり田舎町なんだろうな。車の通りも夜は極端に減るし、人も全く歩いてないので安眠できた。雨だったこともあるけど。

P3161590


曇っているが雨はもう降らない感じ。今日は東側の大きな街、花蓮までの予定。日本人は「かれん」と読むが現地読みでは「ファーレン」と聞こえる。しかし「ホアリエン」が正しいやろ?というSNSメンバーからの指摘であった。どっちでも通じる感じやったけど。

花蓮には昼過ぎに到着。まず銀行でお金おろさなアカン。今回久しぶりの海外旅なので、バックパッカーたちのお金持ち歩き方法を参考にさせてもらったらデビッドカードでキャッシングするのが一番手数料も安くて簡単安全と出てきた。30年前に世界放浪旅をしたときは日本円現金または米ドル紙幣にプラスしてトラベラーズチェックを用意したもんじゃがそういうのも死語になりつつあるのかも。

台湾では街ごとにあるセブンイレブンやファミマのATMでも利用できるが、試してみたら一回の利用に付き100元の手数料がかかる。しかし高雄空港で銀行ATMを利用したときはかからなかったので、100元といえども節約のため花蓮で銀行を探して両替するのだ。

P3161595


P3161596


無事出金後、鳥の看板に吸い寄せられてランチする。入店してわかったが、がちょうを食べさせる店やった。店名は我鳥肉先生。一般の食堂よりちょっと高級な感じ。店員もちゃんとした英語を喋るおねえさんがいた。

P3161593


P3161594


おすすめの肉とライス、スープで248元(1000円)。ちょっと贅沢した感じ。

P3161597


ブッコムで見つけた最安の宿一泊200元(800円)まで行ってみたがすでに満室だと断られた。金曜日やったのも関係しているのか?速攻でブッコムで探した次の宿にまだ昼過ぎやけど行ってみた。SLEEPING BOOT HOSTEL ブッコムで検索して予約、一泊283元。

P3161598


いがぐり頭のお兄ちゃんが対応してくれて、ほんとは3時からチェックインやけどもういいよ、と言ってくれたので助かった。

P3161600


P3161601


キレイに掃除されてるし洗濯機も20元で使わしてもらえる。スタッフはキレイな英語を話して、やっと田舎圏から抜け出た感じがする。

P3161602


P3161603


昨日雨の中をちょこっと走ったので泥ハネがついている。今回は自転車軽量化のため泥よけを外してあるのでモロに来るのだ。

野宿開けなのでシャワーは大事。そのご花蓮名物のワンタンを食べに行く。なんか町中に扁食という看板が多いな~と思ってたらワンタンのことやった。日本のと違い中に具がバッチシ入ってるらしい。

P3161610


P3161609


一番人気の店はちょっと遠いので、二番人気の近場ですます。

P3161604


P3161605


席について内食用の赤伝票に食べたいものを書き込んでレジで渡す。そのときお店のおねいさんがショーケースを指さしてなんか言ってる。一皿取って、とか言ってるようなので青菜のやつを選んだ。

P3161606


P3161608


青菜にはちょっぴり辛いタレをかけたら美味しかった。ワンタンも噂に違わずボリュームあって美味しかったがヨッシーにはちょっと薄味やった。もちろん辛いタレで調整。

お金払うときに青菜の分も請求され105元。そうかおねいさんは小皿料理もいかが?とか聞いてたからか。てっきりワンタン頼んだら一皿付いてくるとか、突き出しみたいに一品頼むルールかと思ったら違うかった。でもおねいさんのエクボが中井貴恵みたいやからエエけど。

P3161611


ワンタンだけでは物足らない。帰りがけに自助餐(取っただけ払う式)でも食う。店番のめがねの兄ちゃんも英語を普通に話せたのでアレとソレとコレと取ってもらって100元(400円)。

P3161612


味も良いし店内もキレイ。事前にググってレビューを確認してから来たから当然かも。

P3161613


さあ、明日は東海岸の有名観光地、太魯閣(たろこ)公立公園まで坂道を上がるのだ。

39キロ走行

capture_09


以上

瑞穂温泉→ラフティング→南平  ノーパドルノーラフティング?

2018年3月15日(木)

P3151510


P3151511


P3151512


P3151513


P3151514


温泉山荘は朝食付き。しかもちゃんとしてるし食べたいだけ食べれるスタイルやん。お粥にいろいろ会わせて食べる。コーヒーもついてるし満足度大。昨夜到着した日本人サイクリストや日本語出来る台湾人おじさんとお話ししながらゆっくりいただく。

P3151516


テラスは眺めも良く鳥の声が聞こえてきて清々しいなあ。同じくロードバイクで環島している日本人(40歳後半くらい)は、あと台北まで行って一週完了だそうで、まだ半分も回ってないヨッシーは遅すぎる?

P3151517


9時半にラフティング会社のお迎えが来た。20分ほどでラフティングセンターに到着。

P3151518


P3151519


P3151521


ウェットスーツとかは無し。靴は換えがないのでネオプレーンのブーツを有料で借りた。ヘルメットはラグビーのかぶるやつみたいなソフトタイプ。まあこれで用は足りるけど。

スタッフは台湾人ばっかしで、若干英語を話す女の子がカタコトで案内してくれる。若い男子スタッフが何人かいるけど日本や欧米のガイドさんとはちょっと雰囲気が違う。なんて言うのかな、川臭がしないっていうのかな?

P3151522


P3151523


今日一緒になったのは台湾人の若者4人。

P3151527


P3151530


P3151531


ラフティングセンターまで徒歩移動して、ヨッシーだけ日本語の安全対策ビデオを見る。

P3151532


P3151533


さらに徒歩で河川敷を移動していよいよ川下り開始なのだ。

ボートをよく見て欲しい。船外機エンジンが付いている。事前の情報で知ってはいたが台湾流は独特で、ボートごとにガイドが乗るのではなく、各船はお客さんだけで漕ぐのだそうだ。そしてひっくり返ったり引っかかったりしたら、即座にガイドが操るエンジンボートがやってきて救助してくれるという寸法である。

P3151537


しかし今日は参加人数が少なすぎるからか、エンジン付きのボートに乗せられ、ガイドがエンジンを操って川を下る模様。パドルすら持たせてもらえない。なんじゃこれ?観光船やん。

しかし出来る限り楽しむしかない。

P3151540


P3151541


P3151542


P3151544


やはり渇水期だからか川が浅い。川漁師風のガイドはガッツ石松似。エンジンのプロペラが川底をこすって壊れたりしないように深いところを探りながら繰船してゆく。

下り始めはなんとなく和歌山の熊野川に川相が似ている感じ。両側の崖には素晴らしい節理の層が見られて地層大好きタモリなら大喜びする風景である。

P3151549


ガッツ氏はライフジャケットもヘルメットも無し。ゆるいわ~。パドルもないから景色を見るしかすること無し。ガイド氏も英語出来ないので会話もナッシング。しかし耳元でエンジンと前後進切り替えのガガガって音がするし、排ガスもプンプン臭うから自然を満喫してる感は80点減点やなあ。

P3151550


P3151554


P3151556


24キロほどのコースだけどエンジン付いてるからかどんどん進んで2時間ちょいでゴール。川岸でガッツはエンジンをボートから外し、肩に担いで撤収している姿は正に川漁師。

P3151560


P3151562


P3151564


P3151566


P3151567


ツアーはお弁当付きで750元(3000円程度)。この人数でこの金額は赤字やけど最盛期の写真では河川敷一面にボートが100艇くらい並んでたからそのときに儲けてるんやろう。川下りの様子はビデオでも撮ったので、暇な人は見てね。

















また車で温泉山荘まで送ってもらい、2時過ぎてるけど行けるとこまで走ることにして出発。空は雨模様やしどうなるやらって感じ。

P3151570


P3151571


5時頃とうとう雨が降り始め、セブンに避難したらもう動けなくなった。

P3151572


向かい側に見える食堂がなんとなく気になってググってみたらヨサゲなので行ってみる。

P3151573


P3151574


お店の女性に日本人だというと、奥から日本語が少し出来る女性が出てきてくれた。

P3151575


P3151577


P3151578


こんな可愛いメニューは台湾に来て初めてやわ。写真付きなのが助かる。

P3151579


出てきたお茶のカップもええ感じ。おもてなしのココロを感じる。豚バラ三枚肉定食?をお願いした。

P3151580


なんということでしょう。キレイな盛りつけで味もやさしい。台湾に来て初めての心遣いある料理という感じ。

P3151582


温かいコーヒーも付いてて180元(720円)って安すぎやろ。お代を払いながら女性スタッフ2人と少し会話。なんだろうこの落ち着く感じ。あとで思ったけど東京庵やん!ジュンコねえとマチコねえやん!!(わかる人にはわかる。母校の学内食堂のこと)

P3151584


雨はザンザンぶり。

P3151585


すぐそばの図書館軒下で野宿。たっぷり広くて助かるわ~。

36キロ走行

capture_08


以上

池上→瑞穂温泉 混浴なのだ!

2018年3月14日(水)

公園野宿はまあまあ快適。ただ2時頃かな?スクーターで走り回ったり爆竹ならす若者が若干いたけど30分ほどで去っていった。

P3141465


野宿開けの朝は早い。走り出してすぐに見つけたなんかの像。

P3141469


砂で出来てるんかな?弘法大師かな?ちゃうやろけど。

P3141471


P3141472


花がきれいな季節ですわ。日本の気候に例えれば、5月の中旬頃かな。あくまで関西基準やけど。

P3141473


P3141474


最近コンビニでコーヒーを買うようになった。日本でもあるよね~。中国語で言い方を調べるけど、その発音が正しくないからやろうか、何回言っても通じなかった。あきらめてメニュー看板を指さして、アメリカーノ、コーヒー、ホットとか単語で伝えれば何とかなる。ちょっと台湾生活になじんできたと思う。

P3141475


P3141476


今日の目的地は瑞穂温泉。ルイスイ温泉という。台東以降北上しているルートは、現地では花東公路山線と呼ばれる道。もちろん海線もあるわけだが、人や産業がより集中している山線のほうを選んで走っている。山線と言ってもほんとの山の中じゃなくて、海と山線の走ってる平地との間に縦じわのような山があるだけ。

P3141479


P3141480


ここで北回帰線を越えて熱帯から亜熱帯に入る。公園にモニュメントがあるけど工事中やった。

P3141477




草笛を吹くおっちゃんが観光地感を出しているがほかに目立つ物もない。

P3141484


台湾人若者達が、巨大ヤカンを持っている風な写真を撮っていてホノボノやなあ。

P3141485


P3141486


ルイスイ温泉までやってきて、たまたま見つけたヨサゲな食堂に入ってみる。

P3141487


P3141488


P3141489


P3141490


なんと日本語のメニューがあるやん。豆腐を醤油煮込みにします。します、はイランねんけどまあええか。

P3141492


P3141493


P3141494


P3141495


チャーハン、青菜の炒め物、豆腐の醤油煮、アサリのスープ。味はあっさり、250元也(1000円)。ちょっと贅沢したけど現地の味の物を食べたかったので良かった。

P3141496


温泉宿に行く途中に建築中のホテル?デカイし贅沢な造りっぽいし台湾ってバブルなんかな?

P3141497


P3141498


P3141499


道からホテルまでの最後の坂が急すぎ。でもまあ200mくらいやけど。宿の名は瑞穂温泉山荘。なぜかブッコムではJSスプリングと表示される。ここも旅仲間レイからの情報で泊まりに来た。古い和室の部屋なら一泊700元でシングルルームに泊まれるのだ。しかも温泉入りたい放題。

P3141501


P3141502


P3141503


ひなびた温泉宿の雰囲気バッチシ。少々のかび臭さは逆に良い味付けと思えよ。エアコンは新品やん。

P3141504


このタイプの窓の鍵って久々に見るわ。ぐるぐる回して閉めてみる。久しぶりの感覚やわ~。

P3141505


外湯は水着を着けて。つまり混浴スタイル。

P3141506


P3141508


個室もあってこっちは日本スタイルで入浴可。

P3141509


他の客がおらん隙に記念ショット。

温泉から出た瞬間に白人美女2人組と入れ違いになった。しまった!島倉千代子!しかし今更Uターンはあからさまや。あきらめて部屋でビール飲む。

ちょっと時間をおいて再入浴。白人美女との混浴ミッションコンプリート。話してみたらドイツ人の学生で、こっちで自転車借りて旅してるんやて。このあとの予定聞いたらたぶんヨッシーとは別ルートやった。たった5分やったけど混浴できたのはこの旅サイコーのイベントやったかも。

北海道の藤原オヤジから、その当たり行ったらラフティングせえよと言われていたので調べたらまさにここやんか。山荘のフロントで明日参加できるか聞いてみてくれたらOKやった。

海外のラフティングは久々やな~。なんか緊張するわ~。

57キロ走行

capture_07


以上
プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント