ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。次はまた自転車旅に戻るため、準備中。

2017年06月

比布→塩狩峠→下川 電車に泊まるのだ

2017年6月27日(火)

まだ5時やというのにおっさんライダーたちは起きだし、辺りはばからぬ声量で会話するから寝られんやないか。っつうてもヨッシーも起きとったけど。

今日もまた曇り空の寒い日になりそうな気配の中、8時半にライダーハウスを出発する。

これから通る塩狩峠は、今回の旅の中でも大きな意味を持つ場所なのだ。

P6275490


標高は300m無いのでたいした坂道ではない。30分ばかりエッチラオッチラやってたら峠についた。

P6275491


看板にもあるように、三浦綾子の書いた同名の小説「塩狩峠」の舞台になった場所である。明治に起こった列車事故で殉職した鉄道員の話し。

P6275497


前回この峠を越えたときはすでに夕方になっていたので特に見学することはなかった。ただこの看板によって小説の存在を知り、その後旭川図書館でたまたまその本を見つけて読んだのがご縁の始まりになった。

駅舎を見るのも今回が初めて。

P6275494


P6275495


充分に泊まれそうな無人駅。

P6275496


この鉄路の先で事故は起きたのだろう。どのあたりかはわからないが。

P6275499


鎮魂の気分であるので神妙な顔つきになっとる。小説を読んだので、この場所全体が殉職者の魂を鎮めているような空気を感ずる。

P6275501


鉄道員長野氏の殉碑がある。

P6275502


P6275503


最後部車両の連結が外れ、坂道をバックし始めた客車を止めるため自ら線路に身を投じ乗客を救ったのである。

本を読んだのはもう7-8年前になるが、それ以降たまに振り返り思うのは、自分に同じことができるだろうか?と己に問うのである。

できるような気もするし、やっぱり無理かもとも思う。結局その場にならないと答えは出せないと。

「神様わたしの命をお使いください」。ヨッシーは仏教徒だけれどキリスト教系の学校だったから聖書も読んだし牧師の説教も聞かされた。しかし覚えている中で、「命をお使いください」という言葉とは出会っていなかったと思う。

P6275504


続いて三浦綾子記念館へ。入場料200円。実際の住居は旭川市内にあったが、1999年にこの場所に移築保存されている。館内撮影禁止。

三浦綾子の壮絶な人生とも触れることができ、来て良かった。受付の30代ちょっといい感じの女性と世間話して記念館を出る。

P6275505


峠からは下りである。バンバン走って距離を伸ばす。目的地の下川町までは80キロ弱の道のりなのでヨッシー的にはかなり無理がある。急がねば。剣淵道の駅に寄る。

P6275506


ここは富良野のブラックとその弟子タツオと川下りに行った際にも立ち寄った。お目当ては鳥もも焼きと蒲鉾屋。しかーし!まさかの臨時休業!ヨッシー持ってるわ~。

P6275507


鳥もも焼きはやってて良かった。350円也。単純な塩コショウ味がうまい。

P6275509


士別で買い物している間に雨が降り出す。いかんがな。下川町で泊まろうと思ってる電車は17時までに申し込むことになっとるのだわ。30分も雨宿りしてしまった。

P6275510


名寄の市内をパスし、なんとか下川町内に入った。ギリ間に合うか?

P6275511


間に合った~。16時40分受付完了。今日の泊まりはヨッシー一人っぽい。

P6275512


P6275513


P6275515


泊まるのは2回目だから勝手はわかっとる。かなりヘトヘトなので焼酎飲んだら寝てしまった。

以上

美瑛→比布 ブンブンハウス

2017年6月26日(月)

やっと雨は上がったが曇りがちな寒い朝。

P6265468


おっちゃんライダーたちは次々旅立って行く。ヨッシーも8時過ぎに蜂の宿を出発。北を目指す。

P6265471


国道を走っていると後ろから来た白い乗用車がホーンを鳴らして先で止まった。昨日別れたばかりのミスターブラックやないかい!またしても再会。ご縁があるわ~。仕事でたまたま旭川に行く途中にヨッシーを発見したんだと。しばらく立ち話して別れる。また会おう!

P6265472


お昼は旭川駅内にある駅ナカ食堂。たまたま立ち読みした雑誌に載ってた学生焼きそばを食べたくなったのだ。

P6265473


麺は2倍なのに470円。安っすう~。名前は学生だけどフリーターでもニートでも旅人でも年金おやじでも注文できる。

P6265475


麺が細目でソースの絡みがよくて美味い!お代わりできそうやわ。のど乾くやろうけど。

P6265476


しかし今日は気温が低いわ。手がかじかんだりするほどではないけど、体温が上がらずじわじわ寒い。旭川北部の比布(ぴっぷ)を目指す。

P6265477


P6265478


午後3時に比布駅に到着。駅舎が新しくなってる。北海道JRはあちこち廃線させているがお金使うところは使う。

P6265479


駅のすぐとなりにあるのがブンブンハウス。前回泊まったのは6-7年前。なんと300円で泊まれるライダーハウスなのだ。

P6265481


P6265482


P6265483


元公民館を開放しているわけで、町の経営なのでしっかりしてる。テレビも洗濯機もコインシャワーも完備。

あとから札幌からの若者。おじさんライダー4人やってきたが広いので余裕で寝れる。

若者はなんだか自信なさそうな話し方をする男で、ヨッシーが話し終わっていないのに勝手にじぶんなりに解釈して話し始める。そんなことが重なったので教育的指導。人の話が終わってから自分が話し始めようね、と。しかしその後も言い訳ばっかし言ってしまうのは、今までそんな生き方をしてきたからやろう。言うことは言った。あとは自分で考えろ、である。

明日は名寄の先、下川町まで70キロの予定なので寝る。

以上

本降りの一日

2017年6月25日(日)

夜半から雨になり、予報では小雨となってたのに屋根に当たる雨音がバラバラ言うとるやないかーい。まあ始めから停滞予定やからそれでええんやけど。

P6255462


旭川在住のリカがお休みなので迎えに来てもらって白金温泉へ。おっちゃんライダー2人も誘って温泉浴。ホテルの日帰り入浴は864円もしたけど広くて気持ちよくてええんでないかい。

ライダーハウスに戻ったら、間髪入れずに電車式居酒屋へ。リカもウーロン茶で(運転あるから)参加して盛り上がった。

P6255464


P6255463


P6255466


びっくりしたのは富良野のミスターブラックが、ヨッシーの忘れ物を届けにいきなり来てくれたこと。川下りの帰りだとかやけど、疲れてるのにわざわざ悪かったなあ~。

例によってたいがい飲んで寝る。

以上

雨予報で停滞中@美瑛

2017年6月24日(土)

この週末は雨予報なので前に進めない。昨日深山峠を越えて来たわけだけれど、ペダルを漕ぐ度にちょっとした異音がしていたわけで。何度も止まって原因を探ったが解らず。美瑛についた時にもしやと思ってスポークを見たら一本折れとった。これがキシキシカキンと鳴っていたようである。

P6245454


後輪にはギアがついているのでこれを外さねばならない。

P6245455


スポークが折れる、と言っても真ん中とかからポキンと折れるんじゃなくて、ハブに引っかかってる先端の部分が壊れるのだ。

P6245456


ギアを外し古いスポークを取り去り、新しいのをハブの穴に通す。タイヤの空気を抜いて、リムの内側を露出させてスポークの末端に付いてるネジ部に向けてメス型のボルトを回しつけて締め込む。

言葉で書いてもわからんなあ。難しいわ。とにかく小一時間で作業終了なり。

P6245460


夜はまた電車式居酒屋タイム。福岡と新潟から来たおっちゃんソロライダーたちと話して盛り上がる。

以上

富良野→美瑛 蜂の宿ふたたび

2017年6月23日(金)

P6235437


一週間居続けた富良野を去る日が来た。思えばカヤックダウンリバーに始まりトムラウシまでのスーパードライブもあり、流星号の整備もうまくできて充実の滞在やった。ミスターブラック、ありまとう。アイシャルリターン!

P6235438


ミスターレッド邸も表敬訪問。レッドは仕事で出かけてたが嫁には会えた。サンキュウred&mari。また会おう。

P6235439


まずは富良野市街をめがけて北上する。え?来た道戻るの?そうなの~。旭川から南に下がって富良野に来たのだが、思いの外自転車パーツの到着が遅れたこともあり、7月2日の枝幸カニ祭りに間に合わせるため北上直行ルートに変更した。すべてはカニのため!知事は都民ファースト。ヨッシーは蟹ファーストなのだ。

P6235440


せっかく富良野に戻ってきたので、カレーのふらのやでランチする。開店前に並んでる人がいる。

P6235442


ランチ設定のやわらかチキン乗せのスープカレーを発注。ご飯の大盛りも無料である。

P6235443


魅惑の液体やの~。スープカレー初体験するまでは単なるシャバシャバのカレーやろ?としか思ってなかったが、実食後は380度見方が変わり、土下座で謝罪するがごとくに旨かったのである。1000円也。

P6235444


来た道を戻るのでまたしても深山峠を越える。ギヤやチェーンを一新したので心なしかペダルにロス無く力が伝わる感じがする。

P6235446


峠で写真を撮ろうとしてたら売店のお兄さんがシャッター押してくれた。この人もチャリダーだったに違いない。タイヤの空気圧の心配や荷物の多さからのルート選択など気を回してくれた。

P6235450


兄さんが教えてくれたジェットコースターの道まで行ってみた。こんなの前からあったのか?と2011年版のツーリングマップルを見たらちゃんと観光スポットとして載ってるわ。知らなんだ。

しかしチャリダーにとっては直線の道は鬼門なのだ。なぜなら無意味なアップダウンを強いられるから。危うきに近寄らないヨッシーはまた国道に戻って美瑛まで走る。

P6235451


4時半に美瑛のライダーハウス、蜂の宿に到着。速攻で電車式居酒屋へ。同席した群馬出身道東で7年住んでるライダーのおっちゃんと語り合う。

P6235452


ザンギうめえ~。これで380円やで。餅の論で90分飲みホ。昨日この宿には旅行家ライダーの藤原かんいちくんが泊まっていた。すれ違いで会えなかったのは至極残念。しかし居酒屋マスターはかんいちくんとヨッシーの話をしていたみたいで、2人が友達だと言うことを知っていた。

P6235453


90分は短すぎるわ。120分1200円コースも作って欲しい。お会計は1760円。泊まり賃500円をキックバックしてもらい1260円のお支払い。

以上
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント