2017年7月14日(金)

P7145868


朝焼けの朱鞠内湖。ここは一人一泊600円の有料サイトなのであるが、日本離れした風景が魅力だとものの本には紹介されている。しかし600円も取るならゴミ箱くらい設置してほしい。いま、道の駅などもゴミ箱を置かなくなり、「ゴミはお持ち帰りください」ということが多くなっているがこれはいかがなものだろうか?長期中期の旅人は家までゴミを持ち帰ることもできないわけで、そこらのコンビニなどでゴミを捨てている。

つまり公共的な施設で受け入れてもらえなかったものが、コンビニに押しつけられている構図ではないか。施設の態度としてそれでええのか?と強く思うのである。

15日に滝川に着くには今日もできるだけ走っておきたい。朱鞠内湖からはおおむね下り坂傾向であるが、そんな楽したい気持ちを軽々とくつがえしてくれるのが北海道の自然なのだ。早めに撤収して6時半に出発。暑くなる前にどんどん行こう。

P7145871


P7145872


P7145873


すぐに朱鞠内湖バス停に出会う。立派な建物じゃのう。かつては鉄道が、今はバスが地域の足。こんなだったらキャンプ場やめてここで泊まってもよかったか?いや待てしかし、32年前の想いでの場所に泊まることが意味があったのじゃ。

P7145874


今日も向かい風が6~7m吹いている。下り気味な道のはずやけどその恩恵が全く感じられん。

P7145876


P7145877


そうかここらはそばの産地だったか。手作り感な展望台。上ってみるがなんか酸っぱい匂いがするぞ?ああ、そうかこの白い俵は中が牧草なのだ。それが発酵しているわけである。

P7145883


もうすぐ白い花が咲き誇ることだろうて。

P7145885


昨日の終わりあたりから後輪タイヤに違和感あり。ポコンポコンとなるのが今日はさらに大きくなった。とうとう限界が来た模様。道の駅幌加内の日陰を見つけて交換作業する。

P7145886


またしても歩道の段差を利用したジャッキで後輪を取り外す。

P7145888


タイや交換なんかお茶の子なので、10分くらいで作業完了。新品タイヤは気持ちがええ!

P7145889


沿線のバス待合所がかわいいデザイン。ムーミンに出てきそうな感じ。

P7145890


幌加内町内の施設。

P7145891


牙城、と自署してあるが、自分で自分に牙城と言ってもええのやったかな?なんか違う気もする。ワカランケド。

P7145892


集落の間はなんにもない。牧場や農場の家々がポツリポツリとあるだけなので、ここでご飯を食べるしかない。

P7145893


お店一押しのそばには目もくれず、カツカレー。なんでも日本一のそば生産量ならば、普段の生活で口にするそばにはたいがいここのが使われてるんちゃうか?そんなら改めて食べることも無かろう、という持論なのだ。

P7145895


普通の味と量。930円の意味は感じられんが、町内に競合はないみたいなのでヤリ放題なのか?ワカランケド。

P7145898


でかい。

風はグングン正面から吹き、足取りは遅々として進まない。雨竜川に沿って下流へ行ってるわけだから、もっと楽でいいんでない?と思うが消耗が激しい。国道というやつは気まぐれに川から離れ、小高い場所を容赦なく通るため、自転車にとっては意味のない上り下りが多いためである。いつもならええけど今日は勘弁して~~!と言いたくなる疲れ具合は昨日のを引きずっていることは間違いない。

P7145900


ここはもう蕎麦の花が咲いている。

P7145905


一つの区切りが来た~~!幌加内トンネル。中が涼しくてずっとトンネルやったらええのにと思う。

P7145906


P7145907


近道しようと国道からハズレたら、Google Mapsにやられた!案内通りに行くと砂利道になり、最後に渡る橋ってこれかーーい!軽トラの幅くらいしかないけど、ようこんな道案内するわ。もう信じない。

P7145908


P7145909


最後の5キロが辛かった。沼田の田島公園キャンプ場に5時半到着。今日は11時間も行動しとったやないかい。しかも30度越えの炎天下で。

水道水浴びが気持ちいい。呑んでテントに入ったら1秒で気絶。疲れた~。

以上