2017年4月27日(土)

レース委員会から27日28日の2日間は島民対象のクルーズ体験会に協力するよう言われている。ヨッシーは回航に来る前にそれを知らなかったので、え?マジで?とシンプルに思った。

直前に知らされた内容は、初日は4回実施、2日目は3回実施。どちらもほぼ丸一日取られてしまう。こんなんもう仕事やん!せっかく小笠原まで来たから、観光とかゆっくりするとか考えていたわけで。

しかしまあ人手が必要なら協力するしかない。天気は小雨が入り交じった曇り空。湾内でも時折突風が吹くというコンディション。

P4274635


まず1回目は8時半開始。だからもう仕事やん!社会人男性2名。イチは島でシーカヤックガイドを15年やっているという。風で船が走る初体験しにきた。めっさ喜んでるし質問責めやし。それからNTT職員のお兄さん。こちらもそれなりに楽しんでる。

P4274636


なんかええやん!楽しいやん!聞けば初日は120人が応募し、明日は100人がエントリーしてるという。なんなら追加募集してもええですか?と島役場は言うとるそうな。関心の高さが意外やったわ。

P4274638


2回目はギャル4人。中学生と聞いていたけどギャル4人。ブーゲンとかいう居酒屋?レストランで働いてるとか。マイケル(舞という名前かららしい)は色黒な海大好き系。揺れにも強いし操縦させたら一番素質あった。サヤはたった5日前に小笠原に着いたばっかし。真理子は口は立ちそうだがすぐさま船酔い気味。アミは終始グロッキー。

食事もできるバーレストラン?みたいな感じなので有朋丸メンバーは繰り出すことに決めた。

昼を挟んで後2回もなんとかこなし、やっと夕方に解放された。ナカムラキャプテンと増田くんが泊まってるサンシャインに行ってお風呂を借り、ブーゲンへ。

P4274639


P4274640


なんかナイトパブみたいな感じやけど家族連れも普通に食事している。昼間の4人組は実はブーギャルと呼ばれてて、ウェイトレスみたいに注文取ったり運んだりもするけど水割り作ってくれたり隣に座って接客したりもするのだ。キャバクラとレストランが合体した感じ。島っぽくて良い。

P4274642


1ポンドステーキなる名物メニューを食べてみる。赤身で食べやすく、一人でも完食できそう。うみゃい!

P4274644


島歴5日目のサヤ。なかなかカワユイし色が白い。

大流行で満席だったため最初は入店を断られたが、たまたま居合わせたレース委員会の人と地元の協力者の席によんでいただいたのがラッキーやった。

最後はマスターが車でヨットまで送ってくれて一人船内就寝。

以上