2017年4月23日(日)

夜中に通過した明神礁あたりで極端に波が悪くなり、追い波に船尾が持って行かれて向きが変わったときに大きく傾く。幸いオートパイロットで対応できる範囲なのでいいが、もっと悪くなると人間が舵をとらなくてはいけなくなり極端に辛い状態になってしまう。それだけは避けたい。

最初はおだやかな航海かな?と思わせておいて、やっぱし小笠原航路はただ者ではないぞと言われてる感じ。

P4234539


朝が来た。波は少しおさまり1~1・5mくらい。引き続き魚釣りの仕掛けを引きずって走ってはいるが何も反応無し。第二レグ240マイル引き回しの刑に続き、第三レグも引きずられるだけのルアー人生なのか?

P4234545


食事担当の増田くん。揺れる船内でご飯を鍋で炊いたりしてくれる。

P4234546


途中にはいくつかの岩や島が並んでいるところもあり、その一つのミスミ島。1000m以上ある海底からそびえ立ってさきっちょだけ海面に出ている。

そして2回目の夜が来る。

つづく