いよいよヨット旅の最終段階、沖縄航路の話し。

日本一周6


日本一周7


2016年3月29日、種子島西之表港に預けてあった流星号で南に向けて旅立った。

まず屋久島に渡り、翌日隣の口永良部(くちのえらぶ)島へ。フェリーの着く側ではなく、湯向(ゆむぎ)の港に入る。港と言っても突堤が一本あるだけ。自転車旅の時に縁あってやってきて、ここには良い温泉があるのを知っていたのだ。

そしてそのときに知り合ったヨットマンが民宿をやっている。ヨットマンと言ってもヨットはやらない。ヨシトという名前なので、あだ名がヨットマンになっただけ。

イキナリ訪問。そして夜は一緒に飲むことになった。その日泊まるNHKのスタッフも交えて卓球に興じたり、面白い夜を過ごすことができた。

口永良部からはトカラ列島を島伝いに南下する。

口之島~中之島~悪石島~宝島と渡ってゆく。黒潮の影響だろうと思うが、ところによっては逆潮になったりしてなかなか悩ましい海域だった。島から離れるとき、近づいたときもなんだか無闇に波が悪くなるのもその影響だろうか。

中之島では偶然YOUは何しに日本へ、に出演した家族と出会うことが出来た。

宝島から奄美大島の名瀬に入り、原付バイクを借りて田中一村美術館も再訪した。

奄美大島の隣、加計呂麻島では家族で島に移り住んだりゅうちゃん一家を訪ねた。りゅうちゃんとは以前の仕事関係つながり。自然を愛するヨットマン(これはあだ名ではなくホントのヨットマン)である。

それと加計呂麻島には花田一家も再会できた。自転車旅でカケロマ島に来たときたまたま出会って泊めてもらい、今は自分の田舎の家みたいな感じになっている。

奄美大島~徳之島~沖永良部島~与論島~伊是名島~伊江島~沖縄本島宜野湾マリーナ

宜野湾には4月25日に到着できた。

続く