ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。次はまた自転車旅に戻るため、準備中。

沼田→滝川  コテージでビールパーチー!

2017年7月15日(土)

いよいよビールパーチーのXデーなのだ。例によって朝4時に明るくなって目を覚ます。とっとと片づけて6時半に公園キャンプ場を出発。

今日も暑くなりそうだから、午前中には滝川に到着しておきたい。約40キロの行程。しかしやっぱし向かい風。

P7155912


ここいらは平野部になっておるので、坂道の心配はないがやはり6-7mの向かい風が大敵だ。

P7155913


P7155914


北竜町の道の駅。敷地の大部分はホテルが建っているのであまり有意義な道の駅とは言い難い。あくまでヨッシー的主観やけど。

P7155915


P7155916


また次の10キロ走ると雨竜の道の駅。ここは建物の真ん中にアーケードみたいな部分があり、宿泊には適しているかも。

P7155917


景気付けにロイヤルショコラソフトクリーム330円なり。贅沢してもうた。

P7155918


出た。黒地の看板。

P7155919


おしらりか??どんな字を書くのや?

P7155922


答えはこちら。

P7155924


またしてもGoogle マップにだまされかけながらも寸前で回避。無事に今日の昼食場所、喫茶マリンについた。ここは2回目の来店で、爆盛りで有名なお店なのだ。

P7155925


今回はエビ天丼を選択。これ、普通盛りなのだ。エビは12本乗っておったし、ご飯は4人前分くらいあった。1080円也。

前回はカツ丼を完食したと思うが、今回は暑いのと水を飲みすぎたのと向かい風と年齢を理由にご飯を3分の1残してしまった。痛恨の極み。次回はカレー系を頼んで完食したい。なんせカレーは飲み物やし。

今回誘ってもらったのは滝川のヤッシーの企画したビールパーチー。温泉に付属したコテージに泊まり、生ビールで暑気払いしようという企画。

P7155926


おお、立派なコテージやん。中も広くて部屋がたくさんあり、洗濯機や冷蔵庫もある!早速ヨッシーは洗濯する。

P7155927


三々五々人が集まり12~13人くらい集まった。

20170715_180844


20170715_180900


ヤッシーとコーギーと記念撮影。

P7155928


しゃべりまくって呑みまくって12時過ぎまで楽しんで爆睡。久々のお布団。

以上

朱鞠内湖→沼田  向かい風なのだ~

2017年7月14日(金)

P7145868


朝焼けの朱鞠内湖。ここは一人一泊600円の有料サイトなのであるが、日本離れした風景が魅力だとものの本には紹介されている。しかし600円も取るならゴミ箱くらい設置してほしい。いま、道の駅などもゴミ箱を置かなくなり、「ゴミはお持ち帰りください」ということが多くなっているがこれはいかがなものだろうか?長期中期の旅人は家までゴミを持ち帰ることもできないわけで、そこらのコンビニなどでゴミを捨てている。

つまり公共的な施設で受け入れてもらえなかったものが、コンビニに押しつけられている構図ではないか。施設の態度としてそれでええのか?と強く思うのである。

15日に滝川に着くには今日もできるだけ走っておきたい。朱鞠内湖からはおおむね下り坂傾向であるが、そんな楽したい気持ちを軽々とくつがえしてくれるのが北海道の自然なのだ。早めに撤収して6時半に出発。暑くなる前にどんどん行こう。

P7145871


P7145872


P7145873


すぐに朱鞠内湖バス停に出会う。立派な建物じゃのう。かつては鉄道が、今はバスが地域の足。こんなだったらキャンプ場やめてここで泊まってもよかったか?いや待てしかし、32年前の想いでの場所に泊まることが意味があったのじゃ。

P7145874


今日も向かい風が6~7m吹いている。下り気味な道のはずやけどその恩恵が全く感じられん。

P7145876


P7145877


そうかここらはそばの産地だったか。手作り感な展望台。上ってみるがなんか酸っぱい匂いがするぞ?ああ、そうかこの白い俵は中が牧草なのだ。それが発酵しているわけである。

P7145883


もうすぐ白い花が咲き誇ることだろうて。

P7145885


昨日の終わりあたりから後輪タイヤに違和感あり。ポコンポコンとなるのが今日はさらに大きくなった。とうとう限界が来た模様。道の駅幌加内の日陰を見つけて交換作業する。

P7145886


またしても歩道の段差を利用したジャッキで後輪を取り外す。

P7145888


タイや交換なんかお茶の子なので、10分くらいで作業完了。新品タイヤは気持ちがええ!

P7145889


沿線のバス待合所がかわいいデザイン。ムーミンに出てきそうな感じ。

P7145890


幌加内町内の施設。

P7145891


牙城、と自署してあるが、自分で自分に牙城と言ってもええのやったかな?なんか違う気もする。ワカランケド。

P7145892


集落の間はなんにもない。牧場や農場の家々がポツリポツリとあるだけなので、ここでご飯を食べるしかない。

P7145893


お店一押しのそばには目もくれず、カツカレー。なんでも日本一のそば生産量ならば、普段の生活で口にするそばにはたいがいここのが使われてるんちゃうか?そんなら改めて食べることも無かろう、という持論なのだ。

P7145895


普通の味と量。930円の意味は感じられんが、町内に競合はないみたいなのでヤリ放題なのか?ワカランケド。

P7145898


でかい。

風はグングン正面から吹き、足取りは遅々として進まない。雨竜川に沿って下流へ行ってるわけだから、もっと楽でいいんでない?と思うが消耗が激しい。国道というやつは気まぐれに川から離れ、小高い場所を容赦なく通るため、自転車にとっては意味のない上り下りが多いためである。いつもならええけど今日は勘弁して~~!と言いたくなる疲れ具合は昨日のを引きずっていることは間違いない。

P7145900


ここはもう蕎麦の花が咲いている。

P7145905


一つの区切りが来た~~!幌加内トンネル。中が涼しくてずっとトンネルやったらええのにと思う。

P7145906


P7145907


近道しようと国道からハズレたら、Google Mapsにやられた!案内通りに行くと砂利道になり、最後に渡る橋ってこれかーーい!軽トラの幅くらいしかないけど、ようこんな道案内するわ。もう信じない。

P7145908


P7145909


最後の5キロが辛かった。沼田の田島公園キャンプ場に5時半到着。今日は11時間も行動しとったやないかい。しかも30度越えの炎天下で。

水道水浴びが気持ちいい。呑んでテントに入ったら1秒で気絶。疲れた~。

以上

下川→天塩弥生→朱鞠内湖

2017年7月13日(木)

昨夜フェースブックで素敵なお誘いがあった。滝川のヤッシーがコテージを借りて生ビールパーチーをやるので来ないか?という。下川からそっち方面に行くので15日には滝川ふれ愛の里にたどり着けそうである。

計画ではまず下川を発って名寄に戻り、買い物の後真っ直ぐ通り抜けて天塩弥生で駅舎風の宿&食事どころをやっている富良野のミスターレッドのご友人を訪ねる。お昼をそこで食って、朱鞠内湖キャンプ場で泊まる。

P7135840


今日もクソ暑くなりそうである。

P7135841


P7135842


下川から天塩弥生までは坂道もほぼ無くて楽勝やった。

P7135843


P7135844


元鉄道員のとどぐま君が廃線になった駅の土地を手に入れて駅舎風の宿を営んでいる。

P7135845


P7135846


P7135847


たまたま出会ったバイクの男性は、もともと鹿児島出身のヨットマンで、太平洋一周の旅に出発直後大けがを負って死にかけたという人物であった。今は北海道在住で、よくこの店にやってくるそうである。

P7135849


P7135850


数々あるコレクションの中でヨッシーを引きつけたのはサイクル野郎全巻!ヨッシーが小学生の頃に連載されたマンガで、自転車屋の息子が中学を卒業後、自転車日本一周する物語なのだ。

感化を受けて自分も日本一周したいと想いながら年月が過ぎ、そして2009年から始めたぐるぐる旅の原点であるのだ。あー、また読みたい。できればこの宿に泊まって読みふけりたい!

P7135848


ご飯は日替わらない定食(鳥の照り焼き固定)。ご飯大盛りにしたら丼にドーンと出てきた。アイスコーヒーもたのんで1100円也。

P7135851


1時をすぎて恐ろしく暑くなっている。地図読みでは登りが2回あるので油断できない。

P7135852


国道と違い道道なので登り勾配がキツい。押して歩く時間が長くなる。

P7135855


途中通りかかった日向温泉キャンプ場。ここは無料みたいだし、温泉にも入れるならもうここでいいか?と、2キロの寄り道を決定。まあまあの登りを行ったのだがキャンプ場のロケーションが良くない。斜面の下の方にサイトがあって、そこに降りるのが砂利道なんである。翌朝超重量の流星号を急な砂利道押して上がるのは相当困難と判断して往復4キロの寄り道は完全な無駄に終わった。

元の道道に戻り、雨竜発電所を過ぎたあたりから急傾斜になり押し歩き地獄が始まる。

熊も出そうな雰囲気もあって、坂道はよ終わらんかいと祈るがそんなすぐに終わるわけ無い。

初めて朱鞠内湖に来たのは32年前にオフロードバイク旅の時。めっさ前やからこんなに坂道上がったかどうかなんて覚えてないし、バイクやから気にもせんかったと思う。

P7135856


途中スーパーカブのおっちゃんが止まった。天塩弥生でヨッシーが朱鞠内湖に向かったと聞き、会うために追いかけてきてくれたのだ。その場で15分ほど立ち話。おっちゃん、わざわざ追いかけてくれてありがとう。

P7135858


P7135860


やっと来たぜ展望台。おおむね登りは終わったようや。天塩弥生から約2時間半。

道はやや下りになったが、ちょこちょこ登りもあって油断ならん。最後にキャンプサイトまでがまた登りで、老体のヨッシーに鞭打つ。

P7135861


17時過ぎにキャンプ管理棟に到着。受付の女性にこの場所は昔から同じところにあったのか聞いてみたら、開設以来ずっと場所は変わってないという。なんか記憶と違う感じやわ~。

P7135862


P7135863


当時の写真では、もっと湖畔の近くの茶色い岩ごろごろのところにテント張ったみたいやねんけど。かなり疲れているので速攻でテント張って水道で水浴び。下川も入浴施設がないのが玉に疵で3-4日風呂から遠ざかっているが水浴びをしているのでそんなに不快ではない。

P7135864


P7135865


虫が多いのでたき火して、豚焼いて食う。

以上
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント