ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月からオーストラリア自転車旅開始。

キャンプディナー

2018年8月27日(月)   Julia creek ジュリアロバーツクリーク キャラバンパーク連泊

P8273819


P8273818


5時起きでスバル鑑賞。スバルって一つの星じゃなくていくつもの星の固まりやって知ってた?ヨッシーは知らんかった。望遠鏡で見るとそれがよくわかった。スバルは女性なんだそうで。そして月は男性を表しているとかで、なんだか日本と逆だなあ。最近は男の子の名前にスバルが多いと教えてあげた。

P8273820


P8273821


7時から予約通りに入浴タイム。ちょっとお湯が温めやけど気持ちエエワ~。マネージャーに聞いたら建設してまだ1年だそうで、何もかもがまだ新しくていい。

P8273822


なんかゴージャスなソファとかあるし。

P8273824


ハコちゃんも友達ができたよう。延泊の支払いに行ったとき事務所外でおっちゃんから今夜はキャンプディナーがあるんだぞと教えられた。

マネージャーの奥さんはヨッシーはちょっと苦手なタイプ。昨日チェックインする前にビルがいるかどうか探しに裏の小道から入場したのをめざとく見つけられ、あとでお金払いに行ったら、「裏口から入ったわね。普通は玄関から入るのよ」、とたしなめられたりラジバンダリ。

今日は機嫌が良いのかキャンプディナーの予約や今夜のホットスパの予約もホイホイ受けてくれた。

P8273828


P8273829


ランチは街に出て。案内所で聞いたら目の前のホテルのレストランがいいみたい。

P8273830


P8273832


今日のスペシャル、バーガーとポテトで12ドルなり。午後は図書館(図書室と言ったほうがええか?)でPC作業。司書のおばちゃん一人だけで、自分の好きな音楽をそこそこの音量で聞きまくったりして勝手気ままにやってる様子。wifiつないでブログの更新。だいたいの図書館は電源も貸してくれるので助かる。ネット速度はイマイチのことが多いけど無料なら致し方ない。

P8273833


夕刻からキャンプディナーの準備が始まってる。じいさんばあさんがすでにあたりに集い、ビールやワインを片手に今か今かと待ち受けているのはなんだか可愛い。

P8273834


テントの目の前に大型キャンピングカーが来ていた。なんぼラリアでもこのサイズはなかなか見ない。

P8273835


しかも引っ張ってるトレーラーがまた二階建てなのがぶったまげる。下の段には小型車が入る模様。どうやってボートを降ろすのか観察してみたら、ボートが乗ってる二階部分を支えてる柱4本ごと後ろに倒れて着地する寸法である。

P8273837


このキャンプ場だけではこんなに集まらんから地域からも参加している模様。ちなみに参加料は15ドル。メニューはラザニアとサラダ、デザートはプディング。主催はボランティアグループだそうで、ここでチケットを購入する。

P8273839


たき火台の細工が凝ってて泣ける~。市役所?の担当者みたいなおねいさんが司会でスタート。しかし前置きの挨拶が長いねん。終わったか?と思ったら今日の料理長のおばさんも喋る喋る。30分も待たされて腹が減るのも調味料のうち?

P8273840


P8273841


でかいラザニアごっそり~。各自皿はもってこい、と言われたがヨッシーは無いのでフライパンで代用。

P8273842


P8273843


プディング、としか言われなかったのでなんかいや~な予感があったが、やっぱしライスプディングやん。上からかかってる甘い粉の量が微妙で、おはぎと思いこもうともそうはさせずって感じで苦労した。

P8273844


P8273845


8時から予約したホットスパへ。今夜は一人入浴。あ、ハコちゃんも入れたら2人入浴やった。

走行 3キロ

以上

お星様~

2018年8月26日(日)   Nanda camp area billabong ~ Julia creek ジュリアロバーツクリーク

P8263789


きのう最寄りのレストエリアで休憩中に出会ったおっちゃんがキャンプ地に現れた。ジュリアクリークでお風呂はいるんちゃうかったん?と聞いたら、ヨッシーがこの秘密のキャンプ地の話しをしたので自分もここに泊まってみたそうで。ほんでお風呂は今日行くことにしたというのでじゃあヨッシーも行くわ、現地で会おうと約束してビルと別れる。

P8263792


P8263793


地道を走って国道に戻り、ジュリアロバーツクリークを目指す。あとで会おうぜとか言ってたけどビルは車やから1時間で着くけどこっちはきっちり80キロある。

P8263795


ちょっとの日陰も逃さず休憩。

P8263796


日陰が無くても休憩。

P8263797


今日も追い風が味方して早々にジュリアロバーツクリークに到着。まだ2時なのはアレコレできてウレシイ。

P8263798


街の入り口当たりにある無料のRVパーク。ただしトイレは無いのでキャンピングカーなどのトイレ装備の車しか泊まれない。

P8263799


P8263800


街中はこんな感じ。両側の商店街は100mほど。廃業の店もあるがなんとここには向かい合わせでスーパーが2軒もあるのだ。

P8263801


買い物してたら話しかけてきてくれたジェームズくん。なんと自作のリアカーで旅を続けていて、いまはこのスーパーでバイト中だとか。

P8263802


廃品で作った愛車はいろんな工夫があって面白い。次はナラボー平原という砂漠地帯にチャレンジするんだという。旅人の気持ちは旅人が知っている。氷のボトルをあげるよ、と住まいに付いていったら冷凍庫に大量のペットボトルが凍らせてあった。4本ばかしちょうだいする。ありがたい。さらに日本酒ももらったし。黄桜の五合瓶は今夜ビルと楽しませてもらおう。

P8263803


キャラバンパークは有料だけど、ホットスパに無料で入れて16ドルなら文句ない。もちろん別にシャワーやトイレもキッチンもあるんだぜ。

合流したビルがまずは一杯、と缶ビールをくれた。

P8263804


P8263805


丸いドラム缶みたいなのがホットスパの施設で、中にバスタブが2つセットされている。予約しておかないとすぐ満員御礼になる。ビルが朝風呂を予約してくれていたので一緒に入ることにした。

P8263806


さあ改めて買い出しに、と街に行ったらスーパー閉まってる。??日曜日は午後1時までやん!

P8263807


しゃあないので手持ちの米とかで晩ご飯する。

P8263809


今日も見事な月が上がる。

P8263814


P8273816


ビルの趣味は風貌に似合わず星の鑑賞。小型の望遠鏡を持ち出してあれこれ見せてくれる。しかし考えたら南半球やから北極星とか北斗七星とかは見えないわけで、いつもと違う空を見ていると思うと旅愁を誘われる。

南半球のヒトビトは北斗神拳!!とか言っても意味わかるんやろうか?

月にはウサギが住んでると昔の日本人は信じてたと言うと笑ってた。明日は5時起きでスバルを見るからね、と話して鑑賞会は1時間ほどで終了。起きれるやろうか?

走行 86キロ

以上

秘密なのだ

2018年8月25日(土)   Richmond  ~ Nanda camp area billabong 秘密のキャンプ地

P8253762


一応夜明けと共に動き出すのだが、朝は10℃くらいで寒いのでなかなかはかどらない。

P8253765


次の最寄りの町は140キロ先の Julia creek  ジュリアクリーク。全然関係ないけどジュリアロバーツを思い起こしてしまうのは毎回のこと。

P8253767


今日も斜め後ろからの追い風でぐいぐい進む。真後ろからだと早く進めるけど、自分は無風状態になって暑いのだ。よって斜め後ろからがもっとも好きな風の方向。

レストハウスで早めのランチ。お湯を沸かしてカフェタイムしてたらキャンピングトラックのおっちゃんが話しかけてきた。いろいろお話ししてたらなかなか面白い。今日はジュリアクリークまで行ってキャラバンパークのホットスパに入るんや、と言い残して去っていった。

さてヨッシーは、wiki camps アプリで見つけた秘密のキャンプサイトで一泊する。

P8253768


P8253771


GPS情報を頼りに、横道にそれてゆく。便利になったのう~。

P8253773


こんな道やけど我慢我慢。

P8253774


そう遠くないところに桃源郷が出現。

P8253775


なんと言っても温泉があるという情報。そして発見。小川がそのまま温泉になっとる。先人が掘った湯船があるし。

P8253777


まずはテントを設営する。場所の確定に時間をかけた。

BlogPaint


のち入浴。とてもイイ温度で最高。ただし湯船の底には柔らかい泥が堆積していたので、今後行かれる場合にはスコップを持っていくことをオススメする。

P8253784


P8253788


IMG_20180825_185103


満月の夜。小さなたき火をして寝る。水しか飲むものが無いのが寂しい。

走行 74キロ

以上

プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント