ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ) 2018年7月~2019年1月、オーストラリア8000キロの旅。 2019年6月~、北中南米の旅開始。

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月~2019年1月、オーストラリア6ヶ月8000キロの旅。
2019年6月~、北中南米の旅開始。

初日はこんなもん?

2019年6月27日(金)    チエの家~レイルトレイルの休憩所

65633812_10158688490312627_4537089669220794368_n


65379484_10158688490287627_988317643196858368_n


午前9時、後ろ髪を引かれる思いで出発。時差ボケとか不安材料は多いが無理矢理にでも前に進む方式。そのうち色々うまいこと行くやろう方式ともいう。

P6288740


P6288741


ハイウェイ5号線は西海岸を縦断するメイン路線。側道にはちゃんと自転車路もある。

P6288742


5号から外れて6号に右折。まずは海岸線に出るのだ。

P6288743


P6288744


ゆるやかやけどまあまあの登り。

P6288745


P6288746


約6ヶ月ぶりなので身体ができてない。自愛してちょいちょい休みながら自分をだましながらススムくん。

P6288747


P6288748


何回目かの休憩中に雨がぽつり。運良く遊歩道の休憩所に駆け込んだら直後にザンザン降りになって難を逃れた。

そのまま雨宿り継続。まだ2時なのに先に進めない。4時になるとまた眠たくなってベンチに座りながらこっくりこっくりになってまう。

P6288749


潔く宿泊決定。チエが持たせてくれたおにぎり食って即就寝。

以上

走行 36キロ

アメリカ旅、開始

2019年6月24日(月)~26日(木)    関空~シアトルの近く

P6248728


アメリカ旅の始まり。

本来は南米を目指すわけやけど、まずは北米を縦断してメキシコに至りたいと思うワケで。

とにかくシアトルにはチエがおる。昨年度ラリア旅で世話になったサムくんと同様、チエもラフティング&急流レスキュー繋がりなのだ。そういうことで渡航先をシアトルに決め、デルタ航空の格安便、往復6万7千円を予約。

あとで知ったが6月がシアトル便は底値だそうで。

出発は関空から。毎度のごとく便利な親切な同級生のゴルゴ31に家から空港までの送迎をさせるしていただく。

P6248731


デルタは自転車持ち込みに関して別途150ドルかかる。しかしそれを払えば堂々と預けられる上に、もともと23㎏×2の手荷物も手つかずで利用できるのはうれしいわけで。

海外自転車旅でもっともハードルが高いか低いかは、いかに自転車をうまいこと積み込めるかにかかっている。

P6248732


P6248733


P6248734


サヨナラ日本。

2019年6月24日(月)

P6258735


時差の関係で同日にシアトルにとうちゃこ。チエが迎えに来てくれて、車で1時間ちょっとの自宅まで。

時差ボケで眠くてしかたないので速攻で寝かせてもらう。

P6258736


起きれば晩ご飯。夫のジムが晩ご飯を担当。

P6268737


P6268739


犬と猫、そして3人の子供たち。

2019年6月25日~26日

旅に必要な装備の買い出しとか、チエに車を出してもらう。夕方眠くなり、夜中に目覚めて寝れなくなる時差ボケ病になってまった。かなりしんどい。

65211586_440662943181001_9219718926651359232_n


65260085_2343990659031283_4654600614389481472_n


午前中は地球号の組み立て。助手がいるので楽ちんや。3番目の子供、ジンボーが手伝ってくれて小一時間で組み立て&調整完了。

午後からはフェースブック繋がりでもあるSokoさんもわざわざ来てくれてお茶して喋ったのである。

いよいよ明日は出発。なんだかいろんな不安があるけど大丈夫か?オレ。

以上

ラリア旅最終日

2019年1月21日(月)     メルボルン~ケアンズ~関西空港

もっともストレスが高まる受託手荷物のチェックイン。ジェットスターは荷物預ける場合は別料金になるのはいいんだけど最大40キロまでしか持ち込めない。自転車とキャンプ道具類などを含めて40キロ以内にするのは至難の業なのである。もちろんピーターの家で何回も何回も量っては減らしを繰り返し、なんとか41キロを切るくらいには調整済みなのだが、実際空港カウンターで量ってもらうまでは安心できない。

係の女性は自転車の箱ばかりを気にかけ、大きさと重さが制限内なのを確認したら、他の荷物との総合計はスルーやった。しかし安心はできない。これは国内線なので、ケアンズで国際線に乗り換える際は改めてカウンターでチェックインし直す必要があるのだ。

P1218285


P1218286


1時間ちょっとでケアンズにとうちゃこ。荷物も無事に受け取り、昼過ぎの便までまだ5時間ほどある。そこで頼りになるのはやっぱしサムくんなのだ。仕事の合間を見てヨッシーを迎えに来てくれて、飛行機の時間までつきあってくれるというのである。ああ、阪神サムくん卵焼き。

P1218287


すでに現金は使い果たしていたところで、空港内でカートを使用する際は小銭がいることが判明。ボランティアの案内人に確認するもカード支払いもできず、仕方なく箱をずるずる押して引きづり無事にサムくんと合流。

P1218288


P1218289


何をしたいか?と聞かれれば、答えは一つ。ラリア最後のCoopersビールを飲みたい!早くから開いてる酒屋を検索してくれて無事ゲットン!

P1218292


車でうろうろしながらビール飲みまくり。そしてラフティングのメッカであるタリー川も見学。

P1218294


全く世話になったぜサムくんよ。偶然にも予約した飛行機がケアンズ乗り換えな上に、国内便→国際便だったのでこうやって再会できたわけで。

P1218295


自転車のチェックインも難なく終わり、昼飯は最後にハングリージャックス(バーガーキングのこと)でと企んでいたのに、ロビーに見あたらない。事前にネットで調べておいたのになんでや?しゃあないからワケワカランサンドイッチが最後のラリア昼餉になってもうたがな。ちなみに空港内のテーブル&イスでビール飲んでたら、隣のお兄さんがスッと寄ってきて、「ここは飲酒禁止なの知ってます?見つかったら罰金盗られるからすぐに瓶をゴミ箱に捨てた方がいい」、教えてくれた。

どこまで行っても肩身が狭いのう~。日本ならどこでも飲めるのに。

P1218296


だったらとっとと出国しよう、と持ち物検査場通ったら、残ってた最後のビールも没収された。待合いで飲もうと思ってたのにい~~。

P1218297


P1218299


まああとは特に事件も起こらず、定刻に離陸。8時間後に無事関空に着陸したのである。

関空での荷物受け取り、税関検査もスムーズに終わって到着ロビーに出たらば、怪しい人影が近づいてきた。

P1218303


フットボールなつながりの西本さん。帰国便に当たりをつけて、なんとわざわざ出迎えにきて下さったのである。

P1218305


食いたくて食いたくてたまらなかった生魚を食うべく、速攻で回転寿司に直行。ああ、日本に帰ってきたのであーる。

その後同級生のゴルゴが車で迎えに来てくれて家まで送ってもらう。

これにてラリア旅は全行程が終了。いとおかし。

以上

プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント