ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。次はまた自転車旅に戻るため、準備中。

小笠原回航第三レグ 八丈島~小笠原

2017年4月22日(土)

P4224520


船内で目覚めると少し雨模様。今日は続きの回航に向けて清水の補充、軽油と食品類の買い出し。それと第2レグで一緒だったスギちゃんが一旦関西に帰るので、空港までお見送りして代わりに到着する増田くんを出迎える。

P4224522


スギちゃん見送りのあと、ナカムラキャプテンとちょこっと観光。ヨッシーは八丈島2回目なのだがずいぶん前だからうろ覚え。八丈富士の展望台に上がってみる。

P4224524


神湊港方面が見える。有朋丸は反対側の八重根港に留めてある。

P4224529


八丈小島がもやでかすんで泣いている。

P4224537


ふれあい牧場には子牛もいてかわいい。

P4224535


P4224536


3時に空港で増田くんと合流し、空港レストランでランチ。日替わりのチキンチーズソテー?とかナントカ。身が厚くうみゃい。コーヒー付きで950円也。

P4224538


その後はみはらし温泉。500円。昨日は夜で景色が見えなかったが今日は堪能できた。

買い出しもすんで18時に八重根港を出航。小笠原父島までは400マイルの行程。途中に立ち寄る島はなし。三日三晩走りっぱなしであるし、たくさんのヨットが途中でマストを折ったりしている難所としても有名。なので還ってヨットマンたちが自艇で来てみたいあこがれの地でもある。

夕方出航だったのですぐに日没になる。食事担当の増田くんが作ってくれた夕食を簡単に済ますとあとは三交代のワッチが延々と続く。

道中唯一の有人島、青ヶ島が闇の中でうっすら光ってるのを最後に、月無し星無しの闇夜を進む。風はゆるいが追っ手気味。機帆走7ノット前後で進む有朋丸。

未明に波が大きくなる。横になっているとましだが、立って移動したり着替えたりするときに揺れて体があちこちにぶつかったりする。いつやったかわからん痣ができたりするわけで。

ヨッシーは午前2時までのワッチを終え、狭いベッドに横になって仮眠に入った。

つづく

小笠原回航第二レグ 2日目

2017年4月21日(金)

P4214496


月も無く曇ってて星もない夜。波も風もないし船はオートパイロットで八丈島まっしぐらなので特にすることもない。2回の交代が済んで朝になる。

P4214497


行程のほぼ半分を消費。ずっと船の後ろに釣り糸を流しているが全くかすりもしない。ルアーはただただ引きずり回されているのみ。

P4214505


17時頃になると八丈島の島影が見えてきた。しかし船は見えてきてからが遠い。なかなか近づかない気がする。

夕暮れまでに入港したく、最後は3200回転でぶっとばしたが八重根港に入ったのは19時半だった。サーチライトで岸壁を照らしながら手探りで入る。

岸壁には地元のヨットマン、アカメさんが待っててくれてモヤイをとってくれる。さらに車まで貸してくれるし超親切。

P4214507


P4214508


アカメさんおススメの居酒屋大吉丸で到着祝いや!

P4214510


P4214509


地のものを中心に発注。

P4214511


刺し盛り。メカジキとメダイとなんか。味が濃くておいすい。

P4214512


海鮮サラダはほぼ海鮮。

P4214513


メダイの煮付け。うみゃい!

P4214514


アシタバの天ぷら。あっさり。

P4214515


島寿司はわさび醤油の漬けになってて箸が進む。

P4214516


ただのだし巻きではない。島唐辛子入りで大人の味。

P4214517


これが一番びっくりのヤツ。メカジキの皮焼き。

P4214518


皮はパリッとしていて身はふっくら。薄い塩味でよろしおま!

P4214519


だいたい豚でもなんでも皮とその裏側の肉が旨いのだ。完食後、船に戻って爆睡。

以上

小笠原回航第二レグスタート 白浜~八丈島

2017年4月20日(木)

午前6時出航予定で実質は7時に綱不知桟橋を離れた。

P4204479


天候は上々。予報では明日明後日まで好天となっている。八丈島までは約240マイル。平均5ノットで走ると計画しているので48時間かかる計算。

風が超微風なのでエンジンで進むしかない。

P4204480


P4204485


スクリューの敵、ホンダワラ現る。巻き付くと低速が落ちてしまう大敵なのだ。船に備え付けの水中カメラで巻き付き加減を確認。

P4204488


誰ぞのカツラのごとくになっとるがな。

P4204489


そこで持ち前の猿知恵を発揮。ロープの真ん中あたりに錘とブラシを取り付ける。

P4204491


これを船の両側から船底に垂らし、ホンダワラをごしごしこする作戦。これが見事に功を奏し、ホンダワラ退治完了!猿知恵最高!

夜は3人が交代でワッチ(見張り)する。2時間交代なので、4時間は休憩になる。

並も穏やかなので仮眠もばっちしや!

以上
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント