ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月からオーストラリア自転車旅開始。

アメフト記事

2016年12月7日(水)

20161207_155152


朝日新聞の夕刊。

ご近所散歩

2016年12月6日(火)

近所を散歩。

PC063675


武庫川は子供の頃から遊び場。

PC063676


PC063678


PC063681


土手のこのあたりも遊び場やった。

PC063684


PC063685


PC063687

アメフトを見に行こう

聞いたところによると、関西のアメフト観戦者の平均年齢は49歳なのだそうで、どうやって調べたんや?とも思うが確かに高齢化して行ってる実感はある。

このままだと2040年ころにはこのスポーツ自体が無くなってるかも?それは大変なことである。なんとしてもアメフト人気を盛り上げて、ファン数増加を望む。

ルールが解りにくいという人が多いと聞くが、だからといってルール説明の機会を増やしたりするのは対処療法的で効果は薄いように思う。

なんでもそうやけど、人は理論的に話をされればされるほど無意識に頭の中ではNOと感じるものである。それよりも、ワクワクするような気分になれるような時に心の声はYESになる。そういう仕掛けの広報であるとか体験会であるとかを協会や連盟も考えてくれへんやろうか?

さて個人的にもフットボールの面白さを伝えられればと思い、ここで試しに書いてみようと思うわけで。

関学で同期のクォーターバックだった小野コーチ(現コーディネーター)が講演会で話していたことを思い出しながら記してみる。

アメリカンフットボールと名のごとく、発祥はもちろんアメリカである。イラク戦やったかの時、米軍のある将軍が作戦実施のあとで記者会見を開き、詳細を説明する機会があったそうで。もちろん記者はアメリカ人が多い。

おとりを使って敵の意識をそちらに集中させ、その隙に本隊が本来の目標に向かって攻撃をかける、とかの説明の時、フットボールのプレー名を引き合いに出した。他の国の記者は、なんだそれ?みたいな反応やったが、米国の記者たちは、おお!なるほど!という真逆のリアクションだったそうで。

フットボールは1プレーごとに11人の選手がどう動くかが事前に用意され、徹底して練習を繰り返す。選手個人の身体能力や反応の素早さなどに多くを頼っているサッカーやラグビーなどとと大きく違うところだ。それゆえに戦時の作戦になぞらえることが出来るとも言える。

だまし合い、裏のかき合い、ルール内ならなんでもやろうというのが一つの醍醐味でもある。プレーの組み立て方だけでない。上手くなる、強くなるならと新たな練習方法を考えたり、膨大な過去の資料の中からあいまい検索で同様のパターンを瞬時に出せる仕組みをコンピュータープログラムで構築したりするわけである。

う~む、なんかワクワクしてくれそうな内容になかなかならんけど、今回はこんなところで勘弁してくれ。

12月18日はいよいよ学生日本一を決める甲子園ボウルである。また早朝から並んで良い席を取り、一日楽しむつもりである。もし一緒に観戦してみたいという人がおったら明後日の水曜日、12月7日までにコメントなどで知らせてちょ。

以上
プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント