ヨッシー松田の人生は旅ブログ

2009年~2013年、日本全国自転車旅。 ブログ http://tabibito1.blog88.fc2.com/ 2013年~2016年 ヨットによる日本一周完了(ブログなし、フェイスブックのみ)

2009年~2013年、自転車日本一周の旅。2013~2016、ヨット日本一周の旅。2018年7月からオーストラリア自転車旅開始。

グレート オーシャンロードに突入!

2019年1月3日(木)    Lake Elingamite ~ Port Campbell  ポートキャンベル

P1037597


清々しいのう~。夏場でこんな快適なキャンプサイトがガラガラ状態なのはうれしい計算外。 

P1037600


今日はいよいよGreat Ocean Road に突入する日。思えばラリアで行ってみたかった場所は、エアーズロックとグレートオーシャンロードの2つだったわけで。いよいよ海岸線を楽しめるという思いと、そろそろ旅も終了に近づいてやや寂しい気持ちがうらはらな感じ。

P1037601


まさに近づいている証し。

P1037602


小さな町のガソリンスタンド兼食料品店で食料補充。なんとこんな小さな商店なのに、ヨッシーお気に入りのクーパーズが全豪最安値の6本11ドルで買えちゃった。最高値は20ドルやったから約半値である。ウレピ~。

P1037603


P1037604


交差点反対側にあったレストエリアはBBQテーブル有り、水洗トイレ有りコンセント有り。冷凍パイを例の方式で熱々にして、さっそくクーパーズと楽しむ。

隣のテーブルでピクニックランチしてた旅行者が木の上の方を双眼鏡で見てるので、なんだろか?と行ってみたら、コアラがいるよ、と教えてくれた。

P1037606


生コアラアゲイン。スペインから来たというカップルとお話ししたら、彼も自転車旅大好きでスペインもいい旅行ルートあるから走りにおいでよ。家に来たら歓迎するよと連絡先をくれた。

P1037608


P1037609


見えてきた~~~!

P1037610


旅行パンフの写真通り。

P1037611


P1037612


P1037613


P1037614


これからこういう断崖絶壁を巡っていくわけで、さっそく各国多数の観光客と出くわす。

P1037615


P1037616


P1037617


P1037620


P1037621


P1037624


写真撮りまくり。

P1037626


ぬるくなってしまう前に乾杯しちまえ!

P1037627


P1037631


砂浜にも下りてみたり。海水浴には適さないのか、人はいても泳いでる人は少なめ。

P1037634


P1037635


P1037637


もう500mから1キロごとに観光スポットが現れる。なかなか前に進まんが、せっかく来ているので全部立ち寄ろう。

P1037637


P1037638


P1037639


やっぱしドローンは禁止。

P1037640


P1037642


P1037643


P1037649


階段を下りたところにある、浸食されて穴あきになった岩。

P1037653


次も有名スポットのロンドンブリッジ。

P1037654


P1037655


ちなみにハエが多すぎるのでモスキートネットが大活躍。こういう準備の無いにわか観光客はヨッシーをうらやましそうに見ておる。

P1037656


今はテーブル状になっているが、以前は左の部分が陸地とつながり、橋のようになっていたとか。それでロンドンブリッジ。近年に崩落したとか書いてあった。

P1037662


P1037664


夕暮れ時に到着したPort Campbell  の町。予想していたよりもリゾートな町でレストランやホテルが建ち並び、観光客がワンサカ居て騒々しい。湾内のキレイなビーチでビール飲んで夕暮れを持つ。

P1037665


P1037666


P1037667


満を持して公園のBBQテーブルで肉を焼く。残り少ないラリア滞在なので、もう出来る限り肉を焼き、ビールを飲む心構えであることよ。

P1037669


P1037670


P1037671


余は満足じゃ。

P1047672


公園で野宿。

走行  79キロ

以上

湖畔アゲイン

2019年1月2日(水)     Lake Tooliorook ~  Lake Elingamite 

特に期待もせずにやってきたレイクサイドのキャンプ場を出発。トイレもシャワーもあるし快適ではあったが、風向きによってはなんだか下水臭い空気が来るのがたまに傷であった。おそらく湖からの臭い。

P1027578


走り出してすぐに出会った牛たち。本来牛はこんなに人なつこくない。おーい、とか呼んでもせいぜい立ち止まってこっちをじーっと見つめるくらいなんだけど、こいつらはどんどん走ってついてくる。めんこいではないか。



P1027581


P1027580


ちょいちょいっと走って昼前に最寄りのCobden の町へ。毎日少しづつグレートオーシャンに近づいているので、大きめの町に立ち寄れる頻度が増えている。スーパーと酒屋で買い物したのちチョイ先の湖そばのキャンプ場まで。

P1027582


P1027583


ちょっとだけ地道も走ったけど概ね快適な走行。この2~3日あたりからほぼ平坦なルートに入ってきているので海が近づいてる感がアルアル。

P1027584


P1027585


P1027587


P1027586


湖畔の快適なキャンプ場。

P1027588


水洗トイレも使える。

P1027589


P1027590


P1027591


キャンプ場も気に入ったし、なんつーてもまだ新年2日目なわけでガツガツ走らず余裕で3時に走行終了。ありがたいことにここは臭いもなくさらに快適。



天気も良いからドローン撮影して遊んでみたり、ラジバンダリ。

P1027592


P1027593


元旦は買い物もままならない湖畔だったのでしかたなく手持ちの保存食でしのいだわけで。言ってみれば今日がヨッシーのお祝い膳である。モチの論で肉を焼く。318グラムで750円くらい。

P1027595


P1027596


ジュージュー焼いて大満足!

走行  57キロ

以上

お正月 イン ラリア

2019年1月1日(火)     Lake Tooliorook 連泊

P1017569


元旦でもあるし、タスマニア以降引きずってる足の筋肉痛を癒すために連泊決定。筋肉痛は概ね治っているのだが、夜寝ているときに足をピンと伸ばすと吊りそうになる症状は人生初なのである。元旦の朝らしく、お祝い酒を飲む。ビルさんの隣人からもらったブランデーが大活躍。

P1017571


昼過ぎまでうだうだ過ごすが直射日光が強いのでブルーシートで日陰作成。

P1017572


その後ケアテイカーが再び来て、場所の移動を指示された。昨夜のキャンパーはほぼ半数以上が帰ったのでサイトは選び放題。

P1017573


P1017574


連泊を想定してなかったので、手持ちの食料でお祝い膳を演出。メルボルン在住の小島さんご夫婦からの頂き物、レトルトカレーと日本のお米がバカウマである。お節はないけどカレーだね!お節はないけどカレーだね!と、昔のTVコマーシャルをオマージュした独り言で喜ぶ。

P1017575


連続してパスタの写真になってるけど、これは晩ご飯。ダラダラと一日過ごすのは元旦の贅沢である。

走行  0キロ

以上
プロフィール

tabibito843

記事検索
最新コメント